忍者ブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      


 


 


方向性としては、柳田理科雄の『空想科学読本』のように、中国の武侠小説に登場する人間離れした技を物理で分かりやすく説明するという本。


例えば、金庸『射雕英雄伝』に登場する黄薬師が使用する「弾指神通」という技は電磁力を使っていると解釈することができ、ではそもそも電磁力とは何ぞやと説明したり、温瑞安『四大名捕会京師』で宙を飛ぶ暗器が一瞬で地面に落ちるのは慣性の法則がなくなったからだと解釈することができ、では慣性の法則とは何だと説明したり、古龍『湘妃剣』に登場する瑚珀神剣という武器が相手の武器を引き寄せるのは帯電しているからと解釈することができ、では静電気の効果とは何かを説明したり……


 


武侠小説の技を現実に行うにはどうすればいいのかと考えるよりも、その技を実現させている物理現象とは何であるかを重点的に説明している。『空想科学読本』のように、現実に発生したら人体や地球などにどういう影響が出るのか、とかを偏執的に考える本ではない。


 


そもそもこの本、武侠小説に出てくる超人たちが何故物理を無視した能力を発揮できるのかという点について、「内力(内功、いわゆる気功)」があるからと半ば突き放したように書いていて、武侠小説のリアリティにはあまり興味がなさそうだ。


 


そもそも金庸も古龍も読んだことのない人間にはあまりピンとこない内容だったが、例題のほとんどが金庸の小説からだったので、武侠小説に登場する超人的能力はだいたい金庸が生んだものなのかと、その偉大さに驚いた。


 




PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆