忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      



 前回の果実酒作りがそこそこの成功を収めたことで北京でも簡単に作れることがわかり、2回目はどうせなら中国らしい物を作ろうかと決めました。


 まず桃のホワイトラム(バカルディ)漬け



 中国らしい固めの桃を3つ使い、氷砂糖を桃の30%程度に抑えました。(前回は果物の40%を投入)



 そして友人のリクエストをアレンジしたのが次の果実酒


 ランブータンのウォッカ(フィンランディア)漬け


 友人にライチを使ったらどうだと言われたのですが、もう時期が過ぎていたので『毛茘枝(毛ライチ)』の異名を持つランブータンを使用しました。


 ランブータンは1キロ購入したのですが、その内皮が全体の2/3の400グラムもありました。更に実には種があるので、ランブータンの可食部分は極めて少ないということになります。ドリアン然りマンゴスチン然り、なんで南国の果物って外皮が異常に多いんでしょうか。


 しかもこのランブータン、ライチと違って皮が固くて手で剥けず、包丁を使って切れ目を入れないとダメでした。
 味はライチを上品にさせたような甘さです。個人的にはライチの方が甘みが強く、汁気も多い気がします。しかもランブータンは種の渋皮が実に引っ付いていて口当たりが非常に悪いです。
 ただ、ライチに品種がある通りランブータンにもいろいろ種類があると思いますので、一概にライチ>ランブータンとは言えないでしょうね。


 割合はランブータン470グラムに対し、氷砂糖はその40%の190グラムを使用。



 そして桃のサングリア。


 サングリアに使うのは一般的に安酒ですが、13元(200円程度)の中国ワインは想定していないんじゃないでしょうか。念のため桃は柔めで甘いものを2つ使用。3日後には飲めるらしいです。



 ランブータン酒がどうなるのかが楽しみです。



 ランブータンといえば道産子には『水曜どうでしょう』「お尻がランブータン」のセリフが印象的です。私はあの回をリアルタイムで見ていましたが、その時はまさか自分が将来、生のランブータンを食べられる国にいるとは考えてもいませんでした。

 ジャックフルーツもたまに食べます。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆