忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 この前中国人の友人からマイクロブログで「好きな日本人推理小説家にファンレター出したいんだけど何かいい方法ない?」と聞かれました。
この時は誰が好きか知らなかったので小説家に連絡取る一番手っ取り早い手段として『Twitter』を教えたのですが(注:中国からはTwitterにアクセス出来ない)、その小説家はTwitterも公式サイトも持っていない方でした。しかも友人から名前を聞いたところその小説家はかなりの有名人で、例えTwitterをやっていても絶対返事を貰えないんじゃないかと思います。


 それから日本の友人からアドバイスをもらって、出版社経由で小説家に手紙を送るのがベター(注:メールだとスパムとして弾かれる可能性があるから)なんじゃないかと教えましたが、中国人の友人が日本語でしかも日本まで送るという手間を惜しまず手紙を書くのかどうかは不明です。話を聞く限りでは熱意を感じられたので、その手紙が小説家の手に届き更に返事を貰うことは9割方ないでしょうが、私もできるだけサポートしたいですね。

 しかし、海外の作家にファンレター送るときって一般的にどういう手段がベターなんでしょうか。やはり一番楽であり且つ確実なのはインターネットを介した連絡でしょうが、今回のように連絡先が全く不明ならやはり出版社経由になるのでしょうか。


 出版社に手紙を送ると言っても有名な作家ならいくつもの会社から本を出版しているでしょうし、会社によって対応はそもそも作家に手紙を渡さないってこともあるでしょうからそこの選択も重要です。


 これが漫画家だと有名人と言っても出版社が限定されるケースが多いから、例えば久保帯人先生に手紙を送りたいのなら集英社一択で間違いありませんね。


 中国の、特にミステリ小説には本の裏表紙などに小説家の微博(マイクロブログ。中国のTwitter)のアドレスやメールアドレスが記載されていることがあるので連絡は比較的容易です。だから、中国と同様の感覚で日本の作家に連絡を取ろうとしてそのハードルの高さに諦めた中国人読者は実は少なくないのかもしれません。


 そういえば、2007年か2008年の留学時代にロシア人から「久保帯人先生に言いたいことあるんだけどお前連絡先知らない?」と聞かれたことがあります。その時は「知るわけねぇだろ」の一言で済んだのですが、もしいま改めてお願いされたらいろいろ方法を考えなくちゃいけないようです。(とは言え久保帯人先生は現在Twitterをやっていないようなのでやはり出版社経由になってしまうと思いますが)

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆