忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

1週間に自分の自由に出来る時間が2日もないってどういうことだろう。

 

このブログでは書くまいと思っていたが、書かなきゃいけないと進まないのでちょっと告白しようと思う。まぁ殆どの人には白々しく聞こえるかもしれないけど、実はボクはいま北京で働いている。とある日系企業に就職してからもう半年が過ぎた。

 

残業が多いし、土日すら仕事が食い込んでくるので以前のように自分の好きなことを出来なくなった。平日に遊びに行けるわけもなく、ようやくとれたフリーの休日すら友人との食事等でなくなってしまう。

まぁあんまり仕事仕事と言っていると愚痴愚痴と鬱屈したブログになりそうなんで、この話題はコレで切り上げてそろそろ本題に。

 

真っ当な日常生活を送るにあたり大切なのは仕事よりも友人。しかし海外で生活する以上交友関係には常に不安がつきものだ。

何故なら今のボクの友人は留学生仲間がほとんど。多数が日本の大学生である彼らがそのまま中国に残って就職するのは稀で、みな遅かれ早かれ帰国してしまう。いや、学生だけとは限らない。北京に2万人いると言われる日本人の大部分の人間はいつかは帰ってしまう。


だからなのか、北京には日本人コミュニティが多数存在している。東京会や北海道民会などの県人会から、フットサルクラブやヘビメタクラブなどの同好会まで100近いコミュニティがあるんじゃないだろうか。

 

ボクもいつ友人がいなくなるかわからない身。普段付き合っている学生以外の友人が欲しいと思い始めた頃(タンクトップすら着るのをためらうぐらい暑かった頃だ)、初めて参加したコミュがある。

それが北京ブロガーの会だ。名前を見れば内容はわかるだろう。北京でブログをやっている人たちが集まる会だ。しゃおりんさんのこのブログを見て会が開かれることを知り、向かった会場には確かに普段は会えない人たちがいた。

 

だけどボクはここで勘違いをしていた。ネットで募集していたからこその誤解だったが、ボクはこの集まりをいわゆるオフ会と思い込んでいたのだ。

 

北京でブログなんか始めたもんだから、これまでオフ会というものには行ったことがなかった。他のブログ主とは会ったことがある。しかしすしバーさんは同郷のよしみでボクを誘って下さったブログ主さんであり、しゃおりんさんはそもそもお互い素性は知っていたのでどちらもオフ会というか個人的な飲み会だ。

 

そんな勘違いをしたまま行った北京ブロガーの会で呆気にとられた。

なんとみんな名刺交換をしているのだ。そして自己紹介は自分のブログ名とハンドルネーム、そして本名と所属を公表した。

 

あれ?この会ってブログを通じて仲良くなる会のはずじゃ?それなのになんで会社名とか言う必要あるの?

 

妙な違和感を覚えながら会は進行し、ボクは別にブログのことを何も語れないまま終了。(この会自身ブログについてあまり重きを置いていなかった気がする)

 

また別の会。本好きが集まるコミュだった。

 

初っ端から名刺交換、そして本名と所属を公表。前者と同じである。本については後半三十分に語るのみで、前半は日常生活のことについて喋ってた。

 

北京の日本人コミュニティはだいたいこんな感じなのだろう。自己紹介のツールが名刺で、コミュの付き合いはリアルの延長戦だ。

 

北京の日本人社会で暮らしていく上で何が難しいかというと、あまりにも狭すぎるということだ。友達の友達が友達なんてケースがよくあるし、上司の知り合いなんかがゴロゴロいる。

 

コミュニティで楽しめるかどうかは、現実世界の付き合いを引き摺っても大丈夫かどうかだろう。もちろん利点はあるわけで、コミュで仲良くなっておいて仕事のきっかけにしたり、実生活で付き合ったりすることもできる。

 

だけど、リアルとリンクしてる集まりは気が落ち着かない。

 

仕事とは無関係の人間と付き合いたい者にとって、狭い日本人社会が形成するコミュニティには希望がない。自己紹介すれば最後、そこではもう他の人間(例えば阿井幸作)となっては楽しめないのだから。そればかりか○○所属の××として振る舞わなければいけないのだ。どこに気の休まるところがあるだろうか。

 

楽しみ方次第なんだろうが、ボクはやっぱり北京の日本人コミュニティが苦手だ。なぜ名刺を交換してまでリアルを引き摺るのか。匿名性の高い集まりに行きたい。

 

なので最近は自分でコミュを作ろうと思っている。誰の許可も要らないコミュニティ、作ろうが消そうが全て自分次第だ。

 

ボクと同じ心境の人が絶対いるはずだ。そういう人間しか集まらないコミュニティ……うわぁ(;´Д`)行きたくない

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
匿名同志ですな。
黒きオーラ URL
環境が変わられたんですね。お気持ちわかります。
私も、学生時代が懐かしい・・っ
私も、自由に使える時間は週に2日ないですよw
どうでもよいけど、盆や正月も休めませんよ・・。
本当は、毎日でも漫画の感想書きたいところなんですけどね。
生活を優先せざるを得ない。

ネットの付き合い方の話、匿名性の高い付き合いがしたいというのは、よく分かります。
匿名性に根ざした、現実とのしがらみのない同好の士が、気楽に語り合う事こそ、インターネットの醍醐味だと考えてますので。
・・なので、オフでの面識接点皆無な関係が、実は理想だと思っております。

私と阿井さんみたいな。
無題
しゃおりん URL
コメント遅くなりました。
貴エントリー上で度々ご紹介いただいて、恐縮します。ありがとうございます!

んで、私も週に2日なんて休めないですよーー。まあこれは単に私の処理能力の低さからくることは先刻承知なのですが。。。^^;

週に1日でいいから、仕事をしない日を設けたいものですよね。読書もしたいし、映画も見たい。散歩もしたいです。

ところで阿井さんが参加されたブロガー会、私は欠席した時でしたが、そんな風だったんですね。たしかにもっとブログのことを話したいかも。

>なので最近は自分でコミュを作ろうと思っている。誰の許可も要らないコミュニティ、作ろうが消そうが全て自分次第だ。

匿名の会、やりましょうよ。参加しますよ! でも何かの「つながり」がないと、話が続かないかもしれませんよねえ。。。
同志匿名
阿井 URL
黒きオーラさん

働くって本当に大変なんですね、ボクはそろそろへこたれそうですよ。ブログも小説も書けない今の自分と環境にちゃぶ台返ししたいぐらいです。

ボク自身、まだ匿名の付き合いをしたことがないので憧れてたんですよね。ネット環境がそのまま現実世界に持ち込まれたみたいな不思議な空気を味わってみたいんです。

余話になりますが、この前『黄蓉』さんという方にお会いしました。「彼女小説のヒロインなのよ」と言われて「何いってんだコイツ?」と思いましたが、パッと『射雕英雄伝』が思いつき、「あの金庸のか?」と言ったらまさにその通りでした。黒きオーラさんのおかげで会話にはずみがでました。
無題
阿井 URL
しゃおりんさん

会うたびに笑顔なのでとても余裕のある生活を送っているのだと思い込んでました。しゃおりんさんが何で毎日のようにブログ書けるのかは北京七不思議の一つですよ。

繋がりは大事ですけど、どこどこの誰々としか見られなくなるのがイヤなので。あとしゃおりんさんは顔が売れすぎているので匿名の会に参加できるかどうか・・・だけど名刺も出さず、本名で呼び合わないコミュが一つぐらいあっても良いんじゃないでしょうか
アニソン♪
しゃおりん URL
えっと、この場をお借りしまして、すみません。

阿井さん、今度のアニソン行かれますか?
南锣鼓巷のですね
阿井 URL
しゃおりんさん

行きたいんですけどね~ちょっと最近体調不良でわかりません。明日最終判断を出そうと思うんですけど、間に合うかな…しゃおりんさんは参加されますか?
北鑼鼓巷ですね^^
しゃおりん URL
えっと、正確には「北鑼鼓巷」から近いと書いてありました(通りの北側にあるから、ですね)。

私は最近ずっと引きこもりだったので、当日は楽しみにしています~♪♪♪

でも……きっと曲がよくわからないと思います。^^;

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆