忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 ※この記事は27日の早朝に一度アップしたものの、ブログの背景が何故か真っ白になって読みづらかったので削除したものを加筆修正して再アップしたものです。

アップから削除までの短い時間にKINBRICKS NOWの新着トピックに登録されてしましまして、あちらからわざわざ来られた方にご迷惑をおかけしました。



 
中国No.1ジャパニーズフードチェーン店・味千ラーメンが窮地に立たされているみたいですね。

 「濃縮還元スープ、栄養表記虚偽」味千ラーメンに批判集中

 

 

 【中国】日本式ラーメンが人気だが、濃縮スープを使っている。これではインスタントラーメンと同じだ-中国メディアが批判

 

 

 味千拉面汤底系国产浓缩液勾兑 网友举报添加剂超标

 

 

味千ラーメンといえばボクにとって、中国人に日本のラーメンとはトンコツラーメンしかないという強烈なイメージを受け付けた罪深いチェーン店。という認識があります。

 

このニュースをボクが知ったのは724日のこと。2chのまとめサイトの新着トピックスに上記のタイトルが書かれていたのですが、リンク先のサイトのドメインがfc2ブログだったのでクリックしてもアクセス不可の画面を見るだけだとわかっていたので特に気にしませんでした。それに当日はこれとは比べものにならない大事故が起きていましたし。

 

 

しかし翌25日に百度のニュースサイトを開いてみますと、検索ワード上位に『味千 骨湯』などと書いてあります。そしてニュースを読むとけっこう大きなニュースに発展しているじゃありませんか。

 

今更ながら事件の概要を説明しますとこんなところです。

 


味千ラーメンはこれまでラーメン1杯分360mlのスープに、牛乳の4倍に当たる1,600mgものカルシウムが入っていると宣伝していました。

しかし味千ラーメンで働いていたというネットユーザーが、味千のトンコツスープは工場で煮込んだトンコツから作られた濃縮還元液と粉末調味料によって作られていると暴露。

そしてその後の調査によって、トンコツスープの素とも言える濃縮還元液には360g中に1,600mgのカルシウムが含まれていることは間違いないのですが、客に提供するために希釈したラーメンにはカルシウムがたった48mgしか入っていないことまでバレてしまいました。


 

実はボクも味千ラーメンの店先で『1,600mgのカルシウム云々』と書かれて白濁としたスープの写真が掲載されたポスターを見たことがあります。しかし恥ずかしながらそれを見ても、その数値に素直に感心するだけで疑問を抱くことはありませんでした。

 

それよりも看板に書かれた『ヘルシーフード』という言葉に目を惹かれてしまいます。

 

なんでラーメンみたいな食い物が健康食なのでしょうか。

 

味千は以前から『トンコツスープは美容食』といった宣伝を打ち、メニューにも『健康』という言葉を押し出していました。

カロリーが高くて塩分が濃く、全然トンコツらしさを感じさせないスープがどうしてヘルシーなのか。いくら考えても答えは出ません。

 

そしてもう一つの問題が食品添加物。味千ラーメンのトンコツスープの素に入っていた食品添加物の分量が国家の定めた基準値を超えていたということが判明しました。

 食品中可能违法添加的非食用物质和易滥用的食品添加剂名单


20114月、中国の衛生部などは食品に違法添加物を使用した食品工場やレストランなどを厳格に取り締まるために使用禁止添加物の一覧表を発表しました。

このおかげでレストランはメニューに「うちは違法な添加物を一切使っていません」という文言を入れたり、店内に違法添加物の一覧表を貼ったり、全従業員の身分証のコピーを掲示したりして政府からの命令を守るとともに、客からの信頼を得ようとしています。

 

幸いながら味千で使用されていた添加物自体には毒はないそうです。

 


 今回の一件で味千ラーメンは自社の株をリアルに下げることになりました。


 味千承认汤底由浓缩液兑制 股价暴跌

 

この騒動の背景には日系企業への信頼があったあったのではないでしょうか。とある記者は記事の中でこうつぶやいています。

 

さすがに日本のチェーン店なんだから悪巧みなんかあるはずがないって勝手に思っていた。

 雷志华:味千熬制的是商业机密还是商业欺诈

 

 

今回の反応の大きさが日系企業の期待の裏返しだとしたら、嬉しくもありまた悲しくもあります。しかしカルシウムの数値を誤魔化していたのは確かに問題ではあるものの、濃縮還元液を使用していたことが果たして『悪巧み』(原文では搗鬼)になるのでしょうか。

 

濃縮還元液を使っていようがきっちりトンコツを煮ているんだから、そこまで怒ることはないと思うんですけどね。

 

 

このニュースを読んで真っ先に思い出したことがあります。

 

以前友人と過橋米線(煮えたぎったスープが入ったお椀に、肉や魚の切り身や米でできた麺を投入する。テーブルで調理するメニュー)の店に行ったときのことです。適当にメニューを頼み終えたあと友人は店員に「調味料は別でね、自分で入れるから」と妙なことを言いました。

そして持ってこられたお椀に入っていたのは上品という言葉でも形容できないほど極薄のチキンスープでした。器の横には喫茶店でコーヒーに入れる砂糖のような袋が添えてあります。

この袋こそさっき友人が店員に言った『調味料』、すなわち過橋米線スープの素でした。

確かに過橋米線のスープは美味しいことは美味しいのですが、飲むには不適切なぐらいしょっぱくてノドがイガイガするんです。

しかしスープにその調味料を袋の半分ほど入れたら、日本人の口に合う、何ともいい塩梅の薄味チキンスープが仕上がりました。

 

 

だからチェーン店では味を一定の水準に保つためにある程度の材料をレトルトで工面することは仕方のないことだとは思うのですが。

それに、味千ラーメンの社長が以前のインタビューでセントラルキッチンや麺は現地法人に任せてある、と日本のメディアにですが公言していますからね。別に隠していたわけじゃありません。

 熊本の小さな飲食店「味千ラーメン」は なぜ中国で一番有名な日本の外食チェーンになれたのか

 

 

先ほど挙げた記者の反応を見てみると、中国人の怒りの対象は数値の偽証などではなく、濃縮還元液を使用していたことにあるようです。この記者は15の蘭州ラーメンを引き合いに出し、味千ラーメンは貴族の食い物だと言い切っています。

確かに最低でも120元はする味千ラーメンは、量も少ないですし麺料理としては高価なのかもしれません。

つまり彼は、20元(メニューによっては30元以上)もする貴族のラーメンがまさか濃縮還元液と粉末調味料で作られていた紛い物だったなんて!と憤慨しているんでしょうね。

 

けれども、例えば日本から北京に店を出した『まるきんラーメン』北京支店や横浜家系ラーメンの『無敵家』のラーメン1杯の最低価格は30数元です。

知る人に言わせれば「日本の味とはちょっと違う」らしいのですが、2店舗とも味千ラーメンとは比べものにならないほど美味しいです。特に、箸を上げるとドロドロとした乳白色のトンコツスープがストレート麺に絡みついて生まれる重量感は、嬉しいの一言に尽きる。

これなら30元でもしょうがないと納得出来ます。

 

だから味千ラーメンを下位に置き、日系ラーメン屋を至上とする在中日本人には、濃縮還元液に「騙された」と憤る中国人の気持ちは理解出来ないでしょう。

 

 

味千ラーメンの報道は未だに続いています。

 

KINBRICKS NOWでは朝日新聞が翻訳した強烈な内容の記事を取り上げていますが、中国のあるニュースでは記者が市場でトンコツスープの素を買ったという記事が載っています。

 味千拉面“营养面汤”出自浓缩液

 

豚肉が高騰しているからこれを買うほうが便利だし安く済む。という店主の言葉に、容器のラベルに書かれた『直接食べないでください』という注意書きを見て肝を冷やした、と記者の感想を入れて、最もらしいことを書いています。

だけどこれを味千ラーメンが使ったなんて証拠はありません。記者自身それについては言及していませんが、この書き方だとまるで関係があるように見えます。

 

 

濃縮還元液は絶対に許さない。と叫び、味千ラーメンを責めるのは勝手です。

しかし、だったらそれと同時進行で味千ラーメンの人気に便乗して中国人が作ったとしか思えない長野ラーメンや富岡ラーメン、福井ラーメン(潰れたけど)などのコピーラーメン屋にもメスを入れて欲しいです。

 

そして最後にこの記事について

 「濃縮還元スープ、栄養表記虚偽」味千ラーメンに批判集中

 

インスタントラーメンと変わらないではないか?というお怒りですが、いったい中国に味千ラーメンクラスのインスタントラーメンがあるのか甚だ疑問です。いくらあんまり美味しくない味千ラーメンでも、中国のインスタントラーメンと比べられるのは心外でしょう。

 

 

というよりこの濃縮還元液及び粉末調味料の問題って行き着く先は中国のラーメン食品企業になるのでは?

 

第一、5元の蘭州ラーメンを疑い無く食べられるんなら、味千ラーメンの材料がなんであろうと別段気にすることじゃないと思うのですがね。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
( ^-^)_旦""
過去、共産党にとって不都合な事が起きるたびに「反日」でガス抜きしていた中国

今回は高速列車の追突事故から目を逸らしたいよね・・・
無題
阿井 URL
( ^-^)_旦""さん

コメントありがとうございます。

そういう思惑が果たしてあるのでしょうか。ボクは、列車事故の報道が規制されているので、好き放題書けるし食品関係の事件ということで読者の注目を引けるという理由から味千バッシングが過熱していると思います。


まぁ味千ラーメンがニセモノ云々抜かすんなら、他に中国人が大好きなマックやケンタも「ホンモノ」じゃないと騒げば良いんです。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆