忍者ブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/01 小桜]
[08/06 張舟]
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 


中国ミステリで密室物の短編を得意としていた「鶏丁」が別のペンネーム(本名?)を使って書いた長編密室ミステリ。天才漫画家探偵の安が活躍するシリーズ第1作目である。


 




上海郊外の湖・胎湖のほとりに佇む陸一家の屋敷で密室殺人事件が発生する。大雨で数日間水没していた地下の保存室で死体が発見されたが、保存室の中は乾いており誰かが外から侵入した形跡はなかった。続いて、ドアの外で人が張り付いているのに密室となった室内で殺人事件が起こる。殺害現場には嬰児のへその緒と釘が残されていた。探偵の安は屋敷の一室を間借りしている声優の鐘可に自身の漫画が原作のアニメの声優になってもらおうと、彼女を助けるために今度の事件に介入する。





 


個人的に、大掛かりだったり、そのためだけに造られたかのような場所で行われたりする密室トリックは読んでいて理解できないことも多くてあまり好きじゃないのだが、本作では盲点を使ったその場しのぎの簡単で大胆な密室トリックが登場する。


嬰児のへその緒と釘の謎も、前時代的な迷信と結びついていて如何にも本格ミステリの様相を呈し、しかも事件の真相の更に真相も用意されていて、200ページ余りの長編に読者が楽しめる多くの要素が含まれている。中国のSNSサイト豆瓣でも高い評価を得ており、今年を代表する中国ミステリになるかもしれない。


 


実はこの本もシリーズ物で、安シンと因縁のある凶悪犯罪者が登場する。と言っても本作ではその黒幕の存在がほのめかされたぐらいで、本編の事件との直接的な関係が描写されなかったので、黒幕放って置いて次作に続くのかよという不徹底さは感じられなかった。


 


中国ミステリの一部では以前からシリーズ物をつくり、1作目で黒幕の存在を出しておいてそれを頼りに2冊、3冊と出版する手法が取られているが、そうすれば本が売れるというわけではなく、売れないシリーズは完結が先延ばしになったり未完のまま終わったりするらしい。しかし今まで読んできて、シリーズ物で成功しそうな中国ミステリは非常に少ないので、作家の方もシリーズ物を書こうとせず、1冊完結の長編を書いていってもらいたい。


 

PR

 


 


 


自殺した同級生の日記を謎を追う中編『桜草忌』と、前作『当且僅当雪是白的』の前日譚の短編『天空放晴処』の2編が収録されている。表紙は前作同様、日本人イラストレーター中村至宏の手によるものだ。


 


イヤミス(後味が悪いミステリ)ということだが、思えば前作も前前作『元年春之祭』もトリックよりも動機のインパクトの方が強く、気持ちの良い読後感ではなかった気がする。


 


 





突然自殺した林遠江の唯一の友達だった葉荻は、林遠江が嫌っていた彼女の母親に招かれ、林遠江がつけていた日記を読ませてもらう。そこには自分と林遠江の学内外の交流の数々が記録されていたが、自殺前日の日記には葉荻から投げ掛けられたひどい言葉のせいで自殺を選んだ遺書が書いてあった。だが葉荻は自殺前日に林遠江と話したことも会ったこともない。


自分のせいで自殺したという嘘を書かれたことで、林遠江の母親からは命を狙われ、微博(マイクロブログ)に個人情報をさらされ、学校ではイジメられ、徐々に追い詰められていく葉荻は教師の姚と共に林遠江の自殺の真相を探ることに。林遠江は一番仲が良かった葉荻を何故ハメたのか。それとも日記は誰かの捏造なのか。





 


相変わらず、目的のためには手段を選ばない狂った覚悟を持った少女が登場する。彼女たちは他人の命以上に自分の命を軽んじ、自分の将来や運命に執着しておらず、目的を達成するためならどんな犯罪だってやってみせるというミステリ脳の持ち主である。お前そんなことで人生棒に振って良いのか、ってツッコミたくなるが、すでにそんなことをやっちゃっている彼女たちに対して誰がそう言えるだろうか。追い詰められた少女たちが静かな狂気に駆られ、誰かを振り向かせるためなら他人の命も自分の命も関係ない、という一途な愛憎は彼女たちの幼さによるところが大きいが、彼女たちはその幼さを盾に罪を逃れようとはしない。


 


小説に出てくるネグレクトもネットリンチもイジメも何もかも他の小説の借り物であり、作者が強調したいものではない。作中でも言われているがそれらはみなよくあることであり、今回の犯行(?)はそのようなありふれた不幸の下にいる少女が取った最後の手段で、その一点において彼女は他より異常だが、自分の行動の結果を見届けられない結果を選んだことから同作者の他作品の少女よりも一段凄みがある。


 


陸秋槎に関しては、トリックはもちろんだが、それ以上に次はどんな迫力ある少女を生み出してくれるのかが楽しみでしょうがない。

 


 


 2010年に出版された『鏡殤』の復刻版であり、呼延雲シリーズの第2作目にあたる。当時は記者として医療関係の記事を書いていた呼延雲らしく、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を登場させており、それが直接トリックには関係していないとしても、呼延雲の作家としての使命感を感じさせる。


 





仲間との怪談に興じていた小青は自分が創った「鏡の殺人」を披露し、その場にいた樊一帆と楊薇の怒りを買い、その場を離れる。そして、何も話す怪談がない楊薇は代わりとして誰もいないはずの自宅に電話をかけるが、思いもよらずその電話を取る者がいた。慌てて家に帰る楊薇とそれに続く仲間たち。そして、楊薇の部屋に入った仲間が見たのは、死体となった楊薇と粉々に砕けた鏡だった。怪談と一致する現場の状況によって、アリバイのない小青が警察に疑われる。


一方、名探偵の呼延雲は古物商から古代の鏡の捜索を依頼されていた。1枚の鏡が大勢の人間の人生を狂わし、殺人犯の正体を知ってしまった呼延雲は探偵として苦渋の決断を下す。





 


たった一件の殺人事件で長編1本書き上げるのは作者の筆力ももちろん、シリーズ物特有の個性豊かなキャラクターがいるおかげでストーリーを円滑に進められる。今作ではおそらく初めて「中国四大ミステリ研究会」なる組織の名前が出て、その中の一つ『名茗館』及びそのリーダー愛新覚羅・凝が登場する。


以前も言ったがこの愛新覚羅・凝は人間のクズであり、嫉妬に駆られて催眠術で被疑者を犯罪者に仕立て上げようとするほどだ。本作では名茗館のメンバーも警察に嘘の証言を提出して冤罪事件にまで発展させかけており、本当にろくな奴がいないという印象だ。


警察も警察で、事件を解決してくれる彼らに強く出ることができないという体たらく。事件解決って、コイツラまさか無実の人間を犯人としてでっち上げて成功率上げているんじゃないかと疑ってしまう。


中国の読者から「中二的」と指摘される名茗館などの探偵組織だが、おそらく作者の呼延雲自身も彼らのことが好きではなく、あえて憎まれ役として書いているのだろう。私情で捜査を妨害し、真実を見ようとせず、探偵としての矜持を持たない彼らアマチュア探偵がいるので、完璧な推理能力と冷徹になれない人間らしさを併せ持つ名探偵呼延雲の存在が対照的に輝く。


 


 


作者も言っている通り、本作の事件はトリックも犯行に至る経緯も動機も複雑だ。楊薇が殺される動機が最後になるまで分からないし、犯人が何故怪談を模して殺人をしたのかも不明で、事件から犯人のメッセージが何も見当たらない。その途中で小青が逮捕されたり、小青の想い人だったALS患者が遺した高価な鏡の存在が明らかになったり、たった一件の殺人事件をめぐり、それよりもっと緊急を要する事件が立て続けに起こる。殺人事件が本来持つ重量感が極限まで軽くなり、一人の人間の死は単なるきっかけとして処理され、結果として事件の真相は最後まで隠し通され、読者が探偵の「失敗」という結末を受け入れられる下地が完成する。


 


ALS患者のことを思って書いたという本作は優しさで溢れていた。『真相推理師 復讐』でも思ったが、作者は悪を許さないという純真な気持ちが持つ一方で、悪を討つためなら犯罪も許されるという人間誰しもが持つ矛盾を正直に吐露する人間だ。


無論、復讐は現実では許されていないし、創作でも法律に反する行為をした以上何か罰を受けるべきだろうが、呼延雲はワケありの犯罪者が罰を免れるという結末を書き、彼らを救ってしまう。この辺りが本シリーズの評価が分かれるところだろうが、探偵は警察とは違い犯人を捕まえる必要はなく、ただ真相を解明できればいいのであり、その点で名探偵呼延雲の行動は本シリーズのタイトル名と矛盾しないのである。

2018年も行ってきました、北京ブックフェア。今年は822日から26日まで開催で、一般参加日は土日の25日・26日の2日間です。22日から24日までは出版関係者しか入れず、この期間中に世界各地の本の版権が売買されます。


 


25日早朝に会場に着いたのですが、会場後ろにモクモクと黒煙が上がっていたのは一体何だったんでしょうか


  


 


 


 


チケットは20元でした。値上がりしているような


 


北京ブックフェアもかれこれ45年間通っていて、もう新鮮だと思うところがなくなってしまったので、撮った写真を適当にアップします。


 


 


 


今回の目玉の一つ、児童書エリア


 


 


 


恐竜


 


 


講演ホール
 8
22日(平日)は中国SF小説家の劉慈欣が来ていたらしいやはり北京ブックフェアは上海ブックフェアと違って、出版関係者メインのイベントだ


 


 


 


ムービーエリア

 見づらいが、おそらく真ん中は中国のバーチャルユーチューバー「小希」で、右はキズナアイ。中国語バージョンの『極楽浄土』を踊っていた。中国人はこの歌が好きなようで、コスプレイベントとかでしょっちゅう踊っているグループを見かける。


 


 


日本エリア


 


 


麻雀の歴史をまとめた本。資料価値は高そうだから、こういう場じゃなくともいくらでも中国語翻訳のチャンスはありそう


 


 


 


株式会社トーハンが日本の文芸作品及び漫画の映像化の権利の販売を行っていた。中国の版権ビジネスに便乗するつもりだろう。リストに載っていた作家は東野圭吾、知念実希人、東川篤哉、赤川次郎、山田悠介らだった


 


 


台湾・香港ブース
 


 


北朝鮮ブース


前回よりラインナップが薄かった。北朝鮮の料理を紹介する本があったが全部ハングルで読めず購入できず。しかし、ここすらも「微信(ウィーチャット)」のモバイルペイを使っていたのには驚いた。


 


「一帯一路」や改革開放40周年ブース


 


 


巨大スクリーンに大運河の映像が流れていた


 


 


今回はワインやアンティーク、グッズなど販売コーナーも設けられていた。数千元(117円)もする茶器や壺なんか誰が買うんだろうか


 


 


 


総評


巨大スクリーンの大運河しかり、3Dダンス映像しかり、数々の中国ブースの技術レベルが年々向上している気がします。子供向けコーナーが多く、子連れ客が多かったですが、これは毎年のことです。


対する海外エリアは結局のところ海外の書籍を展示するのが主なので、一般参加日の集客率は例年より低く感じました。海外ブースに出展している各種出版社が客寄せに努力する必要はありませんが、中国ブースと比べて地味でつまらないと感じてしまったので、主催側が海外ブースにもう少し人の流れを寄せるような配置をした方が良いと思いました。

表紙を見るとホラー小説っぽいが、中身は正当派なミステリ小説だった。


 


 





この世の異常現象を調査する「異象調査所」所長であり、たった一人の所員である「私」のもとに期せずして依頼が舞い込み、人手不足解消のために求人を出したところ、やって来たのは頼りになるけど暴力的な女子大生。


川辺で発見された人魚、人間消失事件、夜に外を歩く骸骨、人間ほどの大きさがある蛹などなど、常識では考えられない怪事件を喜々として調査する「私」は、ひょんなことから巷を騒がせる殺人鬼の正体に迫ることになる。死体のそばにセミの抜け殻を置く殺人鬼の目的とは?推理能力以外なにも取り柄がない「マダオ(まるでダメなおっさん)」と正義感が強く直情タイプの女子大生がこの世の不思議と非情な現実に立ち向かう。





 


「川のそばで見た人魚の正体を探る」というのが最初の依頼。人魚という非現実的な存在が絡んだ怪事件をいかに処理するかでこの作品の方向性は決定されるが、これの正体がシレノメリア(人魚症候群)を患った女性ということで、方向性が一気にミステリに傾き、偶然や見間違いなどが作用してややご都合主義的なところがあったとしても、全ての怪事件が論理的に解き明かせる事件となる。


 


本筋は殺人鬼の正体を探ることだが、その他の事件が本筋と関連性が高いことに非常に好感が持てた。単に単独の事件を取り上げて、その話の最後に本筋との関与を臭わせるような構成ではなく、その話のエピソードや主要人物がガッツリと本筋に食い込み、ちゃんと殺人鬼の正体を暴いて完結した私好みの構成だった。


 


 


本書は3年前に完結した作品の書籍版らしい。出版に至った経緯は不明だが、この花城出版社の「推理罪工場」というレーベルが大きな役割を果たした可能性が高い。このレーベルでは去年7月から今まで8冊の長編ミステリ小説が刊行されていて、作家のラインナップを見ると結構有名な名前もある。


正直な話、こういうレーベルが長期的に続くかどうかは疑問だ。例えば2016年に百花文芸出版社は第4回島田荘司推理小説賞受賞作品に限定したレーベルをつくって簡体字版を3冊だけ出したことがある。推理罪工場がどのような基準で作家や作品を選んでいるか分からないが、このようなレーベルが続々と現れて発表の場が増え、中国ミステリは新星出版社だけではないというところを見せてほしい。



Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆