忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

・歳月・推理5月号

 tuili5.JPG

まだ4月中旬なんだけどずいぶん早い入荷だ。

買ったばかりなので一応目次だけ紹介…

時空監獄 /暗布焼

開棺発財揺銭樹(上) /史一里

醉推理 /華夢陽

氷之刀/林斯諺 ※書き忘れていました。2011年4月21日修正

18番ホール /横山秀夫

3 /ウィリアム・アイリッシュ

 

③の醉推理に第1回華文推理大賞003号入選作品とサブタイトルが打たれている。だがこのグランプリって今年いっぱい作品を募集して2012年の4月号に大賞以下を発表するんじゃなかったのか。

過去記事へ第1回華文推理グランプリ募集のお知らせ

実は推理世界4月号A版とB版にもそれぞれ001号入選作と002号入選作が掲載されていた。

本誌の編集前書きに「これ読んで面白いと思った人は投票してね」と書いているんで、どうやらこの華文推理大賞の結果は読者に委ねられているようだ。ちなみに投票方法は携帯電話にメールを送るだけ。うーん、なんだか不安が残るぞ。


 jiqing.jpg

献給愛情的犯罪 /既晴

台湾人作家既晴の4部からなる短編集。収録されている4作品はどれも実験的作品らしい。ちなみにタイトルを訳すとすれば『愛に献げる犯罪』で良いだろうか。

 


以下5冊は本屋で見つけて衝動的に購入したもの。

 

 

双子・悪童 海上殺人事件 /李遙策

 haishang.jpg

帯文と表紙裏のあらすじを見ずともタイトルを見ればこの本が推理小説に分類するものとわかるが、掲載雑誌は『歳月・推理』とはまったく関係ない青春文学雑誌『萌芽』だ。つまり青春系ミステリと言うことなのだろうか。

 


 

隔世偵編档案・紅珠湖 /璇児

 hongzhu.jpg

サスペンスミステリ超能力千年の秘術

中国版《スーパーナチュラル》、ダーク系《夏目の友人帳》

東野圭吾、宮部みゆき、スティーブン・キング、ダン・ブラウンたちからご推薦いただいて…いない

 

上の帯文に惹かれて買ったは良いけどたぶんミスチョイス。



謎中迷・天誅 /責任編集者 天下覇唱

 mizhongmi.jpg

20数名の作家からなるサスペンスホラーのムック本の創刊号。

責任編集者の天下覇唱と言えば冒険伝奇小説の有名作家で盗墓小説の大家。代表作の『鬼吹灯』は現代中国の小説に詳しい人ならその名を聞いたことがあるんじゃないだろうか

ちなみに本誌では吸血鬼小説の父祖ことブラム・ストーカーの『ドラキュラ』が連載されている。今更感が半端ない。

 


 

三体 /劉慈欣

 santi.jpg

中国科幻銀河賞特別賞受賞作品、ということで中国オリジナルSF小説だ。ちなみに3部構成である。

 

文化大革命が展開する一方で、宇宙文明を探索する極秘計画が進行していた。地球からの信号をキャッチした四光年先にある『三体文明』は苦難のただ中にいた。三体文明を作った三体人はとある理由から母星を捨てており、新たな居住地を求めて大艦隊を編制して地球に攻め込む。というあらすじ。

 

作者劉慈欣は短編『流浪地球』が『さまよえる地球』として日本語に翻訳されている。

 


 

北京的金山上 /大仙

 jinshan.jpg

中国のバーやクラブで日夜情事を繰り広げる不特定多数の懲りない男女の小説。“性的”と形容すべき小説らしい。

 


 

さて、この中の何冊が積ん読になるんだろうか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆