忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

壹読

 

日本帰る前に近所のコンビニで購入した雑誌の一つ『壹読』。この本はゴシップ記事のない週刊誌的な内容で中国国内の問題や社会情勢に軽めの視点で切り込むというスタイルです。

http://www.yidu.im/

 

今回私が買った雑誌に気になる内容の記事があったので紹介します。記事全文は下記のアドレスで読めますので気になる方はこちらに目をお通しください。

 

中国姓名:不重名的戦争

中国の名前:同姓同名にさせない戦い

http://www.183read.com/magazine/article_314109.html

 

 

内容を要約すると中国人の名前は時代の趨勢と不可分であり中国建国当初は「解放」だとか「建国」が多く、文化大革命前後には「衛紅」や「文明」などがよく見られましたが、中国人は姓と名の短さから同姓同名の人間が少なくなく、現在では子供を他人と同姓同名にさせないために通常使われない漢字を子供に付ける親がいるせいで、名前の読みづらい子供が増えたという現代中国の社会問題です。

 

一見しただけでは読めない名前と聞けばDQNネームやキラキラネームが思い浮かびます。確かに赤線を引いている漢字なんて中国で生活していて見たことありませんし読み方もわかりませんが、これも一種のキラキラネームでしょうか。

 

中国のキラキラネームと聞いて思い出すのが薄煕来の息子の薄瓜瓜です。

あと、本名は出せませんが私の中国人の友人に『炎尾燃』みたいなニュアンスの名前を持つ男がいます。要するに名字と名前に炎や氷などと言った自然属性が付いていて、更に彼の弟も『炎尾焼』のような個性的な名前でいた。ただし、今回記事で取り上げられている読めない漢字を使用した名前の問題は、漢字の組み合わせや発音の妙ではなく、単純に難読漢字を使っているだけですので、名前からあんまり創意工夫は感じられません。

 

こういう難読漢字を名前に使うことが通常となると例えば中国の小説のレビューとかにも影響が出るので、日本語の漢字にはない中国語はあまり使わないで欲しいです。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆