忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 
 話題性は大きいけど肝心の中身はパッとしなかった天漫がとうとう重い腰を上げました。最新3月号は13作品を収録し、ページ数は通常の2倍の400ページという分量。そして値段は据え置きの12元(160円程度)。このボリュームに思わず雑誌を手に取る人が続出するでしょう。

 tenman3-1.JPG
 
 微博で創刊号から3月号までの天漫の厚さ比べをしていた人がいたので私も真似してみましたが、まさに突然のリニューアルです。

 tianman3yue.jpg
 
 3月号の表紙はらき☆すたのこなた(チャイナ服バージョン)、イラスト上には美水かがみの描き下ろしと注釈が書かれています。2月号で既に告知されていましたが、3月号から幸運☆星(らき☆すた)の連載がスタートします。
  

 らき☆すたの他にも、第5回角川漫画新人大賞・天聞角川特別賞を受賞し、天漫12月号に該当作が掲載された『引霊師』、中国の少年漫画王の異名を持つ于彦舒が手がけるサッカー漫画『10号露蘭』(和訳:10番ローラン)、宇宙から飛来した謎の生物に髪の毛を寄生されてしまう女子高生のドタバタを描いた『請勿擅自訂下契約』(和訳:勝手に契約しないで下さい)などが紙面を飾り、ページ数とともにジャンルの層を厚くさせています。
                                              
 
 
 【新連載作品の説明】
 
 成仏せずにこの世に留まる悪霊を仏教と道教の力を駆使し六道輪廻の世界に送る引霊師の活躍を描いた漫画『引霊師』
 

 読み切りのときは主人公だった葉衍が体の半分が人間で半分が悪霊のハーフ&ハーフ設定になっており、唐檸という女の子で半人前の引霊師に主人公の座を奪われております。
 
 tenman3-6.JPG

 1話では自分一人の手では余る悪霊を葉衍と唐檸が協力して倒すという王道展開が繰り広げられましたが、今後は読み切りのように悪霊との対話をメインで話を進めていくんじゃないでしょうか。その方が葉衍の半人半霊設定を生かせることですし。
 


 
 『10号露蘭』
 
 tenman3-3.JPG

 何もかもが変化した未来の地球でもサッカーは全人類が熱狂するスポーツであり続けていた。しかし未来のサッカーは体に機械を埋め込みサイボーグ化した選手が活躍する、力こそが全ての球技だった。
 
 

 昔ながらのサッカーを愛し卓越したボールコントロールセンスを持つ露蘭はプロサッカーチームのスカウトマンからその技術を認められ、拉致同然にスカウトされてしまいます。しかしひと目で露蘭の才能を見抜いたスカウトマンは最も重要で重大なミスを犯していました。それは、露蘭がサッカー少年ではなくサッカー少女だったということです。

 tenman3-4.JPG
 
 ショタだと思ったらロリだったってパターン。于彦舒先生ありがとうございます!とお礼を言いたいところですが、普通に少年って設定の方が人気出たんじゃないでしょうか。

 
 
 『請勿擅自訂下契約』
 
 憧れの先輩がいる高校に入学できた卓凛は気合を入れて短めのスカートを履いて登校した初日に、その先輩から突然告白される。嬉しさのあまり二つ返事でOKした凛だったが、彼の正体は憧れの先輩なんかではなく、先輩の姿を借りた宇宙生物だった。告白(契約)を受け入れてしまった凛はその時から髪飾り型の宇宙人に寄生され、共同生活を送ることになってしまう。

 tenman3-5.JPG
 
 
 学園ものの漫画を読んでいていつも不思議に思うんですが、中国人の漫画家は制服を着ているキャラクターが中国のどの都市に住んでいるのか、設定を考えているのでしょうか。
 私はダサいジャージの着用が義務付けられている北京の高校生しか知らないので、この漫画のように制服を着ているキャラがいると中国のお話しとは到底思えないのです。

 
 幸運☆星(らき☆すた)は最新話と過去の話が一緒に収録されております。天漫誌上で掲載されているエヴァと同様に、日本の漫画のように右から左へとページを読み進める形式です。
  tenman3-8.JPG
 
 コンプティーク3月号と同じ話が収録されているのでしょうか?
 
 
 
 【旧連載陣の動向】
 
 『ガンダムUC』や『涼宮ハルヒの憂鬱』のストーリーは原作通り順調に進んでいるようで、特筆すべきところはなさそうです。
 

 『提督大人与迷失的七海結界』は主人公(一応)の阿強が何故海に出たのかその理由が明かされ、阿強と深い因縁のある謎の男と彼を『陛下』と呼ぶ陳祖義が登場します。
 
 3話目にして物語の方向性が見えてきて阿強がようやく主人公らしくなってきますが、美味しいところを持っていくのはやはり鄭和です。

 tenman3-2.JPG
 
 3話目で気付いたんですが、この鄭和ってミニチャイナドレス?とニーハイで絶対領域を形成してるんですね。
 
 
 
 中国の各都市を擬人化させた漫画『中国城市擬人』は天津が主人公です。

 
 2月号の西安洛陽編と同じで話が暗くシリアス調です。第1話の同人即売会でグッズを買い漁る広州編とはエライ落差を生み出しています。


10月号の広州編
 tenman3.JPG
    ↓

3月号の天津編
 tenman3-7.JPG


 前作を読み比べてみますと、どうやらこのシリーズは原作と作画の担当者が複数人いるそうです。だから各話によって絵柄のみならず作品の雰囲気まで一変するというわけです。
 
 次回掲載予定の5月号ではとうとう北京がメインを張りますが、今の流れのままではシリアスムードが続きそうです。
 
 


 雑誌のバージョンアップと相俟ってストーリーに広がりを見せた旧連載陣の中で、唯一物語を収束に向けているのが『初・末 ONCE AGAIN』です。


 妻の訃報にも動じることなく会議を続けられるエリートビジネスマンの遠戈はある時から他人の表情が全く見えなくなり、顔の上に当人の氏名と肩書き、現在置かれている状況などのデータしか見ることができなくなってしまいます。しかし地下鉄で偶然見かけた女子高生だけまともな顔を見ることができ、話したこともない彼女に徐々に心を囚われていきます。
 

 前回、ようやく彼女の通う高校まで跡をつけて行った遠戈は、そこが彼の母校でもありその高校のグラウンドで彼女と仲良さげに話す男子高校生が、他ならぬ若き日の自分自身であるという異常な光景を目の当たりにします。遠戈が狂ってしまいそうになるほど追い求めていた少女こそ、とうの昔に関係が冷え切ってその死すらも心を動かされなかった遠戈の妻その人だったのです。

 tenman3-9.JPG

 今月号は恋人の幸せのために働いていた遠戈が、徐々に仕事中心の生活を送り彼女を蔑ろにするようになる回想シーンに費やされます。
 
 来月で最終回となる本作は『初・末 ONCE AGAIN』というタイトル通りの結末を迎えることは出来るのでしょうか。
 
 
 【全体総評】
 
 ページ数を倍増させ、掲載作品に歴史ファンタジー、冒険、学園、スポーツ、恋愛、伝奇ロマンなど日本の漫画雑誌らしい布陣を構え始めた天漫。当面はガンダムやハルヒ、エヴァ、らき☆すたなどのネームバリューのある作品を看板にするのでしょう。ただし、今更エヴァやらき☆すたを読むためだけに購読する人は少ないでしょうから、やはり天漫の主役は中国人作家の描いたオリジナル漫画なんじゃないでしょうか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆