忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
中国ではお会計のことを「埋单」(mai dan)と言います。「买单」とも言いますが、客は「おーい埋单してくれー」と言えば、ウェイトレスは「10番テーブルのお客さん、埋单でーす」と返します。

この「
埋单」という単語、もともとは広東から来たもので、北方では「买单」と書くのですがそんなに古い言葉ではないようで、一種の流行語のように使われている面もあります。

しかし流行ゆえでしょうか、最近では「
埋单」に取って代わって「建账」(jian zhang)という言葉が用いられています。中国人の友達が言うには、この言葉も北方から来たものらしいのですが、飯屋に行けば日に日に「建账」と聞こえる数が増えます。

ボクが初めてこの単語を聞いたのは6月ぐらいですけど、来年までにはこの言葉が一般的になるんじゃないでしょうか。

こうやって考えると、まるで日本民俗学の太祖柳田國男先生の『蝸牛考』を想起させます。「
建账」という単語がどこから来て、今はどこまで流行っているのか、北京では通じるけど、南京では使えるのかとかいろいろ考えさせられます。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆