忍者ブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
36
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 


 


非常に不可思議でとらえどころのない小説。推理小説のジャンルとして売られており、作中で殺人事件などは発生するのだが、推理小説の謎解きの妙味は全く感じられない。本人の「分身」が身代わりに出頭する。カラスに化けられる(人間に化けている?)女性が出る。おそらく中国が舞台なのに、オーディンやムニン、カフカといった名前のキャラが出てくるなど、非現実的で常識からかけ離れており、全体的にフワフワしている世界観だ。決して面白くないわけじゃないが、じゃあどこが面白いのかと具体的なポイントを全く示せない。村上春樹的小説とシンプルに例えることは可能だが、合っているとも決して言えない。


 





現実世界は2つに分かれている。1つは誰もが実際に感じる世界。もう1つは封印されている「記憶」という暗黒。分身は仄暗い奥底から生まれ、自らの役割として暗黒の世界に閉じ込められる。


世界で神秘的な存在である「オーディン分身事務所」は、人々が分身を必要とする時、暗黒世界の門を開け、暗黒の力を解放する。分身を必要とする人は事務所と契約を交わし、記憶の一部を差し出す都市に生きる様々な人々には愛と苦しみ、殺人と復讐があり、分身の介入によってますます混迷を極めていく





 


これは本書に掲載されていたあらすじだ。これだと、「オーディン分身事務所」が話の筋になって、事務所にいろんな依頼人が訪れるというオムニバス形式の小説に見えるだろうが、むしろ事務所の人間が彼らに会いに行くのだが、その会い方も不可思議だ。ムニン(北欧神話に登場するカラスと同じ名前)という名前の女性は、カラスになって人々の元に訪れ、死刑囚の元にまで行ける。作られた分身は罪をかぶったり、死者の代用品として役割を果たす。


一つのマンションを舞台にして、同性愛者、愛人、養女など複雑な背景を持つ人々が登場するが、群像劇と言える展開にはならず、どいつもこいつも自己完結して死んでいってしまう。


 


結局の所、レビューにまとめられるような具体的な内容ではなく、あらゆる話が放射状に広がり続けて煙のように空に消えていってしまう、まさに雲をつかむような話だった。だが不思議と魅力があり、珍しく2度も読んでしまった。この本がどういう経緯で出版されたのかは知らないが、宣伝一つで売上も評判もだいぶ違っただろう。次は純文学やエッセイを出せば絶対売れると思うので、今後も活動は続けてほしい。


PR
 22年前の交通事故が、消すことのできない憎しみを生んだ。

 16年前の出会いが、二人の子供の宿命を決定づけた。

 15年前の殺人事件が、現世の借りを刻んでいる。

 バレリーナの娘、ゴミ拾いの女の養女。

 誰が人買いに売られたのか。誰が命懸けで命を守っているのか。

 誰が小田を殺したのか。誰が老武を殺したのか。そして誰がかばわれて牢獄の外にいるのか。

 あらゆる霧が白夜の後に明らかになる。

 あらゆる災難は宿命の中にすでに刻まれている。

 愛はすでに骨の髄まで深まり、命は救済に変わる。

 あなたは私を待って、私は誰を待っているの。

 現世で、来世で。




 上の文章は表紙裏に書いてあったあらすじのようなものだ。
 『白夜救贖(白夜の救済)』は本書の帯(表紙と一体化している)に「東野圭吾に捧げる 中国版『白夜行』」と書かれているように、中国でも大人気の東野圭吾の『白夜行』をかなり意識している(表紙も)。では肝心の内容はと言うと、少なくとも推理小説とは言えない体裁だった。

 物語の舞台は2002年の北京。就職のために北京に訪れた安暁旭(あだ名は安子、作者と同じ名前)は、老杜という優しいがしつこい中年男性と出会う。身の回りの世話を焼いてくれる老杜を鬱陶しく思いながら感謝していた安子だったが、老杜の過去のせいで事件に巻き込まれてしまう。また、会社の同僚雷海生と恋人関係になるが、彼が口にする愛という暴力に辟易する。そして、隣人の小田(女性)が何者かに殺されたり、老杜が病気で倒れたり、身の回りで不可解なことが次々起こる中、雷海生から衝撃の思い出話を聞かされる。
 中国人が考える「東野圭吾らしさ」って私が思うに、「誰かのために命を使って献身する」ことだと思う。だとしたら、本作で一番「東野圭吾らしい」奴は老杜だろう。しかしこの老杜もかなりまだるっこしい人物で、自分の行いで安子に危機が訪れるのに彼女に真実を語ろうとせず、安子と過去に何かあったらしいと思わせるだけで、安子を守る理由を最後まで語らない。読んでいると、安子と運命的な繋がりがあると推察させられるが、傍から見ると老いらくの恋をこじらせた中年ストーカーだ。

 老杜が東野圭吾らしいキャラだとすると、雷海生は白夜行的人物で、本作における桐原亮司だ。雷海生は当初は安子のことが好きなだけの恋人キャラだと思いきや、どんどんサイコっぷりを露わにしていき、安子にしつこいほど求婚するが、実際は子供の頃に出会った少女に今もまだ恋をしており、安子のことは替わりに過ぎないと言う。

 ここからネタバレになるのだが、雷海生が恋をした少女こそ安子だった。安子は子供の頃にゴミ拾いの女の養女として生きており、そのとき雷海生と会ったことをまだ覚えていた。だが、当時の出来事を再現してもそれに気付かない雷海生からは、思い出を汚すなとか散々言われてしまう。そして、安子はそれより昔に老杜と雷海生に会っており、彼らによって自身の運命を大きく変えられたのだった。

 登場人物全員(特に男)クズしか出てこないのだ。中年ストーカーに目をつけられ、DV男に捕まった可哀想な女性が出てくるホラー小説として読むべきじゃないだろうか。

 そもそも本書を推理小説と言うことに無理がある。著者紹介を見るに作者は今まで推理小説を書いたことがないようだし、物語には一件の殺人事件(なんで警察が分からないんだっていうぐらいガバガバな殺し方)が出てくるが、本筋は安子と雷海生の結婚生活で、安子も誰も事件の調査なんかしない。

 そして本書を読んで一番イライラしたのが、ほとんどの情報が後出しであり、本の裏に書かれている紹介文の話になかなか踏み込まないことだ。22年前の交通事故とか16年前の出会いとか、物語序盤で最低でも伏線を張っておかなきゃいけない要素がほとんど唐突に登場する。何より納得いかないのが、数十年前から繋がりのある安子、老杜、雷海生の再会が偶然で片付けられていることだ。せめて誰かの手引きとかがないと、この広い中国で再会するなんて不可能だと思うのだが、こういう点も推理小説と言いたくない原因だ。


 じゃあ恋愛小説とかとして読めばどうかと言うと、上に書いたように頭のおかしいクズ男2人に好かれてしまった女性のサスペンスホラーとしか読めない。しかし、本作が不思議にも中国の書評サイト豆瓣で非常に高い評価を得ているのが不思議だ。多分サクラだと思う(偏見)。


 


 


方向性としては、柳田理科雄の『空想科学読本』のように、中国の武侠小説に登場する人間離れした技を物理で分かりやすく説明するという本。


例えば、金庸『射雕英雄伝』に登場する黄薬師が使用する「弾指神通」という技は電磁力を使っていると解釈することができ、ではそもそも電磁力とは何ぞやと説明したり、温瑞安『四大名捕会京師』で宙を飛ぶ暗器が一瞬で地面に落ちるのは慣性の法則がなくなったからだと解釈することができ、では慣性の法則とは何だと説明したり、古龍『湘妃剣』に登場する瑚珀神剣という武器が相手の武器を引き寄せるのは帯電しているからと解釈することができ、では静電気の効果とは何かを説明したり……


 


武侠小説の技を現実に行うにはどうすればいいのかと考えるよりも、その技を実現させている物理現象とは何であるかを重点的に説明している。『空想科学読本』のように、現実に発生したら人体や地球などにどういう影響が出るのか、とかを偏執的に考える本ではない。


 


そもそもこの本、武侠小説に出てくる超人たちが何故物理を無視した能力を発揮できるのかという点について、「内力(内功、いわゆる気功)」があるからと半ば突き放したように書いていて、武侠小説のリアリティにはあまり興味がなさそうだ。


 


そもそも金庸も古龍も読んだことのない人間にはあまりピンとこない内容だったが、例題のほとんどが金庸の小説からだったので、武侠小説に登場する超人的能力はだいたい金庸が生んだものなのかと、その偉大さに驚いた。


 





 


 最初に中国語版(2013年発行)を読んでから日本語版(2016年発行。泉京鹿訳)を読んだ。日本語版はデカイし重い!中国語を日本語に翻訳した場合、一般的に原文の1.21.3倍の分量になると言われているが、これはそれ以上ありそうだ。


 


 


 





中国中央部の都市・炸裂出身の作家・閻連科は同市の市長孔明亮から市史の執筆を依頼される。しかしその市史の内容は、孔明亮をはじめとする炸裂市の人々を激怒させるものだった。


1970年代、まだ村だった炸裂に監獄で労働改造をさせられていた孔東徳が戻ってくると、4人の息子のうち誰かが皇帝になると予言する。次男の孔明亮はそれを実現するかのように、驚異の方法で万元戸(貯金が1万元ある者)となり、24歳の若さで炸裂村の村長になり、どんどんと村を発展させていく。後に彼の妻となる朱頴も、村長だった父親を痰まみれにされて殺された復讐心を胸に秘めながら、金を稼いで力を付ける。孔明亮と朱頴を中心にして、村から鎮、県、そして市へと驚異的な速度で発展を遂げる炸裂は荒唐無稽さが度を越すようになり、ついに人々を不幸のどん底へ叩き込む結末に導く。





 


 ・デタラメの中の中国の「リアル」


閻連科の書いた小説という体裁の本であり、炸裂という架空の都市の勃興を描いたドキュメンタリーでありながら、非現実的なフィクション的描写が散りばめられている。動植物が市長の言葉に従ったり、孔雀や鳳凰がそこかしこに出現したり、遺影が喋ったり、ナシの木にカキがなったりで、ありえないことばかりが起こる炸裂という土地に生きる人々も当然まともではなく、ほぼ全員がろくでなしである。炸裂を豊かにするために孔明亮がしたことは、村人を率いて鉄道の貨物をかっぱらって売りさばくという一言で言えば強盗団であり、列車から落ちて死んだ者がいれば「烈士」として讃えるのだった。そして孔明亮に対抗するために朱頴がしたことは風俗店の経営であり、彼女はその儲けた金で村のために道路を敷き、「手本にするなら朱頴を見よ」という碑を建てられるのだった


孔明亮と朱頴の2人は中国で初めて行われる民主的な村長選挙に立候補し、平等に村民たちにワイロを贈り、村に金を落とし、反対する者を銃で脅し、無事選挙を成功させる。強盗と娼婦によって成長した炸裂では中国伝統の徳も孝も無力で、孔明亮は県長に忠誠を誓う証に、土葬から火葬に変更した中国の埋葬方法を定着させるために父親の死体を進んで燃やす。


 


「なりふり構わない」という言葉が似合う炸裂の行動をとがめる者は誰もおらず、裕福になり、外地から来た人々が増え、高層ビルや高級ホテルが立ち並び風景が一変した炸裂は、強盗と風俗で金を稼いでいた過去なんか風化してしまったようだ。


安部公房や大江健三郎みたいなマジックリアリズムの小説であり、この荒唐無稽な本は中国のある側面を忠実に描いている。何か具体的な事件をモデルにした様子はないのに、文章からははっきりと中国の姿が浮かんでくる。それは見慣れ過ぎているせいで、我々の視界に入っているのにまるで認知できない問題なのかもしれない。


炸裂では孔明亮市長の署名が入った文書を死者の口に突っ込めば死者が蘇り、文書に願い事を書けば雪すら降らせることも可能。戦車を走らせるとその跡に高速道路ができ、血まみれの指や足を地面にばら撒けばそこに空港が建つ。デタラメな過程と明らかな結果はリンクしないはずなのに、読者はそこに説得力を感じ、確かにそれも真実だと納得する。


 


・『炸裂志』は『中国志』か 


作品内では、閻連科はこんな本を書いてしまったため孔明亮を怒らせて、『炸裂志』が炸裂全体の反感を買う。ここで気になるのが、孔明亮並びに市民が怒った理由がはっきりしない点だ。『炸裂志』に書かれた内容は形こそ変えてあるが大筋でほぼ真実であるから、恥ずかしい過去をほじくり返されて怒ったのか、それとも内容が全くのデタラメであり、嘘を書かれたことに対して怒ったのか、孔明亮の反応からはそれを読み取れない。


閻連科が『炸裂志』を書いたことで孔明亮市長をはじめとする炸裂市民全員が激怒したこと、そしてそのせいで閻連科が故郷を追い出されたことは表裏一体のセットであり、炸裂市が悪で閻連科が善に見えるが、例え文章が真実を物語っていたとしても、激怒した孔明亮と市民の立場を考えることが『炸裂志』という歴史書の新たな1ページになるだろう。だが、対話には双方の相応の態度が当然必要であり、孔明亮は結局激怒して作中に出てくるような「権力がなせる技」を使って閻連科の存在を炸裂から消滅させる。だが一方で、閻連科も予想していたかのようにそれを受け入れて炸裂から出て行く。


閻連科の他の本を読んだことがないのだが、これは「発禁作家」と呼ばれる閻連科の意思表示なのかもしれない。本書は炸裂という架空の市を対象にしているが、もしもっと大きな土地を対象にし、市長以上の人間の怒りを買った場合、彼は本書の結末同様、「良いものが書けた」と言ってそこから退出するかもしれない。

 


『水滸猟人(水滸伝ハンター)』


 


著者の時晨はこれまで『黒曜館事件』『鏡獄島事件』などロジック重視のミステリ小説を書いてきた作家だ。その彼が書く武侠小説なのだからてっきり武侠ミステリのジャンルかと思いきや結構ガチな武侠小説で驚いた。


 


 




水滸伝の舞台になった中国は宋の時代。内憂外患に悩む宋朝は梁山泊を筆頭とする無頼の輩を取り除くために彼らを賞金首にして同士討ちを目論む。しかし梁山泊は敵対勢力を滅ぼし、または吸収し着実に強くなっていった。


梁山泊に一門を滅ぼされた祝家庄の棒・廷玉」は梁山泊に恨みを抱く者たちを集めて復讐を果たそうとする。兵器を司る兵誅城の家に生まれ、貯蔵する武器と奥義書を狙った梁山泊に一家を皆殺しにされた暗器使いの「袖里乾坤・唐霄」や、記憶喪失でありながらも武術の達人である自身が一体何者なのかを確かめたい徐燎らは廷玉の仲間になり、共に梁山泊を倒そうと誓う。そして、梁山泊が名門・少林寺まで狙っていることを知った彼らは巨大な陰謀に巻き込まれていく。


 





 


梁山泊が敵役として登場する本作では『水滸伝』の実在・虚構キャラクター及び時晨オリジナルのキャラクターが入り乱れ、その情景が目に浮かぶような命がけの死闘を繰り広げる。武侠小説に詳しくない私には分からなかったが、鉄棒・廷玉も『水滸伝』に登場する虚構キャラクターらしい。『水滸伝』や武侠小説に詳しい読者が読むと「あのキャラをこう使うか」というような驚きを感じるに違いない。


 


 


小説の内容は純然たる武侠小説だ。前半に氷を使用したトリックと言うかペテンが登場した辺りで「ここからミステリに偏っていくのか」と期待したのだが、それは結局「良い」形で裏切られることになった。


風・雷・電と書かれた三節棍を自在に操り次々と敵を撲殺する廷玉は如何にも「好漢」という感じだ。無数の暗器を身に着ける唐霄毒は一見小賢しいのだが、毒まで揃えたその武器の種類以上に頭脳が恐ろしく、遥かに格上の相手を罠にハメて仲間もろとも皆殺しにする様子はまさに主人公の風格を持っている。


武力をもって宋朝を牛耳ろうとする梁山泊、宋朝の内部で暗躍する奸臣たち、そして宋朝に敵対する女真族ら敵対勢力も登場する本作はもちろん1巻で終わるわけがなくすでに2巻の発売が決定されている。


 


武侠小説と言えば金庸や古龍など有名な大家がいるが、有名すぎて読む気にならない。以前読んだ『武道狂之詩』の作者は香港人作家であり、遠いからあまり応援する気になれない。そんな中、本格推理小説家の時晨が武侠小説家としてデビューしたのは武侠小説初心者には嬉しいニュースになるのだろうか。


今後も推理小説を書き続けていってほしいし、本作のシリーズで武侠ミステリっぽい作品も書いてもらえたら最高だ。


 



百度百科:時晨


 


時晨の百度百科(中国版ウィキペディア)の「代表作」の欄に『水滸猟人』が書いてあって笑った。なんで今まで推理小説書いていた作家が初めて書いたばかりの武侠小説が代表作になってるんだよ。これ更新したの絶対『水滸猟人』の関係者だろ。


 


Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆