忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 tuilibiji31.jpg

 一時期『推理』や『偵探』と名のつく小説を買い漁っていたときがあり、書店の少年少女向けコーナーで見つけたのが本書だ。

 タイトルは『推理筆記』(何故かMystery NoteじゃなくInference Noteという英訳がついている)、シリーズものでこれが3作目のようだが問題なのは副題だ。『死神筆記重現』(デスノート再び)とある。
 

 『DEATH NOTE』の中国語の正式な訳名は『死亡筆記』だが、『死神筆記』でも通じることは通じるらしい。ではこの小説はあの日本の有名漫画『DEATH NOTE』と何か関係があるのだろうか。 


 前作を読んでいないので一連のストーリーはわからないが、米kaka(kaは上下という漢字を縦に繋げたような字)という男子高校生と夏早安という女子高生がこのシリーズの主役のようだ。
 
 この2人のうち探偵役は夏早安だ。とは言うものの彼女自身には何の能力もなく、うざくて馬鹿な女子高生に過ぎない。しかし彼女の体には『愛廸生』(エジソン)という名探偵の人格というか魂が宿っており、難事件に遭遇する度に『彼』が現れて犯人を追い詰めるのである。
 
 『推理筆記3 死神筆記重現』は全身黒尽くめでリンゴが好物の自称死神リュークが一般人にデスノートを渡して第二、第三のキラを作り、中国社会を混乱に陥れるというパロディにも程があるストーリーだ。自称死神リュークによってキラの相手である探偵Lの役割を任された夏早安は警察の協力を得て、米kakaと共に殺人事件を防ごうと奔走する。
 


 オリジナルの『DEATH NOTE』はキラが事件の主導権を握っていたが、本作は自称死神リュークが犯罪をプロデュースしている。平凡な人間にキラになるように迫り、ライバル役のLすら自分で勝手に指名する自称死神リュークはオリジナルのリュークよりも積極的に事件に介入する。それはまるで小説の作者のような振る舞いである。
 

 本書は一応ミステリ小説なので、それらしい体裁を取るべくデスノートなどというとんでもない飛び道具を使った犯行はこの小説の重点ではない。デスノートを使ったとミスリードさせて実はトリックを駆使した普通の犯罪を探偵たちに解かせるのが肝なのだ。

 更に本書のデスノートはオリジナルのDEATH NOTEよりもルールが厳しい。例えば人を1人しか殺せない一次性(インスタント)dスノートもあり、読者に非現実的なデスノートの存在を疑わせる設定が加味されている。

 
 ちなみにこの世界では『DEATH NOTE』の知名度は日本を凌駕しているようで、L役に選ばれた夏早安にインタビューしようと彼女が通う高校に連日マスコミが詰めかけるほどだ。おそらく本家の漫画やアニメは中国では禁書扱いされているだろう。
 
 

 『知音・漫客』という中国では有名な漫画雑誌の姉妹誌である『漫客・小説絵』に連載されていただけあって、小説の内容はミステリ要素を含めて全体的に幼い。
漫客・知音の公式サイト:http://www.zymk.cn/


 流石に作中に本物の夜神月やLを出すことはなかったが、既存の有名漫画の設定やキャラクター名まで堂々と転用した本作には非常に大掛かりなSSぐらいの評価しか下すことができない。
 
 しかしこのシリーズは今年に4作目が出るようで一定の人気があると思われる。その最新作のタイトルはなんと『夜神月帰来』(夜神月の帰還)だ。実は推理筆記3では前作の1か2に登場したであろう他称夜神月が刑務所に収監されている。4でこの他称夜神月が探偵役として活躍するのか、キラとして主人公夏早安たちの敵になるのか気になるところだ。
 
 
 中国で『DEATH NOTE』が流行った際、死亡筆記と名の付いた模倣小説やノートまでが雨後の竹の子のように現れ、それら海賊版が取締の対象になる事態にまで発展した。
 J-CASTニュース2007年5月30日:
「デスノート」取り締まり 中国で起きている不可解事態
 
 東方書店・中国図書情報2007年6月:
『デスノート』取り締まりを強化
 
 本書も『DEATH NOTE』の類似品と当局から見做されて発禁処分にならなければいいが、そうさせないために本家の死亡筆記の名前を少し変えて死神筆記という副題にしているのだろうか。
 
 
 ブームから数年が経過しているし(推理筆記の1作目は2010年に出版されている)、当局は以前ほど『DEATH NOTE』を問題視してはいないだろう。もし目を付けられたとしても、これは『死亡筆記』じゃなく『推理筆記』で物語に登場するのは死神筆記だ、と釈明すればなんとかなるのかもしれない。
 
 
 シリーズを通して『DEATH NOTE』の引用が目立つこの推理筆記。作中に本家の『死亡筆記』の名前を出しているのに、ストーリーに出てくるデスノートの名前をわざわざ死神筆記と変えているのは当局への配慮かもしれない。
だがそれは単なる憶測でしかないが、言えることが一つだけある。

 この小説はそもそも小説としての配慮を決定的に欠けているってことだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆