忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 l75354540580022002170.jpg

 前作に法医学者としての自身が経験した事件をまとめた『我是法医』があるが、本作は彼の経験を基に書かれた小説である。

 作者の張志浩は去年日本の大学に招かれて来日した次の日に東日本大震災に遭遇している。そのときの体験を著した本『日本大震災 親歴記』を出版したあとも日本に滞在しているようなので、彼の名を知っている日本人もいるかもしれない。

 625362.jpg
 
 ストーリーは若手の法医学者浩哥(もちろんモデルは作者の張志浩)が女性だけを狙った惨たらしい連続バラバラ殺人事件の被害に遭った死体の検死を脊柱にしている。更にその合間に発生する個別の殺人事件にも駆り出される彼は、検死によって死者の死ぬ直前の行動を推理し、事件解決に一役を買う。
 

 検死のシーンやところどころに挟まれるウンチクなどはまぁまぁ面白く、裏方作業に徹する浩哥の仕事ぶりもそれなりにリアリティを感じる。しかし、大きなストーリーの合間に小さな事件を挟むやり方は、作者の貯金を崩して誌面を水増しさせている感が否めない。そもそも本書のあらすじに、女教師の墜落死やガス中毒死などの案件はバラバラ殺人事件と関係があるのだろうかと煽っているのに、やっぱり関連はありませんでしたじゃあまりにもヒドイ。
 


 この前読んだ『X的悲劇』はミステリ小説を作ろうとして様々な謎を盛り込んだ挙句失敗した小説だが、本書はミステリ小説の体裁すらなしていない。しかしそれは読み方の問題で、最初から実録風の法医学小説として読んでいれば事件の一つ一つは独立したストーリーと納得できるだろう。だがそこに小説としてのドラマ性と連続性を付けているから、教師の飛び降り自殺や一家ガス中毒死などが挟み込まれることによって、物語で一番重要なバラバラ殺人事件が時々思い出したようにしか出てこなくなり、読み手をイライラさせる。
 これは長編小説ではなく事件ずつに短編を書き分けた方が良かったんじゃないだろうか。
 
 
 また本作には白血病に罹った同僚の法医学者と殉職した同僚の奥さんのドナーが偶然適合するという安っぽいドラマが盛り込まれている。美味い豚肉食って病気が治ったというオチの方がよっぽどマシである。

 作者は実体験を筆に起こすのは上手いのかもしれないが、それを創作に盛り込むのは苦手なのかもしれない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆