忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
本日二月九日は旧歴正月十五日のいわゆる元宵節で、爆竹を鳴らしたり花火を打ち上げられる最終日ということでこれでもかと火を点けて街中を轟音に包んでは、白玉団子を食べて今年一年の幸運を祈る日でもあるんですがそうのんびりしてはいられないニュースが飛び込んできました。

HEAVENさん

CCTV(中央電視台)新社屋近くの高層ビルで大火


痛いニュースさん

中国中央テレビの建設中新社屋で火災…高層ビル1棟が焼け落ちる



花火が引火した説と放火説が飛び交い真相はまだ不明だが、被害は火を見るよりも明らかだ。

0210_544715.jpg


しかしツイていない・・・・・・このCCTVの新社屋はもともとはオリンピック開催前に建設されるはずで、ここからオリンピックの中継をする腹積もりだったのが急遽政府から北京市での建設工事一時停止命令が出て、年が改まった今でも工事が続けられていたのだ。

春節では毎年のように死人が出る。特に去年の春節では爆竹倉庫が引火して大爆発を起こし、火災が一昼夜続きました。爆音が鳴り響き、地響きまで起こる事態に老人は「日本軍が攻めてきた!!」と慌てふためいたそうです。


花火を打ち上げる方のマナーの悪さも考え物だ。春節の期間だけは特定の場所を除き、爆竹・花火を放つことを許可しているので、場所をわきまえずそこかしこで花火を上げる人がいる。ビルの壁面に火花がぶつかったり、花火売り場のすぐそばで花火が上がったり、歩道のど真ん中で爆竹が暴れるのは春節でよく見かけられる普通の光景なのだ。

それと火薬の質の悪さも目立つ。打ち上げられた『星』に火が行き渡らず、火が付いたまま地面に落下して2バウンドしてから爆発することもよくある。

0210_544715.jpg


今回の火災は起こるべくして起きたことだ。火薬の管理をそこそこに取り締まっていれば起こらなかっただろう。中国政府の見解がみものである。



しかし、080215001a_2.jpg1564105_964946.jpg楽しむのは良いけどゴミくらい片付けて欲しいよ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
しゃおりん URL
阿井さん、こんにちは!
いつも勝手にTBさせていただいており、すみません!!^^;

さてCCTVですが、凄かったですね!って私はネット動画で燃焼シーンを確認しただけですが。。。
現場近くにいれば、怖いけど絶対見に行っていただろうな~と思います。

そして。
問題は爆竹・花火の安全性ですね。北京では2006年に13年ぶりに解禁になり、今年は4年目だったんですが、これまでに爆竹・花火で大火災がなかったのが不思議なくらいです。

しかし巨大高層ビルが花火の火花?であんなに燃えてしまうとは。消火システムのあり方、ビルの構造、花火の質、マナーの悪さなど、おっしゃる通り改善すべき問題は山積していますよね。
無題
阿井 URL
こんばんは、昨夜は大変でしたね。トラックバック大歓迎であります。

ビル火災は付近で違法に花火を打ち上げたのが原因だそうですね。国営テレビがこんなお粗末なことを起こすなんて、この国の防災意識の低さを物語った一件でありました。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090210/chn0902101923008-n1.htm

近々国貿まで行く用事があるので、あの灰色に焼け跡を見に行くことにします。
この記事へのトラックバック
CCTV火災、「コント全カットの報い」 とネットユーザーら怒号!
    春節 (旧正月) のしめくくりとなる元宵節 (小正月、今年は2月9日) の夜、北京では名残を惜しむかのように爆竹・花火が盛んに打ち上げられていた。  その火花が引火したのであろうか――。  市内東部のオフィス街で建設が進められている国営・中国中央テレビ (CCTV) の新社屋の敷地内で、同日午後8時半 (日本時間同9時半) ごろ火災が発生、付属の高層ビル1棟がほぼ全焼した。 中国の通信社・中国新聞社によると、消火作業にあたっていた消防士ら8人と連絡がとれなくなっているという。 ...
URL2009/02/10(Tue)15:19:02

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆