忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

3年ぶりに北京ブックフェアに行った話


 過去ブログ:北京ブックフェアに行って参りまして

今年2014年は上海及び北京のブックフェアに行ってまいりまして、ちょっと思うところがありましたので書きます。

 

まずは今年816日の上海ブックフェアの様子と、830日の北京ブックフェアの様子を御覧ください。

 

 

上海

 

 

北京

 

上海ブックフェアは中国全土の出版社が一般読者に本を売ることを目的にしているためにこのような混雑ぶりで、人気のある出版社では列が並ぶほどの大盛況を見せました。

 

反面、北京ブックフェアは中国並びに海外の出版社が自社の書籍を展示し、その版権を売り買いする商談を目的としているため、メインはあくまでも出展している出版社です。

一般人が参加できない27日から29日の平日のうちに出版社同士の版権商談が行われ、30日と31日は一般向け公開日となっているのですが、写真を見てわかるように客は上海と比べて非常に少ないです。

 

 

 

・海外の出版社・

今回も50社以上の日本の出版社が参加しておりました。しかし、出版社の社員はほとんどおらずブックフェアのボランティアが店番をやっており、ブースについて質問をしてもまともな返事が返ってきません。

 

ただ、本が展示されているだけ日本のブースはまだマシな方で、日本と同じ規模のスペースを与えられている韓国ブースなど平日の商談を済ませたらそれで仕事は完了だったようで、韓国の出版社はほとんど撤収しておりました。まぁ空になったブースの出版社名を見たら教育関係の会社ばかりだったので、中身を読んでもあんまり面白くはなかったでしょう。

 

 

 

講談社ブースには東野圭吾の新作『虚ろな十字架』が置かれており、少なくとも日本の出版社は今後も東野圭吾の作品を中国で出版させるつもりであることが見て取れます。

 

また大塚英志の著書があったのも興味深いです。大塚英志は天聞角川公式サイトで漫画の描き方に関するコーナーを持っており、一部の中国人にはよく知られた名前でしょう。

 
世界漫画学堂

日本ではさして珍しくもない『◯◯小説の書き方』などの指南書を私はまだ中国で見たことがないので、『キャラクター小説の作り方』などから『書き方本』が増えることを期待します。

 

日本の参加出版社は50社以上と書きましたが講談社程度の大きさのブースはこれ以外なく、ブースは本棚の一面に本を数冊置いているだけというブースもあって、ホビージャパンや一迅社などが平日の商談期間中にどういう話をしたのかとても気になりました。

 

 

他の国の出版社は日本や韓国と比べると真面目(?)でどこのブースにも本国から来たのであろう外国人スタッフがおりました。中国の出版社と商談をしている外国人の姿もあり、一体この人達何を買うつもり(売るつもり)なのだろうかと想像させられました。

 

そしてほとんど撤収してしまった韓国ブースですが、一つだけ大きな展示が残っていました。漫画・アニメブースです。ここでは韓国人漫画家のサイン会が開かれ、少なからぬ列ができており、また展示されている漫画やアニメなどにも注目が集まっておりました。韓国の漫画・アニメ文化にかける彼らの意気込みが伝わって来ました。

 

 


PR


 中国の各日本料理店や日本車の持ち主は反日デモの際に、暴徒による破壊活動から守るために涙ぐましい対策を取りました。
 店の看板から『日本』の文字を隠したり、中国国旗を掲げたり、日本車には日本製とわかるエンブレムを隠したり、リアガラスに愛国精神溢れるステッカーを貼ることで理不尽な暴力から逃れようとしたのです。



 これら暴徒避けがいつ生まれたのかはわかりません。2005年の反日デモのときに日本料理店や日本車への破壊行為があったのでそのときには既に存在したのかもしれません。私が初めて目にしたのは2010年9月に起きた尖閣諸島抗議デモのときです。


 ほとぼりが冷めたらみんな剥がしてしまいましたが、一部の日本車はまだステッカーが貼られたままになっております。気に入ったのか事情があって剥がせなくなってしまったのかわかりませんが、私はそういうタイミングを外した車が大好きでよくウォッチしています。



 この前も出勤途中に上のようなステッカーを貼ったワゴン車を見つけました。トヨタかホンダかそれともマツダか車両を調べて見ると、それが五菱という三菱自動車のマークに菱形を2つ足したロゴが特徴的な中国車だったんですよね。




五菱汽車




  
三菱自動車




 運転手は一体何故ステッカーを貼ったのか。五菱を日本車と勘違いした線が妥当ですが、むしろ誤解した暴徒による破壊行為を防ぐためという理由も考えられます。


 ただし、今度デモが起きた時に「中国車と日本車を間違えるなんて恥を知れ」とボコボコにされそうだからさっさと剥がしたほうがいいと思いますけど。ここまで貼り続けていると他人の目もあるし無闇に剥がせないんでしょうね。

北京の地安門には道路の壁一面に中国の文化、歴史、政治を褒め称えるポスターが貼られている。

「共産党好」(共産党は素晴らしい)や「社会主義好」(社会主義は素晴らしい)というスローガンや、土で出来た『泥人』の童子が象棋や球遊びをしている様子、連環画風のイラストなど中国の伝統と歴史を大々的にアピールしている。


 

このポスターは別に地安門だけにあるものではないが、地安門は胡同や鐘楼など古い景観を残しながら、バーストリートや土産物屋が立ち並ぶ土地であり、国内外からの観光客が多く訪れるので中国の素晴らしさを宣伝するには最適な場所なのだろう。

 

だけどこんなスローガンに感銘を受ける人はいない。以前中国人の友人とタクシーに乗ってこの辺りを通りがかった時、ポスターを見た運転手が「共産党好(共産党は素晴らしい)だってよ」と鼻で笑い、友人が「こういう伝統を壊したのがお前らだろうが」と続けみんなで笑ったことがあった。

 

このように嘲笑の的になって素晴らしさどころか中国の情けなさを露呈し続けているポスターだけど、嗤うだけじゃ収まらないという人物がとうとう現れたらしい。

 

 

今日ポスターを見掛けたらスローガンがこんなことになっていた。

 

 

   
 

これだけではない。地安門地下鉄駅付近のポスター全ての『共産党好』だけが黒く塗り潰されていたのだ。

 

規模からして単なるイタズラではなさそうだが、『共産党好』のみ執拗に狙っているあたりに共産党に恨みを持つ人物(或いは団体)の仕業でもなさそうだ。もしそうならポスター全てをもっと汚く塗り潰すだろう。

なんというか、この『共産党好』がなくなることでポスター全体のメッセージ性が強くなり、ようやく見る人の心を打つ内容となるのだ。

 

象棋は素晴らしい、中国夢(チャイニーズドリーム)に向けて突き進むのも良い、社会主義も素晴らしい、中国の歴史、文化は世界に誇れるものである、そう共産党さえいなければ!!という庶民の声がこの黒いペンキに表れているようである。

 

このペンキがいつまで放置されるかわからないが、今後はペンキに触発された人がポスターの上に部屋貸しのチラシを貼ったり、領収書発行業者が電話番号を書いたりして、政府と国民が共同で作り上げる芸術作品が出来上がることになるんだろう。



 ・追記

 今日見に行ったら人形が振っている中国の国旗も塗り潰されていた。

  



 ・追記の追記

 3月30日に立ち寄ったら塗り潰されていた箇所が切り取られていた。

 



 そもそも『共産党好』なんて文言、初めからなかったんですよ。家族の写真だと信じていたら実は自分しか写っていなかったみたいな。

 一時帰国し2週間ほど滞在した日本で家族や友人から何回も本帰国を促され中国の印象の悪さを感じたわけだけど、留学行くときにもこんな風に引き止められたことを思い出すと日本人が持つ中国のイメージは劇的に悪くなっているわけではないらしい。
 私自身が中国に抱く思いも留学当初とあまり変わっていないが、昨今の日中関係を考えると日本人でいることが不利になることが増えてきたように思える。

 私は別にメディアに顔を露出しているわけじゃないし、中国で大きなプロジェクトに関与しているわけでもなく、ましてや積極的に中国人と交流しているわけでもない言わば外こもりに近い生活をしているいち現地採用者だけど、その小さな生活圏内でも生きづらさを感じることはある。

 ここで紹介する私が遭遇した『生きづらさ』の中には中国に来た日本人なら納得できる『あるあるネタ』があると思う。

1.
 日本人の友人とタクシーに乗り会話をしていると突然運転手から「お前らどこから来たんだ」と聞かれて黙ってしまう。
 そのとき、「韓国人だ」と言うか「日本人だ」と言うか迷うが、思えば韓国人もそれほど中国人に好かれていない事に気づき正直に言う。

2.
 反日デモの最中に近所の八百屋のオバサンに果物をおまけしてもらったとき、
まさかオレが日本人だと知っているから優しくしているのかと疑心暗鬼になる。


3.
 不動産屋と部屋を見て回っている時、素直な不動産屋から「日本人には貸せない」という大家のメッセージを伝えられる。


4.
 日本人お断りの店に敢えて入ってやろうと思うが、そういうところに限って元々何の魅力も感じないつまらない店であり、お断りされなくても初めから入店しないことに気づき、怒る気力をなくす。


5.
 『釣魚島云々』と書かれたステッカーが貼ってある自動車が日本車だと所有者の必死さを感じる。


6.
 『釣魚島云々』と書かれたステッカーを剥がすタイミングを完全に逃している自動車を見ると応援したくなる。




 結局私が北京で感じる差別はまだ失笑レベルで済んでいるから、多少生きづらさを感じるだけだ。

 2014年も『釣魚島云々』のステッカーや『日本人お断り』の張り紙を見て、「馬鹿なことやってんなぁ」とこっち側が笑って心に余裕が持てる程度の差別を期待する。

 4月12日から14日までは社員旅行で北京の外へ出かけていた。今回の旅はカルチャーショックの連続で、中国に6年いながらもその実は北京のごく一部しか知らなかった自身の見識の狭さを思い知らされたとともに、『中国』とは何かを改めて見直すことができる良い機会になった。
 

 金曜夜の退社後にスタートした今回の旅行は男4人、女7人、そのうち日本人が3人で構成されており、目的地まで汽車で向かう寝台列車の旅だったわけだが、この寝台列車が食わせ者で、部屋割りの仕組みをすっかり忘れていた。

 
 寝台列車の部屋は切符と部屋カードを交換して割り当てられる。団体旅行なのでてっきり固まって部屋が決められているかと思いきやまさかのバラバラで、しかも4人部屋に先客のオッサンがいるのは良いにしろ、同僚の女2人とも同じ部屋だった。

 
 雑魚寝ではなく2段ベッドが用意されているので一応最低限のプライバシーが守られてはいるものの、男女ぐらいは分けて欲しいと思った。わざわざ身分証を提示して切符を買うのは何のためだ。
 


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆