忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/06 張舟]
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

久々に中国語ではない書籍のレビュー。


 


色んな縁が重なり、台湾の作家・九把刀の代表作『あの頃、君を追いかけた』を泉京鹿さんと共訳という形で講談社から出し、駆け出しではあるが翻訳家と名乗っていい立場になった。すると他の翻訳家のことが気になる。個性、訳し方、苦労、境遇、稼ぎなどなど、中国語の翻訳家の数が少ないので他言語の翻訳家を参考にすることがほとんどだが、外国語が分からなくてもそれについて書いた日本語のエッセイは分かる。そのような気持ちで書店で偶然手に取った、ドイツ語翻訳家が書いた本書を購入した。


 


著者はこれまでアリーナ・ブロンスキーというドイツ人作家の小説『タタールで一番辛い料理』『僕をスーパーヒーローと呼んでくれ』を翻訳、出版した経歴を持つ元サラリーマンだ。長年会社勤めをしており、すでに基本的なドイツ語能力を持っていたが、本格的にドイツ語と翻訳を勉強し始めたのは早期退職後だという。本書は著者が会社を辞め、翻訳家の道を進み、本書と同じ幻冬舎から上記の本を自費出版した経緯が書かれている。だが、本書を翻訳家のエッセイという括りで入れていいのか迷う。


 


これまでも英語翻訳家の越前敏弥さんや柴田元幸さんらのエッセイを読んだが、翻訳家のタメになったり、読者が感心したりするような翻訳エピソードやコツなどを披露してくれた。本書を読んでみると、確かに翻訳エピソードも書いてくれているのだが、それ以上に気になるのが翻訳家としてではない、著者個人の「我」の強さだ。全5章の本の第1章と2章を使って、翻訳とほとんど関係ない著者の経歴を述べ、本全体のそこかしこで会社や社会や教育などに一言物申す。


 


本半分を使ってやったことは「私はこんなに面倒くさい人間ですよ」という自己紹介だ。そして翻訳のエピソードはどうかと言うと、ドイツ語特有の男性名詞、女性名詞、中性名詞を日本語に訳す難しさ、ドイツ語文章のくどさ、とかを書いていて、ドイツ語を全く知らない自分には新鮮だったが、勉強にはならなかったし、ドイツ語学習者には今更感のある話題だろう。


 


不可解なのが、著者はアリーナ・ブロンスキーの作品を翻訳しているのに、その文章を取り上げて訳し方を読者に教授しないことだ。ドイツ語翻訳の絶好の参考資料だと思うのだがそれをしない。にもかかわらず自分の文章がアリーナ・ブロンスキーに影響を受けていると告白し、「この書き方がアリーナ・ブロンスキーっぽい」と自分でツッコミを入れる。だが、日本では全く無名で著者しか作品を翻訳したことがないドイツ人作家の名前を出されても読者は全然ピンと来ない。


アリーナ・ブロンスキーの特徴に言及する文章を読んでいたら、ふいに『どこでもいっしょ』というゲームの、しょっちゅう外国語を披露し「今のは○○語で☓☓っていう意味よとのたまう外国かぶれの犬キャラ・ピエールを思い出した。


 


他にも著者紹介で「KSGG会員」と書いているが、初めて見る略称からはその実体を全く想像できない。神奈川善意通訳者の会が正式名称のようなのだが、いきなり略称を書いて許されるのはWTOとかNASAぐらいだろう。


 


著者は本書を含め、これまで全て幻冬舎から自費出版で本を出している。退職金を手にし、マンションを購入し、貯金がある人間の道楽として翻訳家の道を選んだ。出版費用は莫大なものになったらしいが、本書ではその金額を明らかにしていない。痒いところに手が届かない内容で、


 


 


中年(?)を過ぎても翻訳家になれるというケース紹介の本として成り立っていたのかもしれないが、エピソードがどれも駆け出しの人間の初歩的な思考によるもので、推敲が全然足りていない。もしかしたら著者が自分を卑下して、自分のレベルではドイツ語翻訳を教える立場にはないと思っているのかもしれないが、もう本を2冊も出しているプロなのだからもっと具体的な翻訳の話を披露して、読者に知識を分け与えてほしかった。


 


今後著者の翻訳した本を読むのかは分からないが陰ながら応援したい。その一方で、道楽で翻訳した本を自費出版している人間には席をどいてもらい、出版社から委託される翻訳力を持っていてもっと若い翻訳家に任せたほうが将来的には良いのでは、とも思ってしまう。著者が自費出版のくびきから解放され、景気のいい話をしてくれる日が来ることを祈るばかりだ。

PR

 


 


横溝正史的世界観を中国に移植した中国ミステリで、数学者兼名探偵・陳爝と小説家兼助手の韓晋のシリーズ4作目にあたる。


 





傀儡制作を生業としていた数百人の村人が一夜にして消失し、呪われた村と噂される「傀儡村」にオカルト雑誌編集者の沈琴と一緒に行くことになった韓晋は、現地で大雨に見舞われ、同じく村に来ていた廃墟マニアの連中や大学教授らとともに村に泊まることに。だが村には不吉な詩が書かれた石碑や怪しい雰囲気のお堂があり、いかにも何かが起こりそう。大雨が止まないまま迎えた朝、一行の一人の首無し死体が見つかる。死体周辺のぬかるんだ地面には誰の足跡もなく、死体はまるで空から落ちてきたようだった。そして次は、十メートル以上の高い木のてっぺんに吊られた死体が見つかる。死体はどれも石碑に書かれた詩の内容を模倣しており、大掛かりな仕掛けが施された形跡はない。犯人が見立て殺人をする目的は?犯人の死体処理方法は?名探偵陳爝不在の中、韓晋は事件を解決できるのか。





 


民俗学まで使用して呪われた廃村を舞台にした、日本ミステリの影響の濃さを感じさせる一作。村全体を使ったトリックの発想力には実現可能かどうかなどもう気にならない。もしかしたらバカミスに分類されるかもしれないが、豪腕でねじ伏せるようなトリックは嫌いではない。


本作は200ページ余りだったが、この内容ならもう少しボリュームを増やして、民俗学ネタにもっとページを割いた方がバランスが取れたんじゃないだろうか。それだと価格の問題が発生するのかもしれないが、リアリティは二の次のトリックや村の歴史がメインとなっている本書で、後者のウェイトが少ないとトリックの穴ばかりが目立つので、もっと呪われた村のことを書けば、穴は目立つけどより面白い作品となったのではないだろうか。


 



王稼駿と言えば、島田荘司推理小説賞に何度も入選している中国ミステリ小説家だが、そろそろこの肩書も古臭くなってきたので、彼の特徴を端的に表した呼び名が欲しくなってくる。


本書は推理作家的信条(推理作家の信条)、六十度的困擾(60度の悩み)、LOOP、志野的憤怒(志野の怒り)、我的弟弟是名偵探(ボクの弟は名探偵)、環形犯罪(環状犯罪)の6篇が収録された短編集だ。


 


適当にいくつかを紹介。


「推理作家の信条」……文章は良いがトリックが弱い「施祥」は、文章がダメだがトリックは抜群の「布」と知り合い、「柯施」というコンビ作家を結成して一躍売れっ子になる。だが突然布からコンビ解消を告げられた施祥は布を殺す。作家から殺人犯になってしまった施祥は警察の目を欺く偽装工作をするが


「志野の怒り」……中学生の志野と肖黙の友情を描いた一作。学校で立て続けに起こる小動物虐殺事件の犯人にさせられた志野は肖黙の助けを借りて「真犯人」を見つける。二人の友情が本物であることを確信した志野だったが、肖黙の真意に気付き、ある決断を下す。


「環状犯罪」……家庭用ロボットの「私」はある朝、その家の一人娘・小暢の死体を発見する。犯人を特定し、自分が小暢を殺したと結論づけた私はアリバイ工作をする中で今度は小暢の母親の死体を発見する。


 


個人的に好きなのはロボット三原則という手垢のついた物を敢えて使用して、人間の死体にご飯詰めたり、バラバラにしたりして無慈悲なアリバイ工作をする「環状犯罪」だ。王稼駿は以前も『阿爾法的迷宫(アルファの迷宮)』や『温柔在窓辺綻放(優しさは窓辺で花開く)』で、近未来を舞台にしたSF的な小説を書いたことがある。とは言え、その組み合わせは決して効果的ではなく、読んでいてよく分からなかったり、使いこなせていない感があったりした。むしろ、バカバカしい大学生活の中で起こる凶悪事件を偶然調査することになった青春ミステリ『明暗』の方が、物語単体としては面白かった。


 


自分が思うに、王稼駿は新星出版社の他のミステリ小説家(陸秋槎や時晨ら)とは性質が異なっており、トリックよりも文章力をもっとメインに押し出し、犯罪者の心理描写をより詳細にした長編を書くべきだろう。今の新星出版社がその分野の開拓を進めるかは疑問だが、王稼駿はまさに「推理作家の信条」に登場した施祥のようで、トリックを考えること、もっと言えばトリックを活かす作品を書くのは苦手だと思われる。それならいっそ、より登場人物の心情や中国社会の実情を掘り下げた重厚な物語を書いて、「一番感動するストーリーを書く中国ミステリ小説家」を目指すべきだ。




 


中国ミステリで密室物の短編を得意としていた「鶏丁」が別のペンネーム(本名?)を使って書いた長編密室ミステリ。天才漫画家探偵の安が活躍するシリーズ第1作目である。


 




上海郊外の湖・胎湖のほとりに佇む陸一家の屋敷で密室殺人事件が発生する。大雨で数日間水没していた地下の保存室で死体が発見されたが、保存室の中は乾いており誰かが外から侵入した形跡はなかった。続いて、ドアの外で人が張り付いているのに密室となった室内で殺人事件が起こる。殺害現場には嬰児のへその緒と釘が残されていた。探偵の安は屋敷の一室を間借りしている声優の鐘可に自身の漫画が原作のアニメの声優になってもらおうと、彼女を助けるために今度の事件に介入する。





 


個人的に、大掛かりだったり、そのためだけに造られたかのような場所で行われたりする密室トリックは読んでいて理解できないことも多くてあまり好きじゃないのだが、本作では盲点を使ったその場しのぎの簡単で大胆な密室トリックが登場する。


嬰児のへその緒と釘の謎も、前時代的な迷信と結びついていて如何にも本格ミステリの様相を呈し、しかも事件の真相の更に真相も用意されていて、200ページ余りの長編に読者が楽しめる多くの要素が含まれている。中国のSNSサイト豆瓣でも高い評価を得ており、今年を代表する中国ミステリになるかもしれない。


 


実はこの本もシリーズ物で、安シンと因縁のある凶悪犯罪者が登場する。と言っても本作ではその黒幕の存在がほのめかされたぐらいで、本編の事件との直接的な関係が描写されなかったので、黒幕放って置いて次作に続くのかよという不徹底さは感じられなかった。


 


中国ミステリの一部では以前からシリーズ物をつくり、1作目で黒幕の存在を出しておいてそれを頼りに2冊、3冊と出版する手法が取られているが、そうすれば本が売れるというわけではなく、売れないシリーズは完結が先延ばしになったり未完のまま終わったりするらしい。しかし今まで読んできて、シリーズ物で成功しそうな中国ミステリは非常に少ないので、作家の方もシリーズ物を書こうとせず、1冊完結の長編を書いていってもらいたい。


 

 


 


 


自殺した同級生の日記を謎を追う中編『桜草忌』と、前作『当且僅当雪是白的』の前日譚の短編『天空放晴処』の2編が収録されている。表紙は前作同様、日本人イラストレーター中村至宏の手によるものだ。


 


イヤミス(後味が悪いミステリ)ということだが、思えば前作も前前作『元年春之祭』もトリックよりも動機のインパクトの方が強く、気持ちの良い読後感ではなかった気がする。


 


 





突然自殺した林遠江の唯一の友達だった葉荻は、林遠江が嫌っていた彼女の母親に招かれ、林遠江がつけていた日記を読ませてもらう。そこには自分と林遠江の学内外の交流の数々が記録されていたが、自殺前日の日記には葉荻から投げ掛けられたひどい言葉のせいで自殺を選んだ遺書が書いてあった。だが葉荻は自殺前日に林遠江と話したことも会ったこともない。


自分のせいで自殺したという嘘を書かれたことで、林遠江の母親からは命を狙われ、微博(マイクロブログ)に個人情報をさらされ、学校ではイジメられ、徐々に追い詰められていく葉荻は教師の姚と共に林遠江の自殺の真相を探ることに。林遠江は一番仲が良かった葉荻を何故ハメたのか。それとも日記は誰かの捏造なのか。





 


相変わらず、目的のためには手段を選ばない狂った覚悟を持った少女が登場する。彼女たちは他人の命以上に自分の命を軽んじ、自分の将来や運命に執着しておらず、目的を達成するためならどんな犯罪だってやってみせるというミステリ脳の持ち主である。お前そんなことで人生棒に振って良いのか、ってツッコミたくなるが、すでにそんなことをやっちゃっている彼女たちに対して誰がそう言えるだろうか。追い詰められた少女たちが静かな狂気に駆られ、誰かを振り向かせるためなら他人の命も自分の命も関係ない、という一途な愛憎は彼女たちの幼さによるところが大きいが、彼女たちはその幼さを盾に罪を逃れようとはしない。


 


小説に出てくるネグレクトもネットリンチもイジメも何もかも他の小説の借り物であり、作者が強調したいものではない。作中でも言われているがそれらはみなよくあることであり、今回の犯行(?)はそのようなありふれた不幸の下にいる少女が取った最後の手段で、その一点において彼女は他より異常だが、自分の行動の結果を見届けられない結果を選んだことから同作者の他作品の少女よりも一段凄みがある。


 


陸秋槎に関しては、トリックはもちろんだが、それ以上に次はどんな迫力ある少女を生み出してくれるのかが楽しみでしょうがない。


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆