忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

真相推理師・幸存 著:呼延雲

 

本書は2011年に出版された『不可能幸存』を2017年に改めて再版したものだ。再版版としては2冊目だが、名探偵呼延雲シリーズでは3作目であるらしい。

 

 


別荘地のKTV(カラオケルーム)で健康グッズ会社『健一』の社長を含めた6人の死体が発見された。現場は鍵のかかった密室、犯人を示す有力な手掛かりは何も見つからない。ただ、現場付近を血まみれの服を着てさまよっていた女性が重要参考人として保護されただけだった。だがその女性が前作『真相推理師・嬗変』で恋人との悲惨な別れを経験した警察官の劉思渺だったことで、警察は何としても彼女の存在を隠そうとする。その一方で、心を閉ざし全く喋ろうとしない彼女から真相を聞くために『名茗館』という探偵組織のリーダーの愛新覚羅・凝に頼み、彼女に逆行催眠をかけて記憶を蘇らせようとする。しかし治療の途中、マスコミと『健一』に劉思渺の存在がバレ、事件の容疑者が警察官だと報道されてしまった。そしてその混乱のさなか、治療を受けていた劉思渺が姿を消す。


 

 本作は主に大きなテーマ(社会問題)と小さなテーマ(密室殺人事件)の二つで構成されていて、新聞記者の郭小芬が大きなテーマである健康グッズ会社の詐欺商法を追いかけるとともに、その取材をしながら犯人がいかにして密室殺人をやり遂げたのかという小さなテーマを解明します。

『黄帝的詛語』で一部の警察官も関与する臓器売買を書いたことでお叱りを受けたこともあり、今回も健康グッズ業界にいかに詐欺行為が蔓延し、何故それらがなくならないのかということを入念な調査が感じられる筆致で、郭小芬を通じて描写しています。

 

しかし社会全体の問題である詐欺商法は現実でも解決されていないのですから郭小芬一人で解決できるはずもなく、彼女は今回も社会問題も殺人事件ももどちらも解決できないまま終わります。しかしそれで彼女の行為が無駄だったということはなく、むしろこのシリーズは彼女がいないと全く成立しません。事件に首を突っ込み、警察とも仲の良く、記者の肩書を活かして誰彼構わず話を聞ける彼女がいなければ、まとまりのないストーリーになっていたことでしょう。

名探偵呼延雲は実力がありますが行動力がない安楽椅子タイプの探偵で、本作でも誰かの電話に出る程度で滅多に姿を現しません。よって本作は、というよりも『名探偵呼延雲シリーズ』は実質郭小芬の物語であります。また作者はもと新聞記者でしたので、作者と同名のキャラクターが主人公である一方、作者と同じ職業のキャラクターもまた作者の特徴を濃く受けている分身とも言えます。

 

 

本作から中国四大ミステリ研究会の一つである『名茗館』の愛新覚羅・凝が登場します。この『名茗館』らミステリ研究会は民間の探偵組織であり、彼ら構成員は独自の手法で警察と協力し、または警察に代わり事件を解決するのですが、中国じゃなくてもこれが非現実的な存在ということはわかるでしょう。現代中国の問題を提起する社会派ミステリでありながらリアリティをガン無視したキャラクターが登場するライトノベルミステリの様相を呈する、これが呼延雲シリーズが中国で『中二』(中二病の意味)と言われるゆえんです。

 

この愛新覚羅・凝ですが、これが単なる歯に衣着せぬ言動で呼延雲ら名探偵の噛ませ犬となる「名探偵(笑)」かと思いきや、初登場の今作で作中屈指の人間の屑であることがわかります。

彼女はある手段である人物を陥れようとするのですが、あまりのやり方に、もしやこいつ表の顔は名探偵だが本当は犯罪組織のメンバーでこうした暗躍で警察の力を下げているんじゃないか、と思いきやその動機は完全に私的なものなのでなおさら始末に負えない。結局返り討ちに遭って思惑もバレてしまったのですが、こいつはなんでこんなことやらかしても新刊(5巻)でもいけしゃあしゃあと登場しているんでしょう。

 

 

知識を蓄えることを信条にしている作家だけあって、大筋のストーリーで健康グッズ詐欺という大半の中国人読者の生活に密着した話題を展開し、トリックに興味のない人でも飽きずに読める読み応えのある内容に仕上げています。

 

 

 

PR

人民的名義(人民の名の下に)

 

 

現在の中国が掲げる反腐敗を取り扱った衝撃のテレビドラマ『人民的名義』の原作小説である。このドラマは恐らく2017年最も人気の出た中国ドラマとして語り継がれることになるだろう。私も、本来なら中国人と同様にドラマを見たかったんだが、如何せん150分の話が50話以上あり、そんなもん見られないということで原作小説に手を付けた。

 

 


最高人民検察院反貪汚賄賂総局偵緝処処長の侯亮平は官僚の腐敗を取り締まる役職にいるが、ある時大物政治家の国外逃亡を許してしまう。内部による何者かの密告があったと悟った侯たちは京州(架空の中国の都市)にある工場に疑惑の目を向ける。しかしある晩、その工場が火事になるという一大事件が起きると共に疑わしい人物が次々に浮かび上がってきた。だがそのリストに浮かんだ漢東省(架空の中国の省)の省委員会常務委員の李達康の妻の欧陽菁、侯亮平の大学時代の友人の蔡成功らを追っていくうちに誰もが逮捕するのをためらうような超大物まで現れてしまう。そして腐敗の魔の手は侯亮平にまで忍び寄る。

 


 

中国が、と言うか習近平総書記が反腐敗を掲げてどのくらい経ったかよくわからないが、私はこの反腐敗に関して中国当局はもっと強権を振るえているもんだと勘違いしていた。しかし、本書を読むと汚職官僚一人引っ張るだけでも上の許可を得なければならず、独断専行的な行動や、証拠を捏造して無理やり犯人に仕立てあげる等の、要するに正義のためなら何をしても良いとはならないことがわかる。

(注:本書には拷問や自白強要など、当局側のいわゆる人権を無視した行為は一切書かれていない)

また、上の幹部連中も自身は汚職や腐敗を許さないとは言え、自分の部下から汚職官僚が出るとなると話は別で二の足を踏む。

 その良い例が李達康という書記だ。

 彼自身は腐敗を絶対に許さない高潔な人間なのだが、以前彼の部下が汚職で逮捕されてから省の評価が下がり、省のGDP減少を招いたことでできるだけダメージの少ない解決の仕方を望んでいる。しかし、本書では右腕が逮捕された他、妻も収賄罪で逮捕されてしまい彼自身も大ダメージを負った。だが、部下や妻(逮捕前に離婚)から犯罪者が出たことは自身の評価に影響が出ないようで、彼は特に罰を受けることなく最後まで書記として君臨している。それでも彼が作中でもトップクラスに不幸な人物には違いない。

 

李達康のように、党が掲げる正義という理想と経済発展という現実の間で苦しめられる官僚の本音が読める点も本書の見どころである。

 

本書は400ページほどあるが非常に読みやすい文体であり、また普段の読書では知ることができない知識を多数取り入れられるのであっという間に読み終わったのだが、やはり全く知らない世界の物語のためか、日本人(一般庶民?)には理解できない所も多数あった。

 

中でも「は?」と思ったのが取調室の光景である。

 

 

李達康の妻の欧陽菁が取調べを受けているシーンで、一向に口を割らない彼女に対し侯亮平たちは情で訴える作戦に出る。その日がちょうど彼女の誕生日であったため、彼女と比較的強い信頼関係を結んでいる局員がバースデーケーキを持って来る。局員が「今日は取り調べなんかしないで誕生日をお祝いします」と言うと、欧陽菁は感極まって真相を喋るのである。

 

 

本書に出て来る腐敗関係者は基本的にみんな芯が弱い。追い詰められると「党や人民に対して申し訳ない」と嘆き、「何でこんなことをしてしまったんだ」と後悔する。そこには犯罪者としての矜持が全く感じられない。そして物語が進むに連れて、まさかの人物の腐敗疑惑も出て来て芋づる式に何人もの人間が検挙されることになるわけだが、そこからわかることは腐敗する人間も普通の人間であるという紛れもない事実である。

 

それほど妖しい金の魔力からは抗えないのである。物語中盤、侯亮平は汚職の首魁から懐柔されそうになるが、彼はそれを堂々と拒絶する。しかし彼の周りには、子どもの頃の友人で現在は賄賂で逮捕されてしまった蔡成功や、大学の学友で現在は汚職官僚の一人として侯亮平の邪魔をする祁同偉らがいるのである。

 

腐敗を描いた本書はホラー小説にも似ている。

 腐敗関係者はまるで妖しい魔力で人々を誘い、仲間を増やそうとしている吸血鬼である。しかし侯亮平の立場を通じて彼らを見ると、彼らももとを辿れば吸血鬼に襲われた単なる人間なのである。

 

  

侯亮平は腐敗の誘いに全く応えず、数々の障害を乗り越えて自身の任務を遂行したわけだが、本書に登場する様々な腐敗関係者の姿を見ると、『侯亮平』的生き方を貫けなかった人々が現実の中国には一体何人いるのだろうかと考えてしまい、空恐ろしい気分に襲われる。

 

 

  

 数学者アルフレト・タルスキの有名な真実定義から取ったタイトルに作者の教養の深さを感じずにはいられない。

 

日本人イラストレーター中村至宏が表紙デザインを担当した本書は外見の時点で他の中国ミステリと一線を画する、陸秋槎お得意の『少女ミステリ』である。前作『元年春之祭-巫女主義殺人事件』では、読者が殺人の罪を問うこともためらわれるほど一途な同性愛的憧憬を見せてくれたが、本作でもタイトルに『雪』と『白』という純潔さを象徴する漢字が使われているように、他人の干渉を全く受けたくない少女の身勝手な愛が描かれている。

 

 


生徒会長の馮露葵と友人の顧千千は5年前に校内で起きた女子高生死亡事件に興味を持つ。ルームメイトたちからイジメを受けていた唐梨という少女がある雪の降る日にイジメ加害者のナイフで自殺を図った、という事件だったがその状況に疑問を覚えた馮露葵は、事件当時在校生であり現在は同校で司書として働いているミステリ好きの姚漱寒の案内で当時の関係者たちに話を聞きに行く。しかし、事情聴取後に学校で5年前と同様の事件が発生する。被害者は校内の問題児であり、イジメの加害者として先日顧千千たちから退学を命じられた呉莞だった。犯人はなぜ5年前の事件を模倣したのか。馮露葵と姚漱寒は事件の解決に動く。


 

 

まず、キャラクター造型が面白い。前作『元年春之祭』では聡明且つ冷酷な少女と平凡で優しい少女が探偵・助手の役割を果たしていたが、今作では一般的な探偵・助手像から脱却し、関係の倒錯した両者が描かれている。主人公の馮露葵は典型的な生徒会長キャラで頭の良い文学少女であるがミステリ小説には暗い。一方、馮露葵の助手として活躍する姚漱寒は一見すると自分が働いている高校の学生よりも幼く見える外見であるが、大人として、そしてミステリ好きとして馮露葵を引っ張っていく。生徒と先生(司書)、クール系年下と明るい年上、大人びた少女と子供っぽい大人の関係が事情聴取の旅を続けるという少女ミステリ好きならたまらない内容だ。

 

 

5年前の唐梨の事件とそれを模倣した現在発生した呉莞の事件は全く同じ雪を利用した密室殺人であるが、そのどちらもトリックそのものに焦点が置かれていないように見える。5年前の事件を解決する手段として馮露葵らは当時のイジメの加害者らに聞き込みに行くが、このようにして話の大部分が「犯人は誰か?」に当てられる。そして模倣事件が起きると、密室や犯人の謎以前に「何故やったのか?」という疑問しか思い浮かばなくなる。

 

2つの事件の謎が動機のみに絞られていき、トリックの内容よりも衝撃を受ける犯罪の理由が犯人の口から語られた時、本作は『少女ミステリ』として完成する。

 

新本格が持っている、人を人とも思わず殺人計画の一部として利用する度の過ぎた残酷さを当然本書も持ってはいるのだが、一般的な殺人犯とは異なる凶器に駆られた本書の犯人には「馬鹿馬鹿しい」と一笑に付せない凄みと美しさがある。また幼い動機であるがゆえに、それは金銭目当てや怨恨など言うに及ばず他のどのような動機よりも純粋に思え、読者はきっと犯人に共感を示すだろう。だが犯人が特別であり、動機が特別だからこそ、それを肯定してはならない。全編に百合的な雰囲気が通じている本作が結局救われない結末で終わってしまうことは、中国における同性愛のタブー性を象徴しているようでもある。

 

是非とも大勢の人に読んでほしい新本格中国ミステリである。

 

CP2日間でだいたい600元(10,000円)ほど使った。以下に購入したものを載せていく

 

 

儞不知道的COMIKE』(あなたの知らないコミケ)(左)

『宮水酒誌01(右)

 

 

 

表紙はエロ同人だが、中身は全部文章。日本のコミケにも多数参加した作者が書いたコミケに関する評論文。日本のコミケを紹介し、CPなど中国のイベントを分析しようとしている。

わざと表紙をエロくして買いづらくしている点がポイント高い。

 

『地霊殿十周年合同誌 地底開放記念日』

 

 

 

日台作家合同の東方二次創作漫画。しかし作家一覧を見てもどれが台湾のサークルなのかわからない。

 

『東方水墨巻』 紅魔篇 妖々夢

 

 

 

個人的に一番のヒットの東方の水墨画風イラスト集。これに限らず、CPには二次元キャラを水墨画風に描いたグッズやイラスト集がいろいろ出ていた。

 

『ろけます!』

 

 

 

日本の同人誌で中身も日本語だが、本の中には中国語の内容説明書が挟まれていた。

ブースにはこの本の作者もおり、少しだけ会話ができた。その時、アイマスの新作ゲームか何かの発表動画がスマホから流れて、来場者がそれを見に集まって場が大いに盛り上がったのが印象的だった。

この他、東方関連のCD販売ブースにも日本から来た日本人作曲者がいて、購入者に時折サインをせがまれていた。

 

 

JAPARI RAINBOW(左)

『社保動物園』(右)

 

 

 

台湾のサークルのけものフレンズイラスト集。『JAPARI RAINBOW』はともかく、『社保動物園』は「これどうやって審査通ったんだ?」と驚くほど18禁の内容だった。本番行為を描いていなければ局部を出していても問題ないのだろうか?

 

『海色の襟』

 

 

 

日本兵の擬人化イラスト集かと思って購入したが、艦これのキャラクターが日本兵の服装を着ているという設定なんだろうか?

漢字が台湾繁体字表記だったので真っ白な制服(艦これの艦長のコスプレ?)を着ている売り子の男性に「台湾から来たの?」と聞いたが彼は大陸の人間であった。繁体字にしているのは台湾での販売を見込んでとのことだった。

 

『太華 妖怪誌』

 

 

 

妖怪関連のイラスト及び漫画。フルカラーだ。

 

 

『山海奇談 番外編』

 

 

 

妖怪関連漫画『山海奇談』をネットにアップしているサークルなのだが、ポストカードとかしか売っておらず漫画はなかった。私好みの絵なので今度は是非とも紙媒体になった漫画を読んでみたい。写真はこのサークルをSNSで宣伝することでもらえる無料の冊子。

 

異録』

 

 

 

これもまた妖怪関連のイラスト集。

この細長いサイズの紙ってなんていうんだろうか?

 

 

『魔都地下鉄少女』と交通カード

 

 

 

上海の地下鉄擬人化イラスト集

このブースでは他にも中国の高速鉄道の擬人化イラスト集も多数揃っていた。

中国で擬人化が流行ったのはいつからだろうか。CPにも未だに『ヘタリア』島があったし、今回は中華料理や中国の都市、更に二十四節気の擬人化イラスト集も見かけた。

 右はこのサークルが販売していた上海の交通機関で本当に使えるカード。これで次に上海に来たときも、駅でいちいち地下鉄切符を購入しなくて済む。ただし残金は0元なのでチャージが必要。

 


 

私が購入したのは漫画本ばかりだ。しかも東方とかけもフレとか日本のコンテンツの同人誌が多いので、せっかく中国の同人イベントに来たのに中国らしさが薄いような気がする。

 

そこで、私の日本人の友人が購入した同人誌のラインナップも紹介する。

 

『子夜鬼譚』(イラスト集)

『中華古都』(中国都市擬人化)

『驚春』(二十四節気擬人化)

『白露朝夕』(絵本)

CAT48(猫擬人化)

『若風之声』(漫画)

『茨の道』(漫画)

『鬼僧談』(漫画)

『飼魔』(漫画&小説、BL)

『雲華誌』(茶葉擬人化)

『等你仰望』(小説、BL)

『入妄』(小説、BL)

『男科悍医』(小説、BL)

『華夏』(イラスト集)

 

BL小説と擬人化イラスト集が多くて友人のもまた偏っている感じだが、CPは私のようないわば日本と地続きの趣味を持つ者も、友人のような中国色の強い趣味を持つ者も同様に楽しめる良いイベントだった。ただし、漫画本が少なかったことは友人と共通の不満点である。


 ちなみに友人は
2日間で1000元(16,000円)ほど散財したらしい。


 今回のCP20は私も友人も満足しており、すでに「今度はVIPチケットを購入して早く会場に行こう」とか喋っている。また、5月21日に北京で行われる同人イベントにも参加するつもりである。

 

 


COMICUPCP)はN1(同人誌)、N2(コスプレ)、N3(企業)の3エリアに分かれ、N3から各エリアを通過していく構造をしている。だから、N1に行くにはN3N2を通らなきゃいけない。各エリアはそれで完結しており、日本のコミケの西館東館のような区分けはされておらず、同人誌を買うために別のエリアや別の場所に行く必要はない。

 

私はN3の企業エリアなど目もくれずN1へ向かった。N3には中国で人気のあるアニメ・漫画・ゲームの企業ブースがあり、『戦艦少女』や『戦車少女』『陰陽師』などの販売ブースや、新作アニメ・ゲームの宣伝ブース、非売品のフィギュアの展示ブースなど多数の企業が出展していた。日本の角川も中国語版の漫画やライトノベルなどを売っていた。

 
(行列が並ぶ角川ブース)

 

(写真はCP2日目に企業ブースの『戦艦少女』グッズ購入のために屋外にまで並ぶ中国の若者たち)

 

 

N2はコスプレエリア兼ゴスロリエリアであり、中国のゴスロリショップが出店し服やら装飾品を売っており、やはりゴスロリを着た少女たちが列を作っていた。まさか中国でこんなにゴスロリ愛好者がいるとは思わなかった。

 

 (ゴスロリエリアの様子)

さて本命のN1である。

 

島が最も大きいはやはり『陰陽師』である。『東方Project』『ユーリ!!!』『FATE』も大きく、その他に『耽美原創』(オリジナル耽美系)という島もある。配置図を見るとわかるが、AからHまでほとんどが女の子向けのブースである。

 

各ブースはテーブル一つ椅子三つで一単位と言ったところだ。大きなサークルはブースもデカイ。人気のあるサークルや有名な作家(?)が来ているサークルには列ができており、行列の一番後ろには『隊尾』(最後尾の意味。何故か台湾繁体字)と書かれたプラカードを持つ人がいる。人だかりができるサークルは壁際が多いので、中国でも「壁サークル=人気」という認識で良いのだろうか。並んでいるのはやはり女の子が多い気がする。


(作者のサインを求める女性ら)

 

 (最後尾札を持つ女性)

 (人気サークルにできる女性の列)

各サークルを回っている子たちは手に購入リストを持っており、時々それにチェックを付けている。日本のコミケでも見た風景だ。また、人気サークルにはファンから差し入れが贈られる。


 

完売の札を出しているブースの子たちはスケブにイラストを描いていた。出展者同士の交流もあるんだろうか。

 

 

 

耽美系や一部男性向けサークルには肌色の多い出品物がたまに見られたのが気になった。

 

CP参加のサークルは事前に審査を受けるわけだが、中にはこんなもんがよく中国で審査通ったなと思える内容もちらほらあった。とは言え、日本のコミケで見かけるエロ同人漫画はほとんどなく、露出の多いイラスト集ばかりだったが、耽美系は絡みのシーンも描かれていた。男同士なら規制が緩いのだろうか。


 (小林さんちのメイドラゴンのエロポスターを貼るサークル。ヤバイ箇所にポスターを上貼りしている。出品物はエロイラスト集だった)


日本の同人誌の中国語版(台湾繁体字が多い。多分作者の許可を取ったものだろう)や日本語の同人誌を売っているブースも多かった。中国語版はともかく、日本語の同人誌は成人向けっぽいのもチラホラあったが大丈夫なんだろうかと思った。


(上が中国語版、下が日本語版の同人誌)



(同人ソフト『永遠消失の幻想郷』の中国語版を販売するブース。2日目には売り切れていた)

 

北京のコスプレイベントで見るようなおそらく海賊版のTシャツも少ないながら売られてはいた。また、明らかにアニメとか漫画とかに興味を持っていなさそうな中年男性・女性がいるブースもあったが、多分海賊版の業者なんだろう。

 

『原創』(オリジナル)島にあるのに『陰陽師』やその他の二次創作ものを置くブースが多くて戸惑った。オリジナルの作品を一つでも置いていれば『原創』ブースを設営することができ、あとは二次創作でも何でも置いてもいいんだろうか。

 

 

『無料』の札を貼った小物を並べるブースも多かった。写真を撮っていないのが本当に残念だ。

中国語で「タダ」「無料」を表す言葉は一般的に『免費』と書く。この『無料』は「ご自由にお取りください」ではなく、何かを購入した場合のプレゼント、またはマイクロブログなどのSNSでそのサークルを宣伝した場合のお礼などの意味合いが強いようだ。もちろん、勝手に持って行っても良いと言うサークルもある。

 

ちなみに、中国語では「つまらない」「退屈」を意味する言葉に『無聊』がある。この『無聊』も上記の『無料』もピン音表記が同じ「wuliao」であるので、上の写真に込められた意味合いとは、このグッズは『無聊』(つまらない)ものなので、『無料』(タダ)でお取りくださいではないかと私は思うのだが、いかがだろうか。

 

 

1日目は閉館時間16時までねばってその後はどこに遊びに行く元気もなくホテルに帰宅した。同人誌にいくら使ったかざっと計算したところ500元(約8000円)は使っていた。一緒に参加した友人は小説ばかり買い、700元以上使ったらしい。


 

(1日目の戦利品)

 

51日 CP2日目


この日はのんびりしようと9時半ごろ会場に着いた。1日目とは打って変わってチケット売り場の長蛇の列がなくなっており、会場入り口前の行列もなくなっていて全く並ぶことなくスムーズに、10時前にはN3(同人誌エリア)へ行けた。

 

会場の外では昨日の賑わいぶりを嗅ぎつけたのかダフ屋のオッサンが「チケットがあれば並ばなくていいよ!」と叫びながらチケットをさばこうとしていたが、実際はなくても並ぶ必要なんかないので赤字にになったに違いない。

 

(赤い矢印のついた、人の流れに逆らいずっと突っ立っているオッサンがダフ屋である)

CP公式サイトに書かれている開場時刻は10時だが、私は9時半には入場できたので、この日は9時には開いていたかもしれない。ということはVIPチケット購入者は何時から入ったんだろうか。というか、前日に運営から「明日は○時に会場に入れます」みたいなアナウンスをVIPチケット購入者はもらっているのだろうか。2日目のVIPチケットの存在に疑問を持った。


 (1日目は3列以上に分かれていたのに、この日は1列しかなかった)

公式サイトによると、2日目は1日目よりも若干参加サークルが減っている。だから空っぽになったブースも目立った。それは人気サークルも同様で、この日も列ができているブースは多かったが、一部のグッズはすでに売り切れだった。


(サークルが撤収し空になったブース)


(ポスターに『売り切れ』札を貼るサークル)

しかし、空になったブースに、昨日売り子たちが食べていたスイカの皮だけが残されている光景には笑った。何で写真を撮らなかったんだろうか。

 

この日は、昨日ホテルでカタログをチェックして気になった『月刊少女野崎くん』の同人誌と『魔神英雄伝ワタル』のポストカードを買いに行こうと思ったが、前者はすでに売り切れで、後者はけっこうな人気サークルで女の子がいっぱい並んでおり、恥ずかしくなってためらっているうちになくなってしまった(後者のブースはいくつかのサークルと合同だったようでワタル以外にいろいろな、おそらく中国オリジナルの漫画やゲームの同人グッズもあった)。

 

2日目だけ参加したサークルっていたのだろうか。全然代わり映えしないどころか、ブースの数が減っているし、売り切れも続出しているしで、個人的に1日目に同人誌エリアを十分楽しんだら2日目も同人誌エリアに行く必要はないと思った。1日目は同人誌エリアで、2日目は企業エリアみたいな回り方が正しいのかもしれない。N3には1日目とは全く異なる弛緩した空気がエリアには漂っていて、一瞬北京のコスプレイベントにいるみたいな気持ちになった。


 それで気分が覚めてしまったというのもあり、また16時の高鉄で北京に帰らなければいけなかったので、2日目はそんな金を使うことなく13時半に会場を出た。

次回、戦利品

 

 


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆