忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

先日行った西単の嘉斯猫電玩倶楽部というゲームセンターには北京でおそらく唯一パチンコ・パチスロコーナーがある。

 pachi5.JPG

 pachi3.JPG

嘉斯猫電玩倶楽部は去年できたばかりのゲーセンであり、平日だというのにそこそこ人で賑わっていたが、パチンコパチスロコーナーは閑散としており、客は3人しかいなかった。店員は2人だけだ。それも愛想が全然ない。

 pachi1.JPG

てっきり日本のパチンコ屋で何年も働いて日本語ペラペラのスタッフがいると思ったのだが、中国人をターゲットにしているようで日本的なサービスは皆無だ。BGMも中国のもので、流行歌とも言えない盛り上がりに欠ける音楽だ。日本のパチンコ屋のような大音量でもないので、ゲーセンの音に負けそうである。

 

 


壁にはパチンコとパチスロの初歩的なルール(どこどこに玉を入れて同じ絵柄が揃ったら云々)や、鬼武者北斗の拳など機種ごとの攻略方法が掲示されている。また各台には当たりが出ましたという紙が貼ってあり、本来なら客が自分で調べるはずのことまで店側がサポートしている。

 

肝心の遊戯料金の設定はパチンコなら1元で25玉、パチスロなら11コイン(どうやらゲーセンと同じコインを使っているようだ)というレート?で貸し出しをしている。ゲームにかかる必要最低金額は100元だ。

 pachi4.JPG

せっかく中国にはない娯楽が合法的にできるというのに店内の雰囲気は悪く、客が寛げる様子ではない。一回やってみようと思ってやって来たボクも店員の態度にすっかりやる気を削がれて店内をグルグルしただけで終わった。

 pachi.JPG

ちなみに台の調子について言えば、日本のパチンコ屋にも数えるほどしか行っていないボクが見ても釘の間隔が広かったように見えた。日本のゲーセンに置いてあるパチンコ台と同じぐらい甘そうである。

だから一枚一枚タラタラ落とすだけのプッシャーゲームをやるより、こっちの方が慣れれば勝てそうなものだが、知名度がなければどうしようもない。

 

 

しかし前述したプッシャーゲームの流行を見ると、パチンコやパチスロも中国で爆発的に流行る可能性を十分持っている。パチンコやパチスロに対する悪いイメージや抵抗感も日本と比べたらさほど持っていないと思うし、何より合法なのだから恐れるものなど何もない。

問題は売り方にあるのだろう。競合店でもできれば西単の店も必死にならざるを得まい。そしたらあとは流行り物にすぐとびつく中国のこと、ブームはあっという間に広まる、と思う。

 

 

でもこれでは遊び慣れた日本人は満足しない。ひり付くようなギャンブルをしたくてたまらないジャンキーはどこで遊べというのか。

 

しかし失望してはいけない。換金できないパチンコなんて女子供のやるごっこ遊びだ、という方に一報。建国門(北京の中心部)や望京(北京のコリアンタウン)などにあるおそらくマンションの一室に換金OKのパチンコ屋がある。100%掛け値なしの非合法賭博だから日本よりスリリングなゲームが楽しめるだろう。店側と警察側に意思の疎通がとれていなかったら、確変中に公安が乗り込んでくるというハプニングつきだ。

 

あくまで違法で危険と隣り合わせのギャンブルなので、行かないに越したことはないのだが…もしも我慢できずに遊びたくなったら、そっち方面に詳しい人や店側と仲良くなっておくことをおススメする。

万が一公安に踏み込まれちゃったら、「(確変に)入れてないから未遂です!と訴えるしかない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
えっと…
しゃおりん URL
西単のゲーセンのパチンココーナーでは、賞品はもらえないんでしょうかね?

あと数年前、確か日本人経営のパチンコ店が北京市南部(南5環路あたり?)にオープンしましたが、今はどうなったんだろう……?
うーんと…
阿井 URL
出玉やコインを交換することはできますよ。パチンココーナーもゲーセンの一部なので、フィーバーしたらPS3やWiiをゲットできちゃいます。

南五環?遠いなぁ…
北三環にもあるって噂は聞きましたけどね。聞いたと言っても、在中国日本人専用の掲示板で知っただけですが。
つぶれた
ぺきんげんじん
今日いったらつぶれてたよ
re:つぶれた
阿井 URL
ぺきんげんじんさん

情報ありがとうございます。

潰れてしまいましたか。ボクが行ったときもお客さんが全然入ってなかったですからねぇ。
いま、北京のゲーセンを見ると、メダル落としゲームに興じている中国人がたくさんいるので、パチンコももしかしたら…と思ったのですが。

何かを流行らすというのは難しいですね
詳細
ぺきんげんじん
誤解を招くとまずいので僕が行ったときは
ゲームセンターはまだ稼働中。
でも、汚い感じで壊れてる台が多い印象

パチンコ・スロットは、完全封鎖

情報追加しておきます。
re:詳細
阿井 URL
ぺきんげんじんさん

追加情報ありがとうございます。

ゲーセンはボクが行ったときも汚くて、場所によっては薄暗かったですね。
西単という土地にゲーセンは似合いすぎなので、汚されたり壊されたりするのも仕方ないですね。

そこにあったパチンコ台やスロット台がつぎどこに行くのかが気になります。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆