忍者ブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/01 小桜]
[08/06 張舟]
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

福爾摩斯症候群(ホームズ症候群

(フランス語タイトル:Le Mystere Sherlock)著者:J.M.Erre

 

 

仕事が一段落付いたので久々のブログ更新。

でも紹介するのは中国ミステリではなくフランスのミステリ小説で、その中国語版を読んだ感想だ。 

本書は中国で2017年に発売されたが、オリジナルのフランス語版は2012年に出版されている。日本ではまだ未翻訳のようだ。

ちなみに作者は今年8月の上海ブックフェアにゲストとして参加している。

 

 


スイスの山奥にあるベイカー街ペンションが雪で外界と隔絶された。その4日後、ペンションから警察に助けを求める電話がかかってきたが、駆けつけた警察が現場で見たものは宿泊客11人全員の死体。電話をかけた者もたった今死んでしまい、ここで何が起きたのか説明できる者はいない。そこに音もなく現れたのは名探偵・レスタード。フィリッポ刑事はレスタードと共にペンションに残された日記を調べる。そこには密室と化したペンションでホームズマニアたちが次々に殺されていく様子が記されていた。

 

ペンションに集まったのは全員、シャーロック・ホームズが実在したと信じるぐらい生粋(重度?)のシャーロキアンばかり。彼らは世界で唯一ホームズ学を講義できる教授の席をめぐり、ペンション内で誰が一番のシャーロキアンなのかを競い合うことに。コナン・ドイルの未発表原稿を持って来る者、アルセーヌ・ルパンがホームズの子孫だったと言い張る者、ホームズが実在していたという証拠を提出する者、果ては自分がホームズの子孫だと名乗る者も現れて各々がシャーロキアンぶりを披露する。しかし大雪で封鎖され密室となった館には殺人鬼がおり、彼らは一人ずつ殺されていく。

 


 

 

先制パンチがうまい。

登場人物の一人グレッグはペンションへ行く道中、タクシーの運転手の外見を見てホームズよろしく推理を披露する。しかしそれがてんで外れたどころか、運転手からお前みたいなホームズ気取りを今日は何人も乗せたとさえ言われる。

 

ホームズらしく振る舞っていたところに思わぬカウンターを食らって赤っ恥をかく彼と他の参加者の醜態を見ると、彼らがアマチュア探偵以下のいちファンに過ぎないということがわかり、これから雪の山荘に閉じ込められるというミステリでは鉄板の展開が待ち構えているというのに先行きが不安になる。

 

 

彼らシャーロキアンは何者かに次々と殺されていくわけだが、本作に登場する殺人方法はどれも別に凝ったトリックは使われない。それどころか他の生存者たちがそれを殺人だと疑わない事件すらある。なぜならペンション内にいる全員にアリバイがあるわけだから、殺人の可能性を考えずに事故か何かという結論を出すのだ。

 

本作の肝はまさにここで、ホームズ脳の彼らはみな「密室内に自分たち以外の人間がいるはずがない」と思い込んでいる。さらに警察も密室内で全員死亡となれば、そこから先に思考を進めることがない。

 

事件の当事者がいない以上、眼前に出された証拠がそれで全てであるのかどうかわからず、そしてそれら全てが真実かどうか判断できない。その現場で一体誰が主導権を握るのかと言えば、それは探偵だ。本書は探偵が事件現場で持つ発言権の大きさと、探偵への信頼が盲目的な性善説に基づくということをブラックユーモア溢れる筆致で描いている。

 

結局のところペンションに集まった彼らはホームズマニアというだけで、まともな推理などできず、極限状態に追い詰められた彼らはアガサ・クリスティを読んでいる者を魔女裁判のように槍玉に挙げたり、自分たちの現状がまるで某古典有名ミステリそっくりだと真相がわかった気になったり、ついに怪しい人物を拷問にかけて犯行を自白させようとする。そして死人が出ていると言うのに相変わらずホームズ談義を繰り広げるのだ。
 あまりにもバカバカしく、そしてミステリマニアをコケにするような内容だが、肝心のトリックは犯行が作中のカメラワークが及ばないところで行われているとは言えアンフェアではない。登場人物たちは実現不可能な犯罪が実際に起こっているのだから考え方を変える必要があったのだ。

 

 

本書にはコナン・ドイルの未発表作などが出てくるがそれは存在しか明らかにされず、作品の中で作中作の形で登場することはない。テーマに合っているのだから、コナン・ドイルの未発表の中身という創作物を書いてページを埋めることもできるし、ホームズの子孫とされている人物の過去をでっち上げるだけで一章まるごと水増しすることも可能だろう。

 

昨今の水増し中国ミステリを読んだ身からすると「もったいない」ポイントが目立つ。だがそれらを余分な物として削ぎ落とし、中国語版でたった250ページ以下に抑え、結末にのみ焦点を絞っている。

 

とにかく、長編小説の中に登場人物が考えた短編小説を挿入してページ数を増やす真似をする作家は見習って欲しい。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆