忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 dedede.JPG

 


釧路名物 朝霧



今日(330日)の北海道新聞夕刊を読んでたら何か変な記事(コラム?)が載ってた。

 

 

それは川目将という元根室市総合文化会館長が書かれた北方領土問題に関する記事なのだが、どうにも読んでいて違和感が沸く文章なのだ。以下にちょっと省略しながら転載したい。


 

領土返還はトロイカ方式で

 

戦後の未解決問題に「北方領土返還問題」がある。日本は四島一括返還を要求しているが、ロシアは二島を主張して譲らない。(略)

 

そこで四島でもなく、二島でもない、三島で返還要求してはいかがであろうか。

 

これを称して「トロイカ方式」と言わせてもらう。

 

三島の返還要求は、両国とも従来の主張から一島ずつマイナスになる。つまりお互い痛み分けになるので傷が付かない。ロシア人はこのような交渉を受け入れる傾向にあると聞いている。

 

中略(ここからしばらくトロイカとは何なのかとウンチクという名のやっつけが行われます)

Orlowski_podrozny.jpg

トロイカの図



 

ロシアの伝統であるトロイカを曳く馬は三頭、北方領土返還要求も三島、ぜひ返還を!

 

 

こんな交渉にプーチン首相はどんな反応を示すだろうか。「チンプーなことを考えよって、日本人のサル」と薄い唇の下から吐き捨てるだろうか。それとも心地よく笑うだろうか。


太文字・色文字は阿井がやりました。


 

言っておきますがこれは匿名の読者投稿なんかじゃありません。北海道新聞釧路面『夕べの止まり木』というコラム欄の一説です。

adae.JPG

 

二島じゃなく三島っていう条件だったらロシアも呑んでくれるよと提案する根拠は何なのか、トロイカと北方領土を関連させて『』マークまで付けてまで豪語しなきゃならない理由は何なのかとか突っ込みたくなる部分は多いですが中でも際立っているのが最後の一文。

 

これすげぇ低俗なダジャレじゃん。プーチンだけにチンプーって、昨夜の空が明るくなったときに思い付いたのかよと疑りたくなるほど最低な締めです。

 

そもそも末尾にプーチン首相が日本人を馬鹿にしていると蔑視的に書く必要がどこにあるのだろうか。『ロシア人は日本人をサル同然に思っている』と読者に誤解を与えるステレオタイプの外国人の表現は、一種の外国人差別にならないんでしょうか?

 

この川目という人、ロシア人に個人的な恨みでもあるのかそれとも北方領土問題にのめり込みすぎてロシア人は日本人を侮辱していると被害妄想を抱いているのかわかりません。ですが本名と大層な肩書きを載せて新聞に投稿するんだったら、相手にわざわざ稚拙な悪口を言わせてその陳腐さを嘲笑うルサンチマンのマッチポンプな憂さ晴らしをするようなことは書かない方が良い。

 

ダジャレで締めるなんて尚更だ。Gメンに検挙されかねない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
すしバー
あら、釧路にいらっしゃるの?
だったら、飯でも食いませんか?
うちのブログのメールフォームから連絡いただければうれしいです。
無題
阿井 URL
バカ寿司喰いたいですね。
無題
しゃおりん URL
視点がとてもユニークですし、鋭いですね!
このエントリーをそのまま『道新』に送ってはいかが?
このような、読者に不快感を与えるコラムを識者の主張として堂々と載せる『道新』幹部にも、疑いの目を向けるものです。

>元根室市総合文化会館長

総合文化会館長の“文化レベル”も……??

ところで北海道では、この「トロイカ方式」(三島返還要求)というのは、広く認知されているものなのでしょうか? 一般の人たちは返還問題についてどう考えているのでしょう?

ネットの普及で、世は「パブリシティ」の時代です。
返還問題ももっと声高に叫ばないと、なんだか忘れられてしまいそうな……部外者ながら、そんな危惧さえ抱いてしまいます(あ、でも北海道が抱える?政治的な問題はまったくわかっておりませんが……^^;)

蛇足ながら、わが地元の『信毎』も「訃報欄」は外せませんです。。。
無題
阿井 URL
トロイカ方式なんて初めて聞きましたよ、完全な造語でしょうね。

ボクは釧路出身と言うこともあり北方領土問題には子供の頃から触れていましたが、正直これを声高に叫ぶ人間を敬遠しております。
軍歌を鳴らし愛国を訴える街宣車が日々道路を走っているような場所で育てば、子供心ながら「ああはなるまい」と考えるのもご理解いただけるでしょう。領土返還運動に躍起になっている人々は、まずああいう人たちへの対策を整えるべきだと思います。

地方紙って訃報欄が一番充実してますよね。なきゃ仕事に困りますから。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆