忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
[08/18 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
大炎上さん

台湾では発売前の人気漫画が土曜に読める


大炎上さんがあげているサイトは知らないけど、北京にいるボクも発売前に漫画を読んでいます。会員登録なんかないので人気作なら何でも読めます。

人気作『死神』『海賊王』『火影』は金曜日に、『魔人偵探』や『美食的浮虜』は土曜に読める。他にも『飛輪少年』や『旋風管家』なども本誌発売二日前にはアップされている。

日本より早く読めるなんて絶対に間違ってるけど、水も人も低きに流れるのです。

それで、ボクは漫画のレビューを読むのが大好きなんだけど月曜日にそれらのサイトを開いて「あれ?なんでまだ書いてないんだ?」と不思議に思うこともしばしば。

頭がかなりズレてる。実際今朝もレビューがないことに

「深夜の内に書いてなかったのかな?今日月曜だよなぁ、昨日なんか用事でもあったのかな」

とピントのずれた解釈をしました。



しかしこの問題は中国だけのものではない。以前、ロシア人の友人にロシアの漫画サイトを教えてもらったことがあるけど、みんな見事にロシア語に翻訳されていた。

これってデータが流れてるってことなんでしょうが、もともとは紙媒体だから誰かがスキャナでコピーしているってことですよね?しかも日本の出版社関係者が。それを世界中にいる有志がいらぬボランティア精神を発揮して自国の言語に翻訳する。


考えてみればスゲェ善意だよなぁ・・・・



ちなみにロシア人の友人に本物の『週刊少年ジャンプ』を読ませたら感動していました。「こんなつくりになってるんだぁ」って。そしてこの友人はジャンプが月曜発売であることをなかなか信じてくれませんでした。


中国に来た日本人留学生が義憤に駆られるのが海賊版DVDの横行。

しかし一枚10元(160円ぐらい)の値段の魅力に負けてついつい十枚二十枚買って、「最低だ、俺って」と部屋で呟くのです。

海賊版DVD(以下中国語の盗板とします)の問題は日本でも昔から言及されてきましたがしかし、もう一つの問題にはあまり触れられていません。

どうも、日本のパソコンと中国のディスクは相性が悪いのか、盗板をDVDプレイヤーに入れるとギュワンギュワンと激しい読み取り音を立てるのです。

これはDVDプレイヤーの寿命を縮めることになりますので、慣れてる人は別にプレイヤーを買って観ます。



それでプレイヤーのない人間はどうするかと言うと、サイトで観るんですよ。中国のユーチューブ、中国のニコニコ動画とも言うべき動画サイトを利用するんです。

これが高画質でなかなか侮れない代物、画面が小さく下に中国語字幕が付いているのを気にしなければ昨夜放送されたアニメすらも観ることができます。


でもボランティアだから字幕に誤字があるのが気になったりする。日本人だからどうでもいいんだけど。


ただ、画面上に『すいません、ここで言ってる言葉がよくわかりませんでした(涙マーク)』って字幕が入ってるのが微笑ましかったりする。


またこういうケースもあるらしい。

以前の中国人の友達との会話

「スクールディズってアニメ観ましたよ」
ボク「へぇ~どうだった?」
「ちょっと怖い内容だね」
ボク「ああ、あと主人公の性格がダメだね」
「はい、私はネットで観たんだけど、字幕に翻訳者の言葉が載ってましたよ」
ボク「なんて?」
「え~と、『私はこの男が大ッ嫌いです、信じられない』みたいなこと」
ボク「ふ~ん、もちろん中国語で?」
「はい、でも普通ならそういうこと書かないんだけど」
ボク「日本人はね、『誠死ね』って言うんだよ」
「はい」


はい、じゃねえよ。


こういう違法動画や漫画が横行する問題点は『善意』の一言に尽きる。

翻訳者やアップロード者に罪悪感はあると思うけど悪意は見当たらない。彼らは正規版の売り上げを下げてやろうと違法行為をしているのでも、それで儲けてやろうとしているのでもない。

みんなに面白い作品を見て欲しい一念と、自分が手を加えた作品が世界に広がることへの満足心だけで動いているのだ。



だから厄介。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
URL
確かに日本アニメの翻訳をする人たちは仕事が早いですね。
日本で放送した翌日には英語や中国語の字幕付きで上がってるのを見かけます。この前はジブリの最新作が中国語字幕で流れてました。

善意。宗教の勧誘と一緒ですね。本人たちは悪いことをしてるとは思ってないんだけど、結果的には相手の権利を脅かしてしまってる。悪事の認識がないだけに厄介。
無題
阿井 URL
どうも。
中国には翻訳サークルみたいなものがあって、動画の初めにサークル名が表示されるんですが、質の善し悪しがあるみたいでそれのファンもいるらしいです。
なんだか驚くことすらも素直にできない話ですね。

それと中国には字幕文化があると思うんです。中国人が見る一般のドラマやアニメにも字幕が付いていますから、自分で字幕を付けようとする人間も多いのではないでしょうか。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆