忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 海怪簡史:盛文強



 中国の海に関係する妖怪、怪人、怪異などを紹介した一冊。外篇と内篇に分かれているがこれは『体制外』と『体制内』の区別であり、外篇では人面亀の『海和尚』や『鮫奴』(人魚)、オットセイ?の妖怪『海狗精』(表紙の妖怪)などの単なる化物や、海の外の中国とは異なる国に生きていたとされた『長臂人』(手長)や『長股人』(足長)や胸に穴の開いている『穿胸人』などが収録されている。内篇では海の神様である『禺強』や堯の息子の『丹朱』、護法神となった『嘉氏二怪』などの中国の神様や祖先?が紹介されている。外篇は結構ユーモラスな海怪が多くいわゆる妖怪画集って感じなのだが、内篇は真面目な文献の紹介といった感じであまり面白くない。

 紹介文の出典が『山海経』や『聊斎志異』、『子不語』などの古典だけど本書では現代語に訳されているので読むのがそれほど難しくはない。

 ほとんどの海怪がイラスト付きなのが嬉しい。だからこそ値段がこの本のサイズでは高額な69元(1,100円ぐらい)に設定されているのだろうか。


PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆