忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

罪癮者 著:冷小張

 

作者・冷小張からの頂き物。

 

 

前半と後半で評価が大きく異なる作品だと思う。前作『霜凍迷途』もそうだったが竜頭蛇尾としか言えないこの展開は果たして作者の意図した通りなのか、それとも作品の展開に作者自身が着いて行けずスケールを小さくすることでしかまとめられなかったのかはわからない。ただ私から見るとどうも後者のイメージを拭えない。

 

本作では前作『霜凍迷途』で脅威の推理力を披露した『監獄刑事』こと高川が刑務所に入っている理由が語られる。それは彼の恋人家族が本作から遡ること5年前に雑誌記者たちの軽はずみな報道によって犯罪組織の報復に遭い、皆殺しにされたことに起因している。高川はそのニュースを流した雑誌社に抗議しに行ったところ編集長と取っ組み合いになり誤って殺してしまったため懲役5年の刑に服していたのだ。そして本作で発生する連続殺人事件はその5年前の事件と深く関係している。

高川入獄のきっかけを作った雑誌記者の一人である卓凱は罪の意識に苛まされ酒に逃げる日々が続いていた。ある日、酩酊から覚めると傍らに見知らぬ男・余磊の死体を見つける。証拠隠滅を図った卓凱は死体を森林に埋めに行ったが後日余磊の死体は自分が埋めた場所とは全く異なる場所で発見される。それどころか、本来死体を埋めた場所からは前妻の再婚相手・呉立輝の死体が見つかった。誰かに嵌められていることに気付いた卓凱は5年前の事件に関与した雑誌記者仲間にも来た死刑の判決文が悪戯ではないことを悟る。

何者かが高川の恋人家族の復讐を遂げようとしている。だが5年前の事件とは全く無関係の人物すら次々に殺されていき、無差別殺人の様相を呈した事件の解決は高川の出所を待つことになったがその高川すらも犯人の手にかかってしまった。いったいこれは誰の、何のための復讐なのか。

 

 

まずこの作品の一番の不満は犯罪被害者を苦しめるのは直接手を下した犯罪者だけではなくマスコミやその報道を娯楽として消費する不特定多数の一般人も彼等を追い詰める一員となっていると書いているのに、犯人側の制裁が一般人にまで及ばないところである。また、同じ地域で何人もの人間が同一犯により殺されているというのにそれに対する一般人の反応が非常に薄く、警察VS犯人のありきたりな二者対立の構図にしてしまい当事者以外を蚊帳の外に置いてしまっているのもいただけない。そして報道によって人を死なせたマスコミは決して正しい存在にはないにせよ、復讐されるべき存在でもないはずだ。だが何人もの少女を強姦したレイプ犯や嘘によって人を自殺に追い込んだ冤罪加害者、恐喝者らと一緒で一括りに殺されてしまうから、法の上では無罪であるはずのマスコミの一分の正義すらも顧みられない。問題提起の機会があるのにそれを活かせていないのが非常にもったいなかった。

 

そして、犯人の正体に近付くほど犯行の動機も目的も含めてイメージが矮小化してしまうのも期待はずれだった。というのも、前半部では正体不明の復讐鬼が対象を追い詰めるためだけに無関係な人間を殺していき、死体すら復讐に利用する道具としか考えていないような冷血漢に見えていたのに、実は被害者全員に共通点があって犯人にとっては殺す理由があったと判明されるのだが、そんな理由なら無差別殺人の方がまだマシだと思えてしまったからだ。

 

前半部は今後の展開が気になるし社会派ミステリに見えるから中国におけるマスコミ事情や報道規制などを考える心構えができていたのに、大きく広げた風呂敷を畳む度にストーリーがスリムどころか先細りになり単なるサイコサスペンスに落ち着いてしまったのは本当に残念だった。

謎が明らかになる度にストーリーがスケールダウンする構成はやはり作者が題材を持て余したんじゃないかという疑いが出てくる。読ませる力はあるのだから下手に様々な殺人事件を出してそれが実は全て関連性のあったという牽強付会な結論にするのではなく、一つの事件にのみ絞った方が良かったのではと思った。

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆