忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
[08/18 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 ダン・ブラウンの『ダヴィンチコード』の翻訳者・越前敏弥による長年の文芸翻訳に関する経験談が書かれたエッセイです。


 本を出版する以上、翻訳とは個人の仕事に収まりません。本書では出版社の編集者や周囲の翻訳者、更には海外にいる知人の力を借りて一冊の日本語の本を作り上げる翻訳の裏側が書かれています。タイトル一つ、文章一本翻訳するのも至難の業で、これが本当に正しい訳なのかと考えてしまってドツボにはまる状況は文芸翻訳以外の翻訳者も何度も経験したことあるはずです。


 本書でも言われていますが、読めば別に大した事のないと思える訳文でも、それを実際に翻訳するまだに多大な労力がかかっています。読者は既に翻訳された作品を読んで正解を知っているからあれこれ言えますが、最初に答えを作る翻訳者は単語一つ翻訳するだけでも難儀します。しかしそのように悩み抜いた結果、名訳と言える文章ができるわけです。


 本書で主に書かれているのは当然英日訳のエピソードですが、決して特有のものではなく翻訳業界全般に通底する話であることがわかります。特に『翻訳の基本十か条』なんてどの言語の翻訳でも必要な条件でしょう。



 この本を読んでいるときは自分が中日訳をした際のことを思い出していました。例えば、『ダヴィンチコード』に登場する黒幕である『Teacher』の訳語を一ヶ月かかって『導師』に翻訳するというエピソードには昔中国の伝統芸能関係の文章で出て来る「上課」をどう訳すか悩んだ自分と重なりました。

 この「上課」とは一般的に「授業」と翻訳されるので最初はそのように訳していたのですが、伝統芸能の記事で使うのはちょっと現代的過ぎるという指摘を受けて、結局は相手側が提示した「稽古」を使用しましたが、たしかにこの方が文章の内容に合っていると思いました。


 私は別に著書一冊もないほぼ日雇いの兼業翻訳者ですが、それでも自分なりの翻訳の作法を持っていますしエピソードも多々あるので、そういうことを日々まとめておくことが大事だなと感じました。
PR

ぼくは眠れない 椎名誠


 


この本は冒険家、SF小説家、エッセイストなど数多くの顔を持つ椎名誠が35年間続いている不眠症を告白した本です。出版当時(2014年)はまさか椎名さんが不眠症に罹るなんてと驚いた覚えがあります。


 


その時は本自体には興味を持たなかったのですがしかし最近になって私も環境の変化などが原因で不眠症を患い、日本に帰国する機会がありましたので購入しました。


結論としてはいつもの椎名さんの本のような雑学や小言、体験談を期待して読むと読み応えに欠ける内容でしたが、椎名さん読者なら知っているサラリーマン時代や旅行の裏側で椎名さんが睡眠の面でこんな苦労をしていたのかと驚かされるので、各種エッセイの裏話的な本として読むと面白いと思います。


 


 


椎名さんは自分が不眠症になったのはサラリーマンと作家を両立させていた頃だとし、それから会社を辞めても出版社から時間を無視した電話連絡が来たり、ストーカーに悩まされたりで病気がますます酷くなったと述べています。


ストーカー問題はとっくの昔に解決していますし、今更椎名さんに深夜に仕事の電話をする人はいないでしょうし、その対策も初期の段階でしていたようです。しかし椎名さんの不眠症は会社を辞めようが問題が解決されようが治りませんでした。


 


そして椎名さんには睡眠薬が効きましたが、親しい人が睡眠薬により体を壊したことと睡眠薬自体にマイナスイメージを持っているため「睡眠薬は怖い」と思いあまり使いたくはないそうです。それに椎名さんの場合は起きたら仕事をするという選択肢もあるため、皮肉にも作家という仕事のおかげで不眠症と折り合いを付けられているようです。


 


 


本書を読んでいると不眠症になったばかりの私も頷けることばかりで、私もこれから30年以上この病気と付き合わなければならないのかと陰鬱な気分にさせられます。私ももう既に不眠症の原因となった環境からは離れているにも関わらず、睡眠は12時間ぐらいしか持続しません。


そしてこれは病人に成りたての者特有の思考かもしれませんが、睡眠薬を使って寝ることはダメなことだと考えて、今日は大丈夫だろうと何の根拠もなく服用せずに寝たらやはり全然寝付けないしすぐに目が覚めてしまいます。


ただ、睡眠薬が私と合わないのか服用して寝られることは寝られるのですが快眠効果は得られず寝起きが非常に悪いです。だから睡眠薬は使いたくないと思い、余計睡眠不足になるという悪循環が発生します。


 


椎名さんも最初は抵抗があったようですが今は睡眠薬服用しているようですし、体が万全じゃないからこそ薬に頼るべきなのに素人判断で余計な意地を張れば快復からますます遠のきますしね。あとは椎名さんのように、寝られないのであれば無理に寝ようとせず自分のことをやって時間を潰せば、自分が病気に翻弄されていない気分になるので苛立ちは少なくなるかもしれません。


 


 


私はもともと睡眠時間が少なく、朝の4時や5時に起きても大丈夫でしたし敢えて早起きすることも多かったです。もしかしたらそれが病気への第一歩だったのかもしれませんが不眠症になってわかったことがあります。それは自分の意志で短時間睡眠を心がけている人と不眠症の人の睡眠は時間が一緒でも意味は全然異なるということです。全然寝られなかった寝起きの不愉快さは一日中残ります。不眠とは人生から快楽がひとつ減る重大な病なのです。


 


 


 


 



 


1c498be7.jpeg

 『小樽の25歳』ことおかもと(仮)がデビュー作『伝説兄妹!』のバカバカしいノリを引っ提げて帰ってきた。

  
 リア充高校生篠中紳士は友人達から誕生日を祝われている最中、空から降ってきた魔王に激突され爆発したと思ったら、自身の左腕を乗っ取られてしまう。左腕を自由に操る魔王の悪行を止めさせようと紳士はクラスメイト達から向けられる奇異な目にも負けず、『邪気眼』というあだ名を付けられても構わず「しずまれ、しずまるんだ僕の中の魔王よ」と左腕を抑える。

 しかし人間の肉体(左腕)を手に入れた魔王がどんな悪事を働くかと思えば、紳士の左腕を操って携帯電話で2chのまとめサイトを見たりFPSゲームをやりこんだりと極めて人畜無害(紳士以外)な様子。しかも魔王はえらく綺麗な容姿をしているから、魔王らしく勝手気ままに振る舞い、魔王らしからぬ行動を起こす彼女に紳士は迷惑を感じながらも、徐々に心惹かれていく。

 だがそんな魔王を退治しようとする勇者を名乗る現役浪人生の女や自衛隊特殊部隊が現れ、紳士は魔王から離されてしまう。果たして紳士は惚れた魔王を助けることが出来るのだろうか。
 

 宝島社 しずまれ!俺の左腕

 51Dxeks1mkL._SS400_.jpg

このライドノベルがすごい!文庫なんて名前負けにもほどがあるだろなんて小馬鹿にしていたが、久々購入したラノベが思いもよらず傑作だった。

 


才能はなく、お金もなく、だが働きたくもない。ないない尽くしのダメ大学生柏木は、食料を求めて入り込んだ山の中で奇妙な遺跡を発見する。遺跡の中で出会った少女が持つ、凄まじい詩の才能を目の当たりにした彼は、彼女をデシ子と名づけ、妹として自分の家に住まわせ始める。 


本書裏表紙のあらすじから

 

主人公柏木は小樽商科大学へは行かず無為徒食をし、友人から金をせびっては人の奢りで飲みに行こうと考え、自分は詩人だからというプライドだけを頼りにバイトもしようとはしないダメ大学生、というよりクズ人間である。彼が拠り所としている詩も酷いもので、読む者聞く者一人残らず卒倒させるほどの公害レベルな詩才だ。

 

ある時遺跡の中で詩を朗読した彼の目の前に身元不明の少女が現れる。少女は柏木の詩に共感しこんなに感動したのは初めてだと彼を天才とあがめる。そして自分も詩というものを詠んでみたいと即興で吟じれば、少女の口から紡がれる言葉の奔流は例えようのないほど美しく、柏木ですら号泣し感動のあまり失神した。

そして柏木は彼女をデシ子と名付け自分のことを師匠(人前では兄)と呼ぶように教えて、迷子を保護するという名目で自分の家に連れて帰る。デシ子の才能に目を付けた彼は彼女の詩才を使って小樽の観光客相手の金儲けを企むのであった。

 513GZPYAEEL._SS500_.jpg

19世紀末、ワイオミング州にある銀山の麓に20マイルという住民が15人しかいない炭鉱街があった。ディスティニーという町とおどろき銀山の中間にあるこの村は、銀山に出稼ぎに来る炭鉱夫相手の商売で生計を立てている。

 

ジョーカーしかいない娼館に、硬いステーキを出してくれるホテル、鉱夫のために何でも品物を取り揃えている商店、そんなゴーストタウンに一人の青年がふらりと現われた。青年マシュー・ダブチェクはリンゴ・キッドを自称して、陽気な性格と口八丁を使って街の住人と親しくなり、この忘れ去られた街の住人を相手に『なんでも屋』を営む。

そんな中、街に3人の脱獄囚がやってくる。脱獄囚のリーダーことハミルトン・リーダーは街中から武器を取り上げ、たった一夜で住民を恐怖で縛り上げ20マイルを支配しようと企む。

 

ストーリーは取り立てて珍しくはないが2人の主人公の造型が、三流の西部劇になってしまいそうな物語を何度も歪ませて味のある仕上がりにしている。

 


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆