忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 特にホットでも最新でもないライトノベル関係のニュースの紹介をば。
 
 2013年5月10日の台湾のニュースから

 買った小説に「122箇所の翻訳のミスがある」
 -男は日本語能力を問われると驚きのあまり無言になり起訴された-

 hentai.jpg
 
 http://www.ettoday.net/news/20130510/205130.htm
 台湾のニュースサイトに飛びます
 
 http://www.cccnews.com.cn/2013/0510/29025.shtml
 中国大陸のアニメニュースサイトに飛びます
 
 ニュースの内容はこうです。
 
 台湾の呉という男性(当時22歳)が2012年に翻訳版『変態王子と笑わない猫。』(中国語タイトル:変態王子與不笑猫)の2巻を購入して読んだところ、翻訳上のミスを数多く発見し、『流鳴別館』http://blog.liouming.net/)というウェブサイトで『尖端(数多くの日本のライトノベル、ミステリなどを翻訳出版している台湾の出版社)の翻訳もおかしくなったな』、『家に帰って自分で翻訳した方がマシ』、『グーグルで翻訳したのか』、『俺が先生になってやろうか』、『この本はクソだ』等と散々こき下ろした。
 

 そのコメントを見た本巻の訳者の黄彦彰が怒り、呉を告訴した。法廷で呉は「翻訳には122個の誤りがある」と言い、また自分は日本語を5年間勉強し、日常的な読み書きの能力には問題ない。翻訳の質が悪いと思い、読書の邪魔をされたから自分の意見を発表したのだと主張した。
 

 しかし検察がその小説の日本語の原書を持ち出し、呉に朗読と翻訳をお願いしたところ呉は驚きのあまり押し黙ってしまった。そのため検察は呉には翻訳の正否が判断できるほどの日本語能力はなく、翻訳の内容に不満を持ち妄言を垂れ流した名誉毀損の罪を加えて起訴をした。

PR
 9ed681a0.jpeg

 中国のアマゾンでライトノベルの翻訳版を探していたら関連商品にビブリア古書堂の中国語版(タイトル:古書堂事件手帖が出てきて、その発行元が湖南美術出版社だったことにちょっと驚きました。
 
 湖南美術出版社とは美術関係の書籍を扱う出版社なのですが、角川出版社の中国支社『天聞角川』が輸入するライトノベルや漫画などを出版しています。もともと中国で『涼宮ハルヒシリーズ』を出版していた上海訳文出版社から権利を買い取って4年ぶりの新作となった『涼宮ハルヒの驚愕』を出版したり、『天漫』という現地のライトノベル/漫画雑誌も発行するなど、中国内外の作品を精力的に送り出しています
 

 角川文庫以外に角川グループが関係するレーベルのライトノベル、例えば電撃文庫『とある魔術の禁書目録』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』など)やファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』など)などのライトノベルも発行していますので、メディアワークス文庫の『ビブリア古書堂』が湖南美術出版社から出るのは当然です。だけど、日本だとレーベルが違うから住み分けができているように見えるのに、こっちだと一律湖南美術出版社から出るので節操がないなぁと思ってしまいます。
 

 もちろん角川関係のライトノベル全てが湖南美術出版社から出ているわけではありません。例えばファミ通文庫『文学少女シリーズ』は人民文学出版社から出ていますから完全には網羅しきれていないのですが、今後他の出版社に頼むことはないと思います。
 

 他のレーベルはと言うと、GA文庫『織田信奈の野望』を安徽少年児童出版社から、『這いよれ!ニャル子さん』を測絵出版社からと分けて発行していますし、ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』が近日安徽少年児童出版社から出るようです。また、先日紹介した『僕の妹は漢字が読める』などの出版レーベルであるHJ文庫は吉林美術出版社を主な出版元に選んだようです。
 

 湖南美術出版社などが参入する以前からライトノベルは現地の出版社から出されていましたが、今後は1つのレーベルが出版社1社のみと契約するか、あらゆるレーベルのライトノベルが少数の出版社を選んで独占状態になり、本の規格なども統一されるんじゃないでしょうか。
 台湾では現地に出版社を置く角川を除くどんなレーベルのライトノベルも尖瑞出版社青林出版社からほとんど出版されているみたいだし。
 

 『きらりん!おぱんちゅおそらいろ』
『閃閃亮!小褲褲天藍色』にするとまだ耐えられる。

 CIMG0652.JPG
 
 王府井書店で『僕の妹は漢字が読める』1巻の中国語版を見つけました。中国語簡体字版のタイトルは『我的妹妹会認漢字』。単純な装幀のせいで家に帰ってネットで確かめるまで海賊版かもという危惧が消えなかった。

 紙質もなんだか粗いし、1ページずつめくれないし正規版にしては作りが雑だ。海外小説では翻訳の上手い下手よりも表紙の絵がダサいとかダサくないとか外見が先に評価され、あまりにガッカリな出来だと冗談半分に海賊版が疑われるが、本作もそれにあてはまる。本当にめくりづらいったらありゃしない。
 

 日本でこの小説が出たときはレビューサイトとかで話題になってたし、けっこう気にはなっていて日本に帰った時買っておこうと思ってたんですが、結局買えず仕舞いでまさか中国語版を先に読むことになるとは思いませんでした。

 ただ原作を読んでいないとは言え一応ネットとかで作品の知識だけは仕入れていたから、ひらがなしか読めないキャラと漢字も読めるキャラの書き分けを中国語でどう表すのかとか、作中作があるようだしひらがなの小説をどう翻訳するのかとか、期待が膨らみましたね。
 
  CIMG0653.JPG
 
 そしたらオール漢字でやんの。
 
 

 中国のAmazonで『推理小説』の関連商品を辿って行ったらこんな本まで購入してしまった。

 bzhentan1.jpg
 
 B+偵探団
 
 中身はまだ読んでいないので断言できないが、表紙の時点でだいたい察しがつく。多分BL小説だ。
 登場人物は男しかいないし、挿絵はこんなんだから間違いはない。タイトルの『B』に付いている『♂』マークは一体何を意味しているんだ。
 
 ライトノベルだからさっさと読んでしまいたいのだが、この表紙のせいで地下鉄なんかでうっかり開けずなかなか読み出せない。中国発のBLミステリライトノベルなんて予告トリプルプレーのようなおっかなさしかないが、発行元があの天聞角川なので若干の期待はしている。
 
 
 もう一冊Amazonでヒットしたのがこの本。

 mengzhenta.jpg
 
 萌偵探紀事
 
 萌え探偵の事件簿とでも訳そうか。ライトノベルと言うよりジュニア小説、しかも女の子向けっぽい表紙に抵抗感をB+偵探団以上に覚えたので未だに手が出せないでいる。しかしあらすじを見るとB+偵探団よりよっぽど推理小説っぽい舞台設定を組んでいるようなので買っておいて損はないかもしれない。
 
 tuilibiji31.jpg

 一時期『推理』や『偵探』と名のつく小説を買い漁っていたときがあり、書店の少年少女向けコーナーで見つけたのが本書だ。

 タイトルは『推理筆記』(何故かMystery NoteじゃなくInference Noteという英訳がついている)、シリーズものでこれが3作目のようだが問題なのは副題だ。『死神筆記重現』(デスノート再び)とある。
 

 『DEATH NOTE』の中国語の正式な訳名は『死亡筆記』だが、『死神筆記』でも通じることは通じるらしい。ではこの小説はあの日本の有名漫画『DEATH NOTE』と何か関係があるのだろうか。 


 前作を読んでいないので一連のストーリーはわからないが、米kaka(kaは上下という漢字を縦に繋げたような字)という男子高校生と夏早安という女子高生がこのシリーズの主役のようだ。
 
 この2人のうち探偵役は夏早安だ。とは言うものの彼女自身には何の能力もなく、うざくて馬鹿な女子高生に過ぎない。しかし彼女の体には『愛廸生』(エジソン)という名探偵の人格というか魂が宿っており、難事件に遭遇する度に『彼』が現れて犯人を追い詰めるのである。
 
 『推理筆記3 死神筆記重現』は全身黒尽くめでリンゴが好物の自称死神リュークが一般人にデスノートを渡して第二、第三のキラを作り、中国社会を混乱に陥れるというパロディにも程があるストーリーだ。自称死神リュークによってキラの相手である探偵Lの役割を任された夏早安は警察の協力を得て、米kakaと共に殺人事件を防ごうと奔走する。
 


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆