忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
[08/18 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 
 『天漫のハルヒが作画崩壊してない?』
 参考サイト:百度掲示板


 百度掲示板でもこういう声が上がっている。やはり天漫版ハルヒは中国人読者も違和感を抱く仕上がりだったようだ。しかし、前回のブログで『なんでハルヒの漫画版って揃いも揃って出来がアレなんだよ』と言ってしまった負い目があるというわけではありませんが、この漫画のハルヒや朝倉さんは可愛いと思いますよ。
 
 
  haruhin12.JPG
 やや顔が凛々しすぎるときがありますが……
 

 さて、この前知人から『天漫のハルヒって日本のハルヒをトレースしてるんじゃないの?』という質問を受けました。

 『なんで角川本社がそんなこと許すの?!』というツッコミを飲み込んで一応調べたんですが、まぁ結論から言いますと当然トレースなんてしていません。

 ただ、日中のハルヒを見比べて読んでいったところ、忽然と両者の決定的な隔たりに気付き、『天漫のハルヒは単なるコミカライズではない』という考えに思い至りました。
 

 その【気付き】が確信を得ているかどうかは別にしまして、ここでひとまず日中の漫画の違いを明らかにするために中国の漫画雑誌をいくつか上げてみましょう。
 
  haruhin7.JPG
   知音漫客   漫画SHOW

  haruhin8.JPG
 
  読者層は不明。
 
  shouman.jpg
   尚漫
 
  haruhin10.JPG
 みんな大好き糸使いです。
 
 
 この3誌はどれもページを左から右に読む左綴じ形式の雑誌です。セリフが小説と同様に横書きである漫画は中国では一般的だと思います。
 
 ただし日本漫画の翻訳コミックスは、原作の形式を尊重しているのか右→左に読む右綴じのまま売られています。天漫に掲載されているエヴァを御覧ください。
 
  haruhin9.JPG
 
 吹き出しのセリフが日本と同様に縦書きになっています。これは左綴じだと読みづらいです。
 
 しかし、たかだかA5版サイズのコミック1ページに原作の4ページを強引にねじ込む、昔のガロみたいな手法を取っている海賊版コミックは読みやすさなど配慮していないから左綴じのままです。


 では中国には日本人が慣れ親しんでいる右綴じの漫画はないのかと言えばそうではありません。確かに中国オリジナルの漫画は左綴じ形式が主流ですが、流れに逆らう存在ってのはいつの時代にも登場するわけで、以前のブログで少しだけ紹介した龍漫がそれに当てはまります。
  ryuuman.jpg
 
  haruhin11.JPG
 みんな大好き糸使いです。
 
  
 haruhin5.JPG
 この見開きの迫力。日本人に馴染みのある構図が凄味を増します。
 
  haruhin6.JPG
 この不気味な手が読者の体の裡に迫る感覚がたまらない。
 
 
 龍漫に所属している漫画家ってわざわざ描き慣れない右綴じ用の漫画を描いているんだと思いますが、そもそも何故この出版社が敢えて少数派を選んだのかその理由はわかりません。

 小学館と協力関係にあって、転載している犬夜叉やコナンに合わせるために中国人漫画家の作品まで全て【右→左】形式にするのもおかしな話です。
 
 日本への輸出でも考えているのかもしれません。
 

 
 さて本題のハルヒに戻ることにしましょう。

 日中のハルヒを比較するために2つのハルヒ作品の見開きページを取り上げてみます。(原作が見つからないので、中国のネットに落ちていた海賊版の中国語訳漫画を載せます)
    
     haruhinn.jpg    
     
     tianman3.JPG
  
 上が月刊コミックエースで連載中のツガノガク版【涼宮ハルヒの憂鬱】で、下が天漫のハルヒです。ともにハルヒの衝撃的な初登場シーンを描いていますが、何が違うかは一目瞭然ですね。
 
 それはキョンの視線です。
 
 右綴じである日本の漫画はページやコマを右から左に読み進める形式であり、当然読者の視線も右から左に移動します。しかし、セリフが横書きであるために左から右に読む形式の中国の漫画は、読者の視線も日本人読者とは正反対に動きます。
 
 
 
 そしてこのツガノガク版と天漫版のハルヒは同じく見開きに2ページを使い、1ページ目に驚いていて振り向いているキョンを描いて勢いをつけて、2ページ目にハルヒの堂々とした姿を配置することで、読者の注目と漫画の勢いを『置き』にいっています。
 
 
 となれば、ハルヒを見上げているキョンの視線はまさに読者の視線であって、天漫誌上で左のページにいるハルヒを見ているキョンは【左→右】読みに慣れている中国人読者を代表しているのではないでしょうか。
 
 
 当たり前のことを言いますが、天漫版ハルヒは中国人が中国人のために描いた『涼宮ハルヒの憂鬱』です。ライトノベルのコミカライズですが、そこには監督の姚非拉と作画の豚宝、そして制作会社Summer Zooならではの工夫が凝らされています。ましてやトレースではないというのは先程提示した見開きシーンで明らかでしょう。
 
 
 
 2度も漫画化され、アニメにまでなって日中で大好評を博した作品をもう一度漫画化するのは正直骨が折れるでしょう。同じ内容を違うように見せて、ストーリーを熟知している読者を飽きさせない【涼宮春日的憂鬱】を作ることが制作サイドの一番の課題です。
 
 しかし一話を読んだ限りでは、Summer Zoo風のハルヒは既に出来上がっています。その証拠が下の画像です。
 
 
   haruhin4.JPG
 この拝み倒している朝倉さん、可愛くないですか?なんか、お饅頭みたいで。
 

 haruhin1.jpg  
 アニメ版
 
 
 haruhin3.JPG
 ツガノガク版
 
 
 haruhin4.JPG
 天漫版
 
 
 
 こういう独自のデフォルメが見られるんだったら次号も続けて購読したい。
 
 漫画家たちには決して変な意味ではなく、中国製オリジナルのハルヒを、そして漫画を描き続けていってほしいです。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆