忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 帯に「『島田荘司推理小説大賞』3回連続入選」って書いているので勘違いしそうになるが本作は入選作品ではない。第4回KAVALAN 島田荘司推理小説大賞に入選したのは『阿爾法的迷宮(アルファの迷宮)』であり、本書はそもそも短編集だ。



 
ゴキブリや蚊など取るに足らない生物から犯罪が露見してしまう犯罪者の絶体絶命の瞬間を描いた表題作の『黒暗中的4虐者』、壊れてしまった家庭であがく少女の絶望を描いた『破砕的家』、出来心で罪を犯した人間たちが交錯する犯罪劇を描いた『π的交集』など犯罪者に堕ちてしまった心の弱い人間が登場する。また王稼駿作品では馴染み深い名探偵の左庶が本書でも度々出てきて、『百密千疏』や『謀殺攻略』などでは犯人側にどんな事情があろうとも容赦なく事件を解決する姿に読者は殺人が必ず裁かれるべき大罪であると思い知ることになるだろう。



 最初の3作を読んでなんか作風変わった?と気になった。上手く言えないが中国の人気サスペンス作家・蔡駿と似たライトサスペンス小説的というか、こういうの書けば読者も喜ぶんじゃない?というニーズに合わせたかのような雰囲気がある。王稼駿の小説が掲載されている雑誌『懸疑世界』の編集長が蔡駿だから作風とかが似通ってしまうのだろうか。


 しかし、後半のラジオ局を舞台にした『午夜101殺人電台』から息を吹き返したように面白くなる。やはり王稼駿の作品は魂胆を持った多人数が各々の予想を超越した行動を取って勝ち誇った犯人を一気に突き落とすストーリー展開が面白い。


 王稼駿は短編より長編の方が実力を発揮する作家だと思う。今手元に『阿爾法的迷宮(アルファの迷宮)』があるので近いうちに読んでみよう。



PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆