忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

SCAVENGER 老馬/左手韓

 

中国ではどこでも見かけるゴミ拾い(SCAVENGER)を相手に、一般高校生が差別や偏見を取り払って一人の人間として対峙する社会派漫画。

 

  本作は第十回日本国際漫画賞銀賞および中日漫画「悟空杯」グランプリに輝いた大作であり、おそらく今後なんらかの形で日本語訳が出版されることになるでしょう。だからネタバレは避けます。

 

 


 

 

眼鏡をかけた男性(教師)に「この成績じゃ『老馬』みたいになっちまうぞ」と注意を受けたジャージ姿の少年が本作の主人公・韓巍。

 

老馬とは韓巍の学校を中心にした地域一帯のゴミ箱を漁り、ペットボトルの空き瓶や空き缶など回収し、それをお金に替えている女性で、学校の教師や生徒たちから「老馬(馬オバサン)」の名前で親しまれているが、決して年長者として敬われてはおらず、むしろ見下されている。

 

 

もう20年間ゴミ漁りをしている老馬には夢があった。それは北京の天安門広場に行って、そこで国歌を歌うことである。だがそれは学生たちにとって世迷い言にしか聞こえなかった。

 

 

ある日、韓巍は先生に注意されて机の中のゴミをまとめてゴミ箱に捨てたが、その中にあった祖母の薬の処方箋まで捨てたことに気が付いた。老馬より早くゴミ捨て場に行かなくては、彼女にゴミを荒らされて処方箋がますます見つけづらくなる。

 

だが、老馬は処方箋を見つけても無視せず、なくした人間がきっと困っているだろうと、学校の警備員や教師の制止を振り切り、生徒たちに気持ち悪がられるのを一向に気にせずに持ち主を探していた。

 

 

韓巍は老馬にお礼のお金(学生にとっては決して少なくないお金。おそらく財布にあった全財産)を上げようとするが断られる。

 

 

韓巍は「老馬」を呼び止め、「受け取ってよ」とお金を渡すも「私の仕事はもともと汚いけど、アンタからお金を受け取っちまったらもっと汚くなるよ」と言い、絶対にお礼を受け取ろうとはしない。

 

 

そこで韓巍は次に開けていないペットボトルを彼女に上げて、彼女に飲んでもらおうとする。しかし老馬が今度は校内までやってきて「ペットボトルはもらうが、水代は受け取れない」と言い、クシャクシャの1元札を韓巍に渡す。

 

 

決してブレない老馬の態度に教師や学生は彼女の見方を改めていくが、そんな中、彼女の地盤を狙う別の同業者によって彼女が怪我を負う。代わりにやってきたゴミ拾いによって学校のゴミ箱が汚く荒らされるようになり、韓巍たちは姿を見せなくなった老馬を心配する。

 


 

 

老馬はゴミ漁りという決して他人には自慢できない仕事をしていますが、自分の仕事にプライドを持っており、ゴミ以外はもらわないというポリシーがあります。漫画の中では韓巍に処方箋を渡していましたが、例えばゴミの中から大量のお金を見つけたとしても、彼女はそれを警察に届けるでしょうし、住所がわかれば持ち主まで自分で届けに行くでしょう。彼女は乞食でもホームレスでもなく、他の職業に就く人々と同様に「ゴミ拾い」という仕事を全うしているだけで、ゴミを漁り終えれば、ゴミをちゃんと分別して周囲を綺麗に片付けます。

 

実際、ゴミ拾いは老人がアルバイト感覚であまり抵抗なくできる仕事のようで、私は以前マンション付近にある果物屋のおじさんがペットボトル拾いをしていた姿を見たことがあります。

 

ですので、学校のように大きな収入を見込める地盤は争奪の対象になりますし、また彼らがいなければゴミが分別されることないまま捨てられてしまうことになり、ますますゴミが溢れることになります。

ゴミ拾いの話は北村豊さんの「キタムラレポート」に詳しく載っているのでそれを御覧ください。

 中国のくず拾い、600万人の夢と現実

 

 

本書は左手韓がサイン会を開いた時に余ったサイン本なのですが、120ページ程度の漫画に50元(800円ぐらい)という価格はサイン本ということを考慮してもまだ高いと思い、買うのをためらいました。しかし結局購入してしまったのは老馬らの迫力に押されたためです。

 

『ハッピーピープル』や『勇午』や『ろくでなしBLUES』のような写実的な画風は迫力ありすぎてちょっと不気味ですが、キャラクターのいろんな表情を描きたいという作者の気持ちが伝わってきます。

 

 

 

(チンピラの表情の三変化。3コマもいらんやろ)

 

 

おそらく作者はストーリーの中でキャラクターの顔をできるだけ多く変化させることに深くこだわっています。もちろんストーリーも面白いです。100ページ程度の作品で、敬遠されていた老馬が徐々に韓巍ら学校の仲間になるという少年漫画的な展開は、こうして書いてみると陳腐に見えるのですが、この絵柄がそれを言う隙を与えません。

 

 

 

私が留学していた大学の寮にはゴミ拾いのお爺さんがいました。毎日、大きな袋を持って寮の前に座り、留学生からペットボトルをもらうと必ず「謝謝」と返事する愛嬌のある老人でした。私も他の留学生と同様にこの老人に飲み終わったペットボトル(主にミネラルウォーター)を渡していたわけですが、毎日一本ずつ渡すのも億劫だし、また大量に上げたほうがお爺さんも喜ぶだろうと思い、ゴミ袋いっぱいにつめたものを渡していました。しかしある日、自分にとってゴミでしかないペットボトルをまるでエサを上げるかのようにお爺さんに渡すのは果たして良いことなのか、と考えてしまい、それからは気まずさを感じながら渡していました。

 

この本はそんな私に対して数年越しに一つの答えをくれましたね。賤業だがそのことをあまり気にしていない当人に対して一体どういう風に対応すべきか。結局のところ、相手が喜ぶことをすればいいんです。

  

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆