忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 2015年から作品募集の通知が出されたまま音沙汰がなかった『第6回全国偵探推理小説大賽』が1111日になって突然、北京偵探推理文芸協会による授賞式及び座談会が開かれました。

 

[6回偵探推探推理小説大賽受賞座談会が北京で行われる]

 


 2011
9月に開催された第5回授賞式から4年以上の間が空いているため受賞作品の出版年月時期がかなりまちまちです。今年の受賞作品を見てみると一等賞が3作品、二等賞が6作品、三等賞が12作品もあり更に優秀賞が16作品もあります。

  

引用元:『第六届全国偵探推理小説大賽獲賞名単


 今回は長編と短編の区別がないようです。
 一等賞の『贖罪無門』(呂錚)、『藍月児之死』(李双其)、『心理之罪第七個読者』(雷米)はいずれも読んだことありません。

 私が読んだことあるのは三等賞の『五次方謀殺』(軒弦)、優秀賞の『苹果偵探社之詭秘案件』(馮霞(昔は時間))、『我的名字叫黒』(王稼駿)、『大唐狄公案』(遠寧)ぐらいですね。



 座談会の内容全文はまだどこにもアップされていないようですが、上記URLの書き込みの中に非常に興味深いことが書かれているので抜粋して翻訳してみましょう。

(注:ブログ公開後、今回の二等賞受賞者・秦廷敬氏から詳しい座談会の様子が書かれた記事を提供してもらいました。http://www.cpls.org.cn/wxdt/2016-11-18/5696.html



 座談会では公安を題材にした小説と探偵推理小説の違いについて触れた。両者はどちらも事件が関係しているが前者は「事件が人物に従う(人物第一主義?)」方式であり、公安関係者の仕事ぶり、生活、感情の描写が重視されていて関わっている事件は単なる背景に過ぎない。後者は「人物が事件の発展に従って発展していく(事件第一主義?)」方式であり、焦点となるのは分析、推理、謎解きと徐々に紐解いていく過程である。大衆文学として中国の偵探推理小説はゆっくりと西洋作品の影響を受けていき、中国独特の優秀な作品が現れたが、広い範囲へ影響を与え、ひいては世界的に有名になる作品はまだ不足している。



 一等賞の3作品の作者はいずれも公安関係者です。だから作品もきっと彼らの経験を活かした公安を舞台にした内容になっているのでしょう。上記の文章を踏まえて今回の受賞作品の一覧を見てみるとこの賞はトリックよりも公安や犯人の心理描写やリアリズムを重視しているようです。要するに、警察に代わって探偵が事件を解決するような作品はきっと一等賞には選ばれないのです。
   

 この賞の目標の行き着く先が他国の影響をはねつけて中国独自の特色を突出させた唯一無二の作品を生み出すことなのか、それとも日本の本格ミステリなんかと上手く交わって大衆受けするミステリを生み出すことなのか。上記文章を見ると彼らは決して『歳月・推理』に載っている作品や一般的な日本ミステリを求めていない気がします。だからもしかしたら今後『全国偵探推理小説大賽』はミステリ関係の賞と言えなくなるときが来るかもしれません。




 一覧を見ると最佳訳作賞(最優秀翻訳作品賞)に西村京太郎の『終点站謀殺案』(終着駅殺人事件)が選ばれているのが興味深いです。2013年に出た中国語版が受賞していますが、本来この作品は1981年の第34回日本推理作家協会賞長編部門受賞作なので何故今になって翻訳本が出たんだ?と不思議に思ってしまいます。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆