忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
  

というわけで前回のブログにも書いた2回【島田荘司推理小説賞】の入賞作品が先日発表されました。

【公式サイト:http://www.crown.com.tw/no22/SHIMADA/S2.html

 

最後まで残った3作品は以下の通りです。公式サイトの文章を勝手に翻訳して転載していますが、翻訳の精度については信頼しないでください。

 

 


入選した3作品のうち《設計殺人》(台湾人作家・陳嘉振の作品)について審査員の景翔(映画評論家)は、「読み始めるとミステリに符合していたし、特に設計のルールを駆使して小見出しの組み合わせを作っていたことは内容にも呼応していた。細心の注意を払っており十分に堪能できた」と語る。

冷言(台湾人作家)の《反向演化》については審査員全員が面白いという評価で一致。景翔は「テーマを娯楽性も高く、冒険活劇と恋愛とファンタジーが存在していた」とコメント。玉田誠は今のスタイルは冒険小説にミステリ要素を取り入れたもので非常に面白かったと評価。

香港の作家・陳浩基の《遺忘・刑警》は、3名の審査員が1次予選を通過した9作品の中から真っ先に最終候補に取り上げた作品である。

 

3作品はそれぞれ日本語に翻訳され、『日本ミステリの巨匠』島田荘司により大賞作品が選ばれる。最終候補に残った3作品は台湾と中国で出版され、大賞作品は外国語版となり日本、タイ、イタリア、マレーシアなどで出版されることになる。


【参照: http://www.crown.com.tw/no22/SHIMADA/S2_f.html

 

 

4作もエントリーされていた大陸勢が全滅。そして第1回では『氷鏡荘殺人事件』が最終候補作品に選ばれた林斯諺(台湾人作家)も、まさかの2次予選落ちです。

  

大陸ミステリの夜明けは当分先と言うことなのでしょうか。

  

 

入賞作3作品の中から大賞受賞作品が島田荘司の手により選ばれるのは2ヶ月先の99日です。

予想を立てるなら、真っ先に入賞が決まった陳浩基の《遺忘・刑警》が本命といったところでしょうか。

 

 

考えてもどうすることもできないので、とりあえず運命の日が来るまで黙って正座です。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
Dokuta URL
大陸のファンは、大陸からの候補者が4人とも落ちてショックだったでしょうけど、
大陸の4人って、たぶん無名の人ですよね?
今回最終選考に残った3人のうち陳嘉振と冷言はすでに台湾で本を出してる人たちですし、キャリアの違いを見せつけたってことですかね。

すでに著作のある冷言か陳嘉振が受賞して、過去の作品も含め長編がどんどん翻訳されるということになれば嬉しいですが、
やはり真っ先に二次選考を通過したという陳浩基が本命でしょうか。
発表が楽しみです。
無題
阿井 URL
いやそれが全くの無名というわけではなく、例えば江成なんて歳月推理で作家デビューしています。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4b9736750100j0yl.html

他も調べてみますと、王稼駿なんて長編を何冊も出しているほどの社会派推理作家です(ボクは読んだことがありませんが……)
http://baike.baidu.com/view/1992368.htm

ただし、ボクの探し方が悪いのか連環と雷鈞の正体がまったくわかりません。
今の中国じゃ一定以上のレベルがあればどこででもデビューできるのに、敢えて『島田荘司推理小説賞』を初舞台に選ぶなんて骨があります。



大陸でも台湾や香港の作品はなかなか手に入らないんですよねぇ。簡体字版がやっと店頭に並んだと思ったら、何年も前の旧作だったってこともしばしば……
無題
Dokuta URL
おっと、一次通過者のなかには王稼駿もいたんでしたっけ。忘れていました。
王稼駿の前回の一次選考通過作品は「島田荘司推理小説賞受賞作」(帯)として売り出されていますから、
今回の一次選考通過作品もまた「受賞作」という宣伝文句付きで売り出されるかもしれませんね(笑)
(あるいは「获奖」って、一次選考通過というだけでも使える言葉なんでしょうか……)http://product.dangdang.com/product.aspx?product_id=20626991


江成は作家デビューしている人だったんですね。これは気付きませんでした。
島田荘司推理小説賞は2年に1回ですけど、2年後の大陸ミステリ界はどうなっているのか、島田荘司推理小説賞を獲得できるような逸材が登場しているのか、今から楽しみです。
この記事へのトラックバック
『悲しみは逆流して河になる』 ― “時代の気分” 写し取る
 【北京 読書 ブログ】  痛みをともなう青春の悲しみが、ひたひたと心の縁 (ふち) に押し寄せる。  重苦しく、ねっとりとした、逃れようのない悲しみ。  それはやがて濁流となって全身を包み込み、みるみるうちに絶望と悲嘆の底へと連れ去るのである……。  中国の若手人気作家、郭敬明 (グォ・ジンミン) が描く、現代版ラブストーリー 『悲しみは逆流して河になる』 (泉京鹿・訳、講談社) は、そんな救いようのない悲しみに満ちている。  中国語の原題は、そのまま 『悲傷逆流成河』 という。 ...
URL2011/08/08(Mon)01:32:54

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆