忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

皆様は年末年始をいかが過ごされたでしょうか。僕は年末に大恩があり一年間連絡を絶っていた大学の教授二人に謝罪文から始まる年賀メールを書き年が明けてからは元旦が誕生日の妹に祝いの年賀メールを送ったところちっとも返信が来なかったという日頃の行いが出る正月を過ごしていました。

 

(そのあと妹と教授一人からは返信があったんですが、もう一人からの反応がないのがとても怖い・・・・・・)

 

 

本日、北京の郊外に出来た永旺へ行きました。兼ねてから日本人留学生の間で噂になっていたのだが、長い時間をかけて地下鉄を乗り継ぎ、それ以外何もない郊外に行くのも気が引けたので、正月であることにかこつけて友人と冷やかしに行くことになりました。

 

ちなみに永旺とは日本の有名なデパートのアレです。

 

フッフーン♪です。

      

 

IEONジャスコです。


一時間ほどかけて着いた地下鉄竜澤駅前からジャスコ行きのシャトルバスが出ているはずなのだが見当たらず、いきなり出鼻をくじかれることになる僕らは同じように困っていた女性がいたのでタクシーに乗って一緒にジャスコに行くことにした。タクシーから見える竜澤の風景は新築のマンションや建設途中のビルとかばかりで生活感がなく、街全体が浮ついていた。

 

そしてジャスコは色のない殺風景な場所に突然現れた。

 

交通の便も悪いし、商品もきっと高い物ばかりだろうから客なんか全然来ていないだろう、という予想に反して駐車場にはそこそこ車が並んでいた。それでも僕の地元釧路のジャスコよりも閑散としていた。

 

同乗していた女性は買い物ではなく、これから面接に行くのだという。

 

道に迷っていた日本人をジャスコまで送っていたら遅れました。という理由を面接官に言って面接に合格してくれ。と念じながら一同ジャスコへ入店する。

 

入ってみて驚いたのだが、中身は日本のジャスコとほぼ一緒。テナントの仕切りがない内部構造や吹き抜けがある一階のフロア。そしてそれとは打って変わりきちんと区画分けがされている二階。フードコートには一つから買うことが出来る寿司や天ぷらやカツなどが並び、日本のジャスコ必携のブランド服屋がある。本屋やCDショップがなかったのは惜しかったが、この再現力の高さは明らかに在中日本人も視野に入れていた。

 

ジャスコと言ったら欠かせない物がゲーセン。『創聖のアクエリオン』『スペランカー』が入ってる太鼓の達人があったのが高得点だ。決して古くはない。中村や西单のゲーセンには未だにはなわの『佐賀県』が入ってる機体があるんだから、それと比べれば古くはない。しばらく遊ぶことにしたのだが、中国のゲーセンの何がイヤかってこういう太鼓の達人やダンレボとかをやると腕前に関わらずギャラリーがゾロゾロ来る(しかも近い)ってところだ。

 

探索中にエスカレーターを上る集団を発見する。その中に先ほどの女性を見つけた。二十人ほどの集団で面接官の真後ろに陣取っているあたりに彼女の意気込みが感じ、僕は年甲斐もなく手を振った。

 

昼は東京ダイニングというカレー屋にするか富金豚というトンカツ屋にするか迷い、五穀という日本料理屋で済ませたのだが、なんと日本語で接客された。この店だけではなく、ある程度の店員なら挨拶ぐらいの日本語が出来るみたいだった。(イオン竜澤店の求人情報を見ると、日本語が出来る人間は優先されるようだ)

 

そんな店員に混じりスーツを着ているのは日本人社員だ。

 

ジャスコは五年間で北京に100店舗の進出を目指しており、いわばこの店は五カ年計画の足がかりなのである。

 

そう言ったことを念頭に置いて改めてジャスコ竜澤店を見るとやはり不安になる。まず、交通の便が最悪なのだ。場所は北京の郊外だから公共交通機関を使えば一時間はかかる。ついでに行けるような場所ではない。だから学生の集客は見込めず、シャトルバスを出すのならもっと遠くまで延ばす必要がある。

 

また、これは実体験だから言うのだが、僕が一番不便に思ったのはキャッシングだ。ここには交通銀行というまぁまぁ有名な銀行が置かれていたのだが、ここのCD機で使えるカードの種類が少なすぎた。中国の銀行カードやビザカードなら使えるのだが、僕のインターナショナルキャッシュカードが使えず、買い物が出来ず仕舞いだった。周囲に銀行もなければ他に店もないのでジャスコで卸せなきゃもうどうすることも出来ないのだ。町中にある店ならともかく、孤立した場所に開業したのだからそこらへんはまかなって欲しかった。

 

ただジャスコの周囲には高級マンションやゴルフ場が建設される計画が既にあるようだし、中に入っているテナントもレストランも品質優良なものばかりなのでリピーターは必ず来るだろう。僕もまた来て、フードセンターで50円寿司(一貫ずつセロファンに包まれ売られている寿司)ならぬ一元寿司を買いたいです。

 

でも・・・・・・もつかなぁ・・・・・・

 

イオンさん、マクドナルドじゃないんだから、五カ年100店舗計画なんて止めません?

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
あけおめ。
犬彦うがや
フッフーン♪
ジャスコには二ヶ月に一度の割合で出掛けております。
そのペースで「神羅万象チョコ」(往年のビックリマンチョコを思い浮かべていただければ当たらずとも遠からず)が発売されるからです。
商品ラインナップも日本に準じたものなのでしょうか?
日本国内のイオン・ジャスコで中国産とラベリングして堂々と売っているのはペットボトルの烏龍茶くらいです。

別な話、先月末に発売されたwiiカラオケのリストにも創聖のアクエリオンがありました(仕様で入っているのは懐メロ演歌童謡あわせて70曲。ダウンロードで追加可能)。

別な話、今夜(関東地区)NHK総合22:00放送のNHKスペシャル・世界カイテンズシ戦争・激突!寿司vs欧風スシ・驚きのザリガニロール
という番組が愉快そうですよ:D

ことよろ。

P.S.アンドリー成長日記たのしみ
re;あけおめです
阿井 URL
ラインナップですか。一般的な中国のスーパーより日本製の品物が若干多いぐらいですね。嬉しいことは日本のインスタントコーヒーが売ってることです。中国のは薄くて大瓶を買ってきてもすぐになくなってしまうんです。でも高かったのでとりあえず明治のグミチョコを買ってきました。

wiiってカラオケできるんですか?初耳ですよ。中国のゲーム屋じゃぁ店員がゲームで遊んでるのが普通ですから、近々奴らの美声が響く日が来るかも知れません。

馬鹿スシ来ましたねぇ。ザリガニは意外と美味いそうですから良い勝負になりそうな予感・・・・・・感想待っております。

アンドリーですか。ニコニコで『僕の夏休み』というゲームのプレイ動画にはまり、やりたいやりたい言っています。

今年もよろしくお願いします
寿司特集
犬彦うがや
世界の寿司市場をめぐる日本代表(元気寿司)と世界選抜(Yo!Sushi)の動向を追ったドキュメンタリでした。
で、世界進出の切り札が元気寿司は「アワビ」!
YO!SUSHI側は「ザリガニ」!なんですけど、これか両方とも中国産です。
現地にはザリガニ成金も生まれたそうです。
本当にありがとうございました。
無題
阿井 URL
情報提供ありがとうございます。

ザリガニと言えば故郷の近くには阿寒湖というマリモが生息している湖があるのですが、そこの名物料理がザリガニ料理でした。意外と高かったです。

中国でもザリガニは食べられますが(中国語で小龙虾と言います)、それで一財産を築くとは・・・・・・中国の飯屋に卸すよりはよっぽど得になるから、業者は大喜びでしょうね。

世界進出の鍵が何故アワビなのかわかりませんけど、中国産って高そうな気がします。アジア以外の国ではアワビは安価で取引されてるようなので、そっちを買えばいいと思ったりも・・・・・・こだわりですかね。


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆