忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

毎日中国関係の日記を書いているのでたまにはレビューを。

 e928673e.JPG

 

 全日本食えば食える図鑑

全日本食えばわかる図鑑の続編をまさか中国で読むとは前作を買った大学生の当時は想像していなかった。ちなみに購入先は王府井の外文書店だ。値段は確か60元(1元は16円)。定価は590円(税別)なのに・・・

 

そこでしか食べられない美食、言い換えるとそこでしか食べない珍食を味わうために全国を歩き回る椎名さん。(どうも椎名さんには飛び回るっていうイメージがない)北海道ではエゾシカとアメリカザリガニを十分に堪能したのだけど、佐賀県代表のイソギンチャクや青森代表のカメノテにインパクトで負けてるからそれが残念。ただし味では勝ってると断言できます。しかし滋賀県代表の鮒ずしと京都府大表のゲンゲは一度は食べてみたい。

 

ちなみに、脂身のない鹿肉ですが焼いたら花火のような白煙がもの凄く屋内では調理できません。だから煮物にして食べるのが一般的なのですが、ボクは新鮮な鹿肉の焼き肉をわさび醤油で食べるのが大好きです。

 

椎名さんの食べ歩きエッセイ、と言うより旅行記はその土地の人の生声が載っているのが醍醐味です。しかも漁師のおっちゃんや料理を作ったおばちゃんの自慢気な言葉が多いから、食べ物の味はわからないけど食材に関わっている人の性格をうかがい知ることができるので、椎名さんの文章から美味そうな感じがより伝わってくる。


本書には麺の甲子園も収められています。ラーメンもうどんもそばも同じ舞台に上げて戦わせていますが、優劣を競うと言うよりは「オレはこれが好きだけどこれも好きなんだよ、だからお前らが一位を決めてくれ」と椎名さんの頭の中にいる様々な派閥が甲子園の名を借りて乱戦しているという感じです。

 

そこで惜しくも出場は逃しましたが北海道地区代表を決める予選に釧路が出てきたんですが、なんと釧路地区の代表はタンメンでした。

 

この北海道ラーメンの持ち味はそれぞれ違っていて(中略)~新鋭釧路はタンメンあつあつフハフハ系。(中略)

 

鮫腹=新顔ですが釧路のタンメンがけっこういけてますよ、自家製チャーシューがジューシーでなかなかいいんです。親父は無愛想だけど。

鳴門=それ、どこか特定の店をいってるんじゃないの。

 

 

釧路でタンメン・・・・・?

 

ボクは以前釧路の有名ラーメン屋で椎名さんのサイン色紙を見つけたことがありますが、そこは塩と醤油ラーメンしかない、澄んだ魚介系スープと細麺が売りの店なので違います。

 

釧路でタンメンが有名なんて聞いたことがない。名店と呼ばれる店も少なくはないけど、基本はやはり釧路ラーメンで、タンメンなんてメニューにすらないこともある。

 

しかし、昆布と煮干しのダシが利いたスープに野菜の甘みが溶けた釧路タンメンは是非とも食べてみたいです。

 

そう言えば数年前に釧路駅付近にこってりしているのにくどくないスープが売りのラーメン屋が開店しましたが、これといいタンメンといい釧路ラーメン業界に新風が吹いているということなんでしょうか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
すしバー
えーとですね。釧路でタンメンがメニューにあるのは、中華料理屋の「娘娘」しかないと思います。
確かに、あの店のタンメンは美味しいです。
で、無愛想なオヤジがいたのは、もしかすると長崎屋がまだあった時期に、中にあった分店かしら?タンメンに関しては本店よりも美味しかったです。

塩野菜ラーメンならばわりとあちこちで食べることができるんですけど・・・もしかすると、それをタンメンと思い込んで食ってたとか・・・ないかなぁ?

でも、釧路の食い物が誉められてうれしいことはうれしいんですけど。
無題
阿井 URL
さすがご存じでしたか、情報どうもありがとうございます。

娘娘という店は行ったこともないのですが、老舗のようですね。
この麺の甲子園は開催年月が不明で、もしかすると長崎屋があったころの記録かも知れません。

椎名さんにはめぼしい珍食がなくなったらご当地B級グルメを特集して欲しいです。釧路代表は是非『泉屋』の鉄板スパゲッティ、根室代表はエスカロップを。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆