忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 
 久々に【歳月推理】をほとんど(海外物以外)読んだ。というわけで11月号の感想を簡単に書き記してみる。まずは掲載作品の紹介から。
 
  suiyue1111.JPG
 
 目次(作品タイトル/作者名
 
 《オリジナル》
 罪悪天使―穿紫格子大衣的女人/ 午曄
 酔殺/ 章蒙霞
 消失的北極星/ Spring
 凶手車小春/ 黒骨
 1/2模倣犯/ 別問

 
 《海外物》
 神秘来客 / オースティン・フリーマン
 (ソーンダイクシリーズ。原題及び邦題不明)

  世界怪奇実話之復活的戦死者/ 牧逸馬
  

 《コラム》
 台湾地区推理漫談―“既晴流”
 (天蝎小猪による台湾人推理小説家『既晴』の紹介)
 
 

 いつもは1作品だけを取り上げてレビューを書くけど、今回はオリジナルミステリ5作の感想をざっと書いてみる。
 



 まずは【罪悪天使―穿紫格子大衣的女人】(紫色のチェックのコートを着た女)。本誌に久々に登場した午曄が罪悪天使シリーズの最新作を引っさげてきた。
 

 客で賑わう火鍋屋でフグ毒を盛られ殺された女。レストランだというのに財布すら所持していない女の身元を調べると、とある殺人事件の被害者として警察のデータベースに登録されていた。

 主人公たちは既に犯人も捕まっている過去の殺人事件に真実が隠されていると睨み、再調査に臨む。しかし、功を焦った同僚が彼らの調査の邪魔をする。
 
 
 死者がもう一度殺されるという絶対に起こりえない出来事に、物語では早くから警察内部によるデータの改竄が指摘されるが、実際そのとおりだから意外性がない。しかもその方法が警察官によるハッキングと言うからスケールが小さい。
 
 午曄と言えば物語の現実性と論理的な推理を重んじる小説家として知られているが、今回はリアリティを意識するあまり小さくまとまりすぎていた。それに、一介の警察官が警察のデータを本当に改竄できるのか、午曄の作品だからこそそこが疑問に残った。
 


 【酔殺】は何故掲載されたのかよくわからない出来だった。
 
 QQ(中国のメッセ)で顔も名前も知らない他人から完全犯罪の手段を教授されて実行に移した男が、読者の予想通り警察に捕まってしまうという間抜けな話。

 完璧に見えた計画が実行犯のミスや思わぬアクシデントで簡単に瓦解して、刑事の執拗な責めに遭う犯罪者を描くのが完全犯罪物の面白みだと思う。だけどこの話は、実行犯が思慮の足りない人間だったのも失敗の一因ではあるものの、そもそもQQで教えてもらう犯罪計画が既に全く完全に見えないのだ。
 
 本作の肝はQQの向こう側にいる計画立案者の正体なのらしいが、これが蛇足そのものだった。実はQQの会話自体妄想だったというオチが許せるほどのレベルである。
 

 リアリティ重視の午曄の作品の後にこんな荒唐無稽な作品を載せるなんて、編集者による配置の妙としか言えない。編集部が午曄先生から怒られていないか心配だ。



 

 【消失的北極星】は日本で実際に起きた不可思議な事件を下敷きに、作者Springが想像力を駆使してミステリ小説に仕上げた短編だ。
 

 今年の8月あたりに、大阪か東京のどこかに無造作に捨てられていたドラム缶の中から死後数年は経過している複数人のバラバラ死体が発見されたのは記憶に新しいだろう。
 
 数年も冷凍保存されていた死体が突然人前に姿を現した脈絡のなさと、ドラム缶内部に市場にはあまり出回っていない特殊な物質が入っていたり、数人の男女がドラム缶を捨てていたという目撃者の証言も出てきたりして、事件は不可解で猟奇的な様相を呈した。
 

 この死体遺棄事件を別角度から見たのがSpringだ。彼は殺人犯と死体遺棄実行犯が別人であると想定し、物語の舞台を日本のままにして日本人的な人間ドラマを描き出した。

 
 さてこの短編は現在【歳月推理】と【推理世界】誌上で行われている【華文推理グランプリ】の21作目のエントリー作品である。この推理大賞の応募規定はないに等しく、舞台が中国でなくても構わないようだ。しかし、もし本作が大賞に選ばれた場合でも【華文推理グランプリ】と言えるのかと考えると、エントリーさせるべきではなかったと思う。             
 
 



 11月号で話の構成が一番上手かった作品が【凶手車小春】だ。
 
 高校生の車小春(男)が殺人を犯して逃亡した。現場の状況や目撃者の証言から犯人は車小春で確定しているのだが、彼が殺人を犯した理由は誰にもわからない。

 事件の中心人物車小春の交友関係を探ると学校では目立たない態度とは裏腹に、高校生離れした彼の生活が明らかになる。良き家族や優しい恋人たちに恵まれた車小春が何故『悪魔』とまで呼ばれるようになったのか、刑事の捜査から犯行の動機が徐々に浮かび上がってくる。
 




 【1/2模倣犯】は家の見取り図や図表を駆使したミステリだったが、手の込みように比べるとオチがどうしても見劣りしてしまう。しかし残酷で情感あふれる内容には一読の価値があった。

 この作品も【華文推理グランプリ】の入選作だが、物語性だけを見ると上位に食い込めそうである。


 
 

 レビューの後半にあからさまな手抜きをしてしまったが、11月号はこんな感じで今ひとつの掲載陣だった。悪くはないのだが飛び抜けて面白い作品がなかったのは読者としては痛い。
 
 
 
 光棍節の昨日、11月11日には歳月文学雑誌社から新雑誌が創刊された。

 wuyexiaoshuohui.jpg
 
 読者層を広げるために掲載ジャンルをミステリ1本に絞らず、ホラーや冒険物の名手の新作を収録した新雑誌は果たして成功するのか。

 中国大陸ではおそらく初となる推理大賞を創設するだけに限らず、ジャンルの幅を広げた雑誌を出版してチャレンジを続ける歳月文学雑誌社から当分目が離せない。
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆