忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

前回、前々回と続けて人肉捜索のやり方を紹介しましたが、今回は人肉捜索が持つ真の力を皆さんに紹介いたします。

 

人肉捜索が一人の人間のプライバシーを丸裸にすることは皆さんご存じでしょうから、その原動力が決して無私無欲から生じた正義感ではないことは説明しなくても良いでしょう。そして人肉捜索の目的が問題の解決ではなく、如何にして対象を酷い目に遭わせるかという点にあるのも言うに及びません。

 

しかし人肉捜索ネットに載っているような記事は真の人肉捜索ではありません。あんなものは極論すればただの恨み言や復讐に過ぎず、同情心を駆られたところで人々の支持は得られず、相手にも大打撃を与えられません。

 

真の人肉捜索とはネットユーザーが一丸となり人海戦術を駆使して気に食わない奴を社会的に殺すことであります。

 

 

ここで人肉捜索の性格をこれ以上ないほど表した、王千源事件について触れてみたいと思います。


王千源は青島出身のアメリカ留学生で北京五輪聖火リレーの際にフリーチベットを叫ぶ欧米人と中国人留学生の諍いを止めさせようと、争いではない両者の対話を求めた女性でありました。だが狂信的に熱くなった同胞の愛国心は止められず、彼女は中国の団結を阻害する反対分子としてその場で罵倒されます。しかし問題はここから、彼女が両者の間に割って入ったシーンが動画サイトにアップされて彼女への人肉捜索が始まったのです。彼女の名前、住所、身分証番号全てはあっという間に曝され、実家の両親に累が及ぶのも時間の問題でした。

 

事件の詳細につきましてはコチラを御覧下さい。

 

 王千源事件

 

 そうなのかな  人肉捜索

 


これが真の人肉捜索です。

 

彼女の個人情報は未だにネットに載っており、コラージュ画像と共に難なく見ることが出来ます。

 

何故彼女が人肉捜索されなければいけなかったのか、それは彼女の大勢に反抗する行動がネットユーザーの気に障ったからです。更に国家の姿勢と真逆の立場を取ったことで国家の庇護下から外されました。彼女は今も見放されています。

 

この方の非は勇気ある行動があまりに無謀で散々な結果に終わったことです。

 

まるで痴漢された女性に向かって、電車に乗ったお前が悪いと吐くような暴論ではありますが、それが論だったらそれを論拠に相手を非難できるわけです。正義はコチラ側にあるから罪悪感を感じない。人肉捜索をする人々の心理はこういう状態ではないでしょうか。

 

 

 

人肉捜索の出現は、中国で私立探偵が認められていないことと人民を守らない腐敗した警察、そして個人情報保護法の不整備にその理由を求められると思います。しかし一番の原因はやはり個人情報を不法開示することが奨励されている点にあるでしょう。

 

 

いつか中国に人肉捜索が出来なくなる日が訪れる、と信じています。しかしそのときに上に挙げた三つの欠点が解消されているとは到底思えない。だが人肉捜索は批判の矛先を個人に向けることが出来る優良ツールだ。

 

矛先が自分たちに向けられるまでやっぱりなくならないのかな。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
URL
王千源事件は日本でも報道されていました。とても勇気ある行動だと思う反面、これは危険が大きいのではないかと危惧していたら、案の定ネットを中心にバッシングが始まり、本人は帰国したら逮捕されるのではと怯えてました。
無題
阿井 URL
僕は在外中国人の暴走と、大まかにしかオリンピックの事件は知らなかったです。その中で愚衆に与せず双方との共存を図った学生がいたことに感動を覚えました。
ただ、同様に吐き気も覚えましたが。

この学生は海外メディアで評価されているので、これ以上外国の心証を悪くしないためにも逮捕はないでしょう。問題は彼女がまだ中国を見捨てていないかですね。
悪名は無名に
犬彦うがや
Number先週号に「悪役は儲かる」というテーマのコラムがあったのを思い出しました。

Numberというのはスポーツ週刊誌なので、この場合の悪役は大相撲の朝青龍、ボクシングの亀田一家、それに高跳び込みの郭晶晶といった顔ぶれです。
あ、ハンドボールにおける「中東の笛」なんてのもありました。

国の代表選手の記録が1センチ伸びたところで国家に影響ありませんが、国を代表する悪役の一言が国家を揺さぶることもあるでしょう。

中国の共産党は党のエリートを電通か博報堂に送り込んで「煽り方」「自作」「自演」をイチから学ぶべきだ思います。
ついでに、自国民の骨の抜き方も。

異なる意見を持つ者のところに、単身乗り込んで討論した例は、三島由紀夫VS全共闘(in安田講堂)があります。
ようつべで見られるんだから世の中便利になりました。
無題
阿井 URL
儲かるというか、悪役の方がメディアに取り上げられやすいので、高見盛より朝青龍が人気があるんですね。無論、実力があってこそのヒールですけど。

中国政府が行った政策のうち唯一の成功が愚民化政策だと聞きます。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆