忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
  

ninomiya_b.jpg


二年前芸能界を騒がせた陣内智則と藤原紀香が正式に離婚しました。




私は早くから彼らの破局を予期していましたが、まさかわずか二年ばかりで終わりを迎えるとは、もっと早く彼らに忠告しておけばと後悔しております。私はこの結末を、藤原紀香が第二の黒柳徹子になりたいのかアフリカへボランティアに行ってる姿を見た段階で、きっと夫婦生活も芸能生活も上手く行っていないからこうするしかテンションを上げられないのだろうと予測していました。

 

ですが、陣内氏にも落ち度があったと言わざるを得ません。今の時代に浮気を芸の肥やしとする芸人らしさは必要ないでしょう。お笑いの世界とファンは最早そういう慣習を求めていません。もちろん格差婚に苦しんでいたという事実は否定いたしませんが。

 

しかしこういう事態を迎えてもお笑い芸人はまだもてると言うのでしょうか。松本人志さんや島田紳助氏が長年提示してきたお笑い芸人大もて論のブームが終焉を迎えたのは、木村祐一氏の離婚でしょうか、それとも99の矢部っちの破局でしょうか。とにかく、今回の一件は芸人と結婚しても決して幸せにはならないということを再確認させてくれました。

 

今回ご紹介するのはそんな夫婦の不和が犯罪事件まで発展した不朽の名作、ポーの『黒猫』です。

 

p_01.jpg

黒猫ならむかし、ジャンプで掲載されていたアウターゾーンという漫画で黒猫の形をしたポケベルごと女の子を壁に埋めたせいで、それが鳴ってしまい事件が発覚してしまったという全然エロくなかった内容を読んだことがありますので、結末なんか読む前からわかっていましたよ。

 

作中で黒猫は男の嫌悪感を煽り、妻を誤って殺させるほどの悪意を持った不吉の象徴として最後まで男の邪魔をします。思えば夫婦生活というものは上手く行くようでいてその実、一匹の猫に振り回されるような不安定なものなのでしょう。では陣内・藤原夫婦にとっての黒猫はいったいなんだったのか。そこは言わないでおきましょう。

 

しかし殺人に比べると陣内夫婦が決めた離婚はまさに英断と言えますね。両者の言い分が気になるところですが、我々は口を挟まず、黙って今後の二人の進展を見守っていきましょう。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
世にも奇妙な物語が流行った頃の思い出
犬彦うがや
アウターゾーンはジャンプの中で異色のマンガだったと思います。
あまりジャンプぽくなくって、どちらかというとマガジンで扱われそうなネタと物語展開でした。
ジャンプの中で類似作品が思い浮かびません。
少年誌的なお色気が控え目だった点で、初期の地獄先生ぬ~べ~とも一線を画していました。
(ぬ~べ~と比べたら…)
ぬらりひょんの孫は妖怪バトルであって、都市伝説うんぬんの話ではありませんし。
むしろ、マガジンのMMRやMAYAに近しいものを感じます。

「浮世離れ」していることに自覚的なオタクは、自分の常識について懐疑的なものです。
そして自覚的であるか故、漠然とした不安を併せて持っています。
ええ、わかります。
たまに忘れちゃうけどね。

ちなみに私がニコニコを見始めたのはつい最近ですよ。
プレミア登録したのは先週の金曜日です。

WBCといえばボクシング。
ワールドカップっと言えば、ドバイワールドカップだし、BCといえばブリーダーズカップ。
日本代表はウオッカ。
競馬ヲタの常識なんてこんなもん。
初見の格ゲーで「リュウ・ケンはどこ?」と捜してしまうのは常識のうちでしょうか。
これだって普通は通じないと思ってた方が無難ですよね。
なぜに離婚??
しゃおりん URL
日本のテレビが基本的に見られないので、陣内智則と藤原紀香の離婚は文字情報でしか知りません。
が、二宮氏が語る離婚の真相はやけに?リアルで不気味……。
ポーの『黒猫』をベースにして、夫婦の不和を推理小説仕立てで空想すると、なにやら不吉なモノの影が……。ギャ――ーッ!!!

でも、どうしちゃったんでしょうね?
“芸能界生き残り術”よろしく、単なる話題作りのための偽装結婚だったんでしょうか??

>犬彦うがや様
>ちなみに私がニコニコを見始めたのはつい最近ですよ。

そうなんですか。
ここらへん、何が常識で何が非常識なのか??
(いいたかないけど)世代とか、男女の差とか、好み、志向するところによっても違うのかもしれませんねえ。。。
難しいです……。^^;
そういえば
犬彦うがや
阿井さんは定額給付金を申請できるのかな?
無題
阿井 URL
犬彦うがやさん

あの頃ボクはまだ10歳ぐらいでしたが、アウターゾーン的な漫画ってあれ以降ジャンプで見かけませんね。今考えたらチャンピオンの高橋葉介ポジションのような気がします。

『南国アイスホッケー部』で「お前の常識は世間の非常識」というネタを見て以来、他者との認識の差を過度に気にするようになってしまいまして・・・・普通ってなんなんでしょうかね。

給付金の話ですが、うちが発行を始めるのはGW明けになります。そのときボクがどこにいるのかわかりませんが、親が取っちゃうんじゃないでしょうか。
無題
阿井 URL
しゃおりんさん

ボクもテレビは観てません。今日陣内氏の会見があったそうですが、正直興味はないですねぇ。
しかし離婚の原因が陣内の浮気ではなく藤原紀香の黒い人間関係だったという噂も流れているので、これは実話ナックルズあたりが黙っちゃいませんよ。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆