忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 なんか読んだことあるなぁと思ったら数年前に翻訳した作品だった。そのときは調整して短編一作品にしたと言われていたが、実は連作だったとは驚いた。



 
自身の秘密を守るために度祥の妻を殺した芸児。あとは恋人の小亮に電話をしてアリバイを作ってもらうだけだったのに、電話に出たのはその友人の岩飛だった。そして岩飛から小亮が大学構内で死んでいることを聞かされ愕然とする芸児に更に追い討ちがかけられ、小亮殺しの疑いまでかけられる。
 一方、大学構内で完全犯罪を実施した大学教授の度祥もまた芸児の電話のために窮地に立たされることになった。



 この度祥とはシリーズになっているほど普璞の作品の重要人物らしい。大学教授でありながら完全犯罪のスペシャリストで今まで何人もの人間を殺害してきた知能犯である。面白いのが彼は一匹狼ではなく友人の小亮の力を借りて犯罪を行っていることで、二人の関係性はまるでヘンリー・リー・ルーカスとオーティス・トゥールみたいだ。


 本作は『シュレーディンガー式殺人方法』を取っていると帯文に書かれているが、その宣伝はだいぶ誇張しすぎじゃないかと思う。本書で使われているトリックはほとんど叙述トリックじゃないだろうか。一体誰が殺されているかわからない、自殺か他殺かわからないことを『シュレーディンガー』で表現するのは竜頭蛇尾な残念感に襲われる。ただ、これは自分の読み間違いや読み落としかもしれない。


 可能であれば度祥シリーズを全編読んでみたいのだが手に入れるのが難しそうだ。今後『懸疑世界文庫』で連載作家の旧作が新版となって出るのだろうか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆