忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 yitigan.jpg

 先週(9月14日~18日)あたりの中国の雰囲気をAA(アスキーアート)で例えるならこんな感じかな。
 
 
 さて、山場の9月18日を超えた北京では日本料理屋から国旗やポスターが剥がされ、街は普段通りの光景を取り戻しつつあります。いや、もともと北京にはデモの影響なんかなかったのかもしれません。しかし、今も尚外出先で日本語を使うことを躊躇ってしまうのは、やはり街中にはまだ緊張感が漂っているからでしょうか。
 

 反日デモなんて毎年行なわれている恒例行事なんですからそんなビクビクする必要はないんですけど、過去最大規模とか言われるとやっぱり萎縮してしまうのは事実なんですよ。日本料理屋が五星紅旗で覆い尽くされ、車や日本と何の関係もない一般店舗にまで『釣魚島是中国的』というポスターが貼られているのを見ると、せっかく根付いた北京からどんどん孤立させられていく気がしてならないんです。
 
 でも尻馬に乗るような形でどんな企業の広告にも『釣魚島是中国的』と書かれているのを見ると、中国にとって重要なメッセージが自国民のせいでキャッチコピーにまでランクダウンさせられて、結局は一過性のものだったんだなぁと感じざるを得ず、出遅れた企業を逆に心配する余裕すら持てます。
 
 きっと夏の暑さが残っている今のうちに、2008年の四川大地震の際に売れた『四川加油』(四川がんばれ)Tシャツのように今度は『釣魚島是中国的』Tシャツが飛ぶように売れて、年末(新暦)には『釣魚島是中国的』が中国の流行語大賞の1位を飾るっていうアングルが出来上がってるんでしょう。
 
 
 ピークが去って今回のデモを冷静に見れるようになって、何で今まで怯えていたんだろうと理由を考えますと、私はこの行事を楽しんでいる中国人を羨ましがっていたんだと気付きました。


 デモに積極的に参加するにせよ、遠巻きに眺めるにせよ中国人はこの行事に心を惹かれて、どんな形であれ自分も関係を持ちたいと願ったから、ポスターやステッカーが街のあちこちに貼られて国旗まで掲げられるようになったのではないでしょうか。
 
 冷静を装ってインターネットで理性的な愛国を呼びかけていた人は、結局は他人を使って自分ひいては国家の理想を成就したいだけで、その姿勢は中国人所有の日本車をぶっ壊している暴徒よりもタチが悪く見えます。
 
 そして私は立場的に絶対に加われないその運動を目の当たりにして、恐れと同時に微かな憧れを抱いてしまいました。
 日本料理屋に垂れ下がった中国の国旗を眺めたときに、まるで祭りが始まるような『ハレの日』の到来を感じずにはいられませんでした。
 
 だから私はその行列になんとか加わりたくて、マイクロブログ微博で『今から出かけるけど殴るなよ』っていうダチョウ倶楽部というかリツイート乞食みたいなことを呟いてアピールしました。しかしフォロワーはそんな私の妥協を見抜いていたのか、みな心配をかけてくれるだけです。散々日本人を叩いておいて、いざ個人の私自身を目の前にすると態度を急変させる彼らの楽しみに水を差してしまったみたいで、なんか悪いことをした気持ちにすらなりました。
 
 
 私に残された手はこのデモを冷ややかに笑うことだけでした。
 
 『柳条湖事件の9月18日を記念して918元セールなんてこの方が国辱ものだろ』とか『日本人お断りってどうやって日本人客を見分けるんだよ』など、決して声に出しませんがこうすることでデモに触れていると思い込もうとしました。しかし日本人である限り、デモに無関心な圧倒的多数の一般中国人よりも影響力が皆無です。
 
 結局のところ、日常生活中に見せられる消極的な愛国的行為を前にして何のアクションも取れなかったことが悔やまれてなりません。当事者だっていうのに置き去りにされてしまい、向こうが勝手に盛り上がっていただけの感が非常に強いです。
 
 
 さて3回続いて反日デモ関連の日記を書きましたが、そろそろミステリ関係の記事に戻りたいです。だけどどうも最近ハズレばっか引いてしまい、レビューする気になれません。そんな今気になっているのが推理小説家の河狸がマイクロブログでつぶやいていた、7年前に書いて未発表のままになっている排日的推理小説(本文では抵制日本的推理小説)です。
この作品をなんとか読めないものか。本人に『読ませろ!』って頼めば案外データをくれるかもしれないでしょうけど、どうもまだ具合が悪い。

 7年前ってことは2005年のデモに触発されたんだろうか。

 wiki:2005年の中国における反日活動

 本屋から日本の本が撤去されていると聞くし、ミステリ業界もしばらくは反日がブームになってしまうかもしれないなぁ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆