忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
[08/18 まあちゃん]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

ただの留学生には中国ミステリ業界の隆盛を肌に感じることは難しいが、のんびりと一年も北京に暮らし毎月数冊の雑誌を買っていると雑誌の傾向や読者の好みなどがそろそろわかってくる。

 

これは紙質同様内容も粗悪でエログロであるとか、ホラー色が強いとか、作品よりもコラム系に力を入れているとか各雑誌の力の入れ所が違い面白い。

 

 panda6.JPG

 

 

 

その中でボクが定期購読している『推理』はわりと良質なミステリ雑誌と言えるでしょう。日本や諸外国の名作を翻訳して無断掲載しているのでまるっきり真っ当というわけではないが、今のところボクの肌に一番合っているのがこの本だ。

 

 panda43.JPG

 

 

 

だけど何か特別なところがあるわけではない。『推理』を含めて全てのミステリ雑誌の構成はどんぐりの背比べのようなもので推理小説初心者向けの造りになっている。『推理』は毎月一人国内外の有名作家や作品を紹介するスペースを設けており、『推理倶楽部トップ10』という企画をしている。

 

その企画は『東野圭吾作品トップ10』だったり『密室殺人事件トップ10』だったりと他愛もない内容で空いたページの埋め合わせとも見えなくはないが、読者に興味を持たせようとしているらしいことはわかる。だが別の本ではミステリ業界の変遷を年表にしていたり、凶器の種類とそれで体に現われる傷跡などを書いていたりする。

 

 

 panda7.JPG

 


図はアガサクリスティ作品トップ10特集





 

話がずれてしまったが本編の小説もお世辞にも巧いとは言えない作品ばかりだが、それも仕方のないこと。ほとんどが新人である彼らに与えられたページ数が少ないので事件の経緯を書くだけでもう紙が足らず、事件を解決する最後のピースは探偵自身の口から語られる。だから読者は事件が起こってから探偵が解決するまでの経緯をなぞらえて読むしかなく、自力で推理をする余裕など与えられていない。

 

しかしボクが『推理』をひいきしているのはやはり他よりもレベルが高いからだろう。根拠はないけど、作品を読むと小説家も編集者も良いものを作ろうと努力しているのが感じられるのだ。

 

その『推理』の中でボクのお気に入りの作家が二人いる。一人は杜撰、もう一人は御手洗熊猫というどちらも若い小説家だ。名前からして人を喰っている二人だけど、杜撰は若手とはいえかなりのベテランであり単行本も出版しているほどだ。ボクが読んだ限り彼の作品には、殺人が、と言うより事件と言えるほどのことが起きない。主人公が彼のもとに舞い込んだ少し不思議な依頼を解決するだけの作品なのだが、読後には胸がすくような気分を味わえる。

 

だが今回取り上げるのは彼ではない。後者の方だ。


御手洗熊猫、つまり日本語訳すれば『御手洗パンダ』という名前のこの作家、名前の通り島田荘司のファンのようで作中に島田庄司と御手洗濁という人物を出している。(中国語には『荘』と『庄』の区別がなく、『庄』の文字が使われる)

 

中国のミステリ小説で日本が舞台になっているものは少なくない。それをよく書く小説家もいる。しかしパンダのように実在の人物を出す作家は少ない。

 

ただし作中の島田荘司は持病を患う最早落ち目の作家であり、御手洗濁というのも御手洗潔同様探偵だが本物とは比較できないほどの凡才です。

 

 panda2.JPG

 

パンダはこれまでこのシリーズで二つの作品を発表している。

 

ネットの評判はなかなかのもので、「こういう作家を待っていた」だの、「大胆で斬新な作風はこれからの推理小説界に必要だ」と掲示板には賞賛の声を挙げられています。ただし「トリックに矛盾点はあるが」という枕詞が忘れられていませんが。『ここがおかしい』と問題点を並べたレスも多かった。

 

では彼の作品がどんなものなのか、これから紹介します。

 

 panda1.JPG

 

処女作『奇想天外のテレポートマジック』〈原題 异想天开之瞬移魔法〉は島田庄司が過去に起きた不可解な未解決事件を御手洗濁に語るというもの。

 

舞台は昭和57年のサーカス劇場。サーカス団の花形が瞬間移動というメインマジックを終わらせた後にステージ上で首なし死体となって発見される。島田は御手洗濁に当時の状況や証言全てを教え、事件の真相を解き明かそうとするのだが・・・・

 

この小説のメイントリックは双子を利用したものです。

 

と『読者への挑戦』で始まるこの作品のトリックは凄まじいものでした。複雑すぎて説明すると頭が痛くなるのでネタばらしはできないのですが、シャム双生児が出てきます。

 

 panda11.JPG

 

次作『人体博物館殺人事件』〈人体博物馆谋杀案〉は人体博物館を建てた奇異な館長から招かれた御手洗濁含む著名人が奇妙な殺人事件に巻き込まれるという話。

 

ここでも『読者への挑戦』が出てくる。そしてトリックには直接関係ありませんがバニシング・ツインが事件と深く関わっています。

 

二作とも読んだ感想は『なんだか理解できない』に尽きます。推理がややこしすぎて全然説得力が感じられないのです。御手洗濁の得々とした語りが真実であるのに牽強付会の域を出ず、彼が次々に読者には思いも付かない可能性を出してくるから読者を戸惑わせます。

 

また、シャム双生児やバニシングツインズなどの異常な設定に説得力を持たせるために「アメリカにはヘンゼル姉妹というシャム双生児が実在した」とか「1939年、ペルーの小村で五歳の少女のお腹から生きた赤ん坊が生まれた」など過去の実例を挙げますが、それはトリックの成功率と整合性を上げるのに何も役立ちません。

 

ミステリ小説はそのトリックの論理性が重視されるはずなのにそのような矛盾や齟齬は棚に置かれネットで好評を得ているパンダの作品はいったい何なのでしょうか。

 

 

 

彼はおそらくミステリ玄人向けの小説を書きたいのでしょう。

 

『奇想天外~』冒頭の『読者への挑戦』の文言は西村京太郎作『殺しの双曲線』からの引用であると作中の後書きで明言していますし、『人体博物館』の登場人物は小栗虫子、泡坂昌男、歌野静子、小栗京太郎などと有名推理作家の名前をもじっています。設定もどことなく大正から昭和にかけて日本の推理業界を隆盛させた新青年っぽいです。トリックが無理矢理な感じが特に。

 

このように日本のミステリ小説を下敷きにした日本風ミステリがもてはやされるということは、目の肥えた中国人読者がいまのミステリ業界に閉塞感を抱いている表れではないでしょうか。

 

中国では数多くのミステリ雑誌が出版されていますがその中で海外作品を凌駕するような傑作が何篇あるでしょう。日本を含め海外の名作を読んできた読者にとって、突如として現われた新人御手洗パンダはインパクトがあるだけではなく、中国のミステリ業界に新たな可能性を打ち出した新星なんじゃないでしょうか。

 

彼の作品は本格でもなければトリックに遺漏がありミステリとしても破綻してもいます。ですが、こぎれいにまとめられた十人一様のミステリなんかよりも設定もトリックも異端で実験的な小説が多く出てきた方が得るものもあるでしょう。

 

 

 

ネットの噂だとパンダは現役の大学生らしいです。

 

イロモノの同人誌作家で終わらないでいてほしいですが、ボクはパンダに本物の『島田荘司』と『御手洗潔』が中国で活躍する推理小説を書いてほしいです。

 

それで島田先生と御手洗潔がこれから推理を披露しようとしたところ中国人に

「お前なんか知らねぇよ、さっさとロスに帰ってろ!」
と殴られて欲しいです。(お前知ってんじゃん!!)



panda22.JPG

事の真相を知って
愕然とする島田庄司先生



 

第一回 島田荘司推理小説大賞

 

そしてなんと、アジアを対象にした『島田荘司推理小説賞』が設けられたそうです。これはますます御手洗パンダに頑張ってほしいです。

 

今のままでは島田荘司氏が定義する本格の条件に満たず落選することが目に見えていますが、難しいトリックを考えられる力量は備えているので(それがどんなに偶然性の高い穴だらけのトリックだとしても)ベクトルを切り替えれば本格推理小説家として化けるかもしれません。

 

 

 

さらに、なんと御手洗パンダ氏のブログがありました。

 

 献给岛田庄司的推理

 (島田荘司へ捧げるミステリ 無論中国語です)

五月分で更新が止まっていますが、これからもパンダ先生から目が離せません。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
初めまして。コメントありがとうございます。
黒きオーラ URL
阿井幸作さん、それと管理人の栖鄭椎さん初めまして。
中国在住の方でしたか。私は現代中国の生の知識は皆無に近く、他の記事も興味深く拝見させて頂きました。

押切先生の作品は初期の読み切りの頃から、何か強烈な魅力がありましたが、今や日本有数の連載数を持ちしかも、どれも異なる味があって見逃せないです。
そういえば・・
ヤフーの無料ウェブ漫画サイトにて「プピポー!」を連載中で、これは中国からでもたぶん無料でアクセス可能であります。
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/pupipohh01_0001.html
押切作品は幽掲載の短編、少年シリウスの「ゆうやみ特攻隊」、ホラーMの「ミスミソウ」といった暗黒面の強いホラーが多い中、プピポー!は癒し系ですね。
しかし。かわいい、いわゆる「萌え」の中にも押切先生の持ち味であるホラーギャグの世界観が生きています。

いや、押切作品は全部大好きなのです。
返信ありがとうございます
阿井 URL
黒きオーラさん、情報ありがとうございます。

実は中国でも押切先生の作品を読めることは読めるのです。真っ当な方法ではありません、中国語に無断翻訳した漫画がネットで読めるのです。

しかしある作品は「ゆうやみ特攻隊」の一作だけ。中国語では「黄昏特攻队」「打鬼」(幽霊をぶん殴る)と言います。

一話完結型で巻数も多い「でろでろ」が訳されてないのはおそらく、内容が「日本人あるある」だからでしょう。すいません、良い例えが見当たりません。

ボクは「でろでろ」から押切読者になったのですが、「マサシ!! うしろだ!!」や「ドヒー!おばけが僕をぺんぺん殴る!」で『この人大丈夫かなぁ』と心配になりましたよ。

でも「幽」の連載作品を読んだ後は『こんなのも描けるんだ』と驚かされました。鉛筆だけで描かれた、湿り気の全然ないギスギスしたホラーは衝撃でした。


押切読者として後ろを歩かせて頂きます。今後ともよろしくお願いします。
追伸
阿井 URL
黒きオーラさん、僭越ですがリンクを貼らせてもらっても良いでしょうか?
リンク大歓迎です!
黒きオーラ URL
なるほど。中国の漫画事情は全く知らず、実に興味深いですね。
情報ありがどうございます。
著作権を軽視する風潮は問題ですが、ネット上での漫画掲載が普及しているのは、ある意味日本より先進的ですね。
・・日本でも、ニコニコ動画などの動画サイトでのアニメや音楽の無断掲載が、問題になってたりしますけどね。

でろでろ、確かに翻訳は難しそうですね。中国語だけでなく、英語でも。
言語の問題ではなく、価値観や雰囲気を伝えるのが困難そうです。
中国はどうか知りませんが、欧米など一神教の文化圏の人々には、話を面白がるための前提となる独特の雰囲気が、少ないページ数では伝わり難いでしょう。
・・私も具体的には、よく分かってませんけど。

私は、でろでろ連載前の短期連載「悪霊ドリル」や「カースダイアリー」から、奇妙だけど何となく面白みのある漫画だなと思ってました。
私は「この人大丈夫かなあ?」と思わせるような作風こそが、押切先生本来の持ち味だと思ってます。
絵やストーリーが崩れていても、何故か惹かれる魅力があるのですよ。
追伸、相互リンクさせてください。
黒きオーラ URL
同じ押切蓮介作品のファン、しかも「マサシ!うしろだ!」「ドヒー!おばけが僕をぺんぺん殴る!」さらに読者数の少ない幽掲載作品もご存知の方となれば、まさに同好の士であります。
是非是非、こちらからもリンクさせてください!

・・明日の都合もあり今夜は失礼します。
近いうちにリンクを貼らせて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。
無題
阿井 URL
黒きオーラさん
返信ありがとうございます。
日本にいたときはボクの周りに押切蓮介読者という奇特な人は少なく、「でろでろ」読者しかいなかったんですけど、やはりネットは広いですね。
少なからずボクも押切フリークを自負していたのですが、上には上がいますね。

相互リンク貼らせていただきます。
無題
Peter Bush
御手洗熊猫の質が非常に劣る,中国本格推理作家の中の優れた者:文澤爾。
本格傑作『荒野の狩人〈荒野獵人〉』の作者は文澤爾である.
無題
阿井 URL
Peter Bushさん

情報ありがとうございます。
パンダ氏の作品は確かにミステリとして欠陥がある物もありますが、けっこうスラスラ読めちゃうんですよね。ハッタリが効いてると言いましょうか。

文澤爾の荒野獵人、今度本屋へ行ったとき探してみます。
無題
Peter Bush
どういたしまして。
荒野獵人,この本は今年の夏休み出版されたものだ(七月,新星出版社)...小説は一読の価値がある,文澤爾の前途は洋々たるものがある。荒野獵人の情報:http://tieba.baidu.com/f?kz=530065886
抜粋する(pdf):http://www.namipan.com/d/34b0706c9407ccdcda4200c636ad3369734d05ddc8691500
無題
Peter Bush
情報:

http://tieba.baidu.com/f?kz=530629724


http://tieba.baidu.com/f?kz=540508510
無題
阿井 URL
Peter Bushさん

情報ありがとうございます、先日本屋へ行って荒野の狩人を捜したのですが見つからなかったため(北京にはまだ入荷されていない?)、氏の他作品「冷鋼」という本を買ってきました。

まだ数十ページしか読んでいないのですが、海外が舞台で驚きました。ミステリサスペンス色が濃いですね。
無題
Peter Bush
「冷鋼」はもう読みました,まあまあです。しかし,「荒野獵人」,こっちのほうがうんといい……そうだ,文澤爾のBLOG:http://www.douban.com/people/wenzel/
無題
笨小孩
请问,你会说汉语吗?对不起,我看不懂日语,但是我很想知道你对御手洗熊猫的评价。你既然来过中国,那应该会一些汉语吧?拜托拜托,你一定要回复我。
無題
阿井 URL
您好,苯小孩。

可以叫您苯小孩吗?

我已经在北京快到两年。虽然我会说汉语,但是在我的水平还不会用中文写评价,不好意思。

对我来说,熊猫写的小说的谜题,有的时候看得不明白。这个原因是,第一是我自己的问题,第二是熊猫的问题。他写的复杂,看解谜也不明白。

我现在在北京过日子。您在哪里?
無題
笨小孩
你不用说“您”,因为我比你小。可以的话,你叫我小笨就行了。我们交个朋友如何?
还有就是麻烦到你了,我真是笨,都忘记网上有翻译器,不过那些翻译器都太烂了,很难看得懂啊!真是看晕我了。
我觉得熊猫的小说的文风很差,导致他的小说看上去很乱,你看不懂也是正常的,因为有些地方我也看得不太懂。不过他真的很厉害,他写的谜团和解答太强了,只是由于文风差而限制了他的能力,他还有很大的提升空间,潜力很大。熊猫是我最喜欢的作家之一。
另外,我现在住在广东省佛山市。你知道佛山市不?这里既是黄飞鸿的故乡,也是李小龙的故乡。
还有,请问你是留学生吗?
re:熊猫
阿井 URL
对不起,我回信晚了。 熊猫写的小说是对中国人来说还是很差吗?我有一点放心了,哈哈哈。
不过我也认为它将来肯定会发展。

你住在广东省吗?太远了,你怎么知道我的网站吗?虽然网络没有距离的障碍。

我已经不是留学生,在北京过日子
無題
笨小孩
太奇怪了,当我无意中想起你的blog时,只要打开你的blog,就会发现你已经回复了我,而且你回复的时间刚好和我看你的回复是同一天!难道我有预知的能力?哈哈

其实熊猫的作品也不算差啊,我记得我刚看完他那篇《异想天开之瞬移魔法》时,我真的觉得他很强大,不过我的观察力不足,没有发现那篇小说中存在着许多的不足之处,这些我都是在时候才从别人的口中知道的。虽然如此,他的作品还挺厉害的,就是不知道你有没有看懂他用的那个双生子诡计。他有很多fans,当然也有人不喜欢他的

你的blog我是怎么知道的?哈哈,这是一个秘密哦!对我这个侦探来说,这只是小儿科罢了,哈哈,我的牛吹得太大了

我最近也在写小说哦,不我的文笔可能比熊猫更烂

还有,你现在在做什么工作呢?在中国几年了,这几年就只呆在北京吗?
無題
笨小孩
“这些我都是在时候才从别人的口中知道的。”应该改为“这些我都是在事后才从别人的口中知道的。”

不好意思,我打错字了,我怕你看不懂,所以就特意告诉你一声
不好意思,回答晚了
阿井 URL
笨小孩

你好,对我来说,用中文写文章太费力。现在没有自己的时间,我不得不回信晚一点,真不好意思。

你平时看[推理岁月]吗?或者别的杂志看吗?我正在找挺有意思的推理小说,但是现在没有时间,而且我家附近没有书店,只有书报亭。所以没有看好书的机会。

如果你有要推荐的书本,请给我介绍一下吧。
無題
笨小孩
我是在学校里面的书店买的,平常一般都是看《推理世界》,《岁月推理》很少有的买,所以就很少看《岁月推理》。我看过《推理大师》,不过现在已经停止销售了,还有《大侦探》《推理志》。虽然《推理世界》很少优秀的作品,但就我看过的杂志中就它最好了。

我平时也没有太多的空闲时间去看推理小说,那些没有看的书都有六七本了。而且那些大师的作品我也只看过一两本,觉得并不好看,所以我无法推荐给你了。听说新星出版社出的推理小说挺好的,你去找找有没有你喜欢的吧,我就买了一本《X之悲剧》,不过没有时间去看。

工作很忙吧?小心身体哦!
無題
笨小孩
请问你对杜撰有何看法?你最喜欢他的那些作品?
無題
阿井 URL
笨小孩

你好,你打算国庆节怎么过?我一直在北京。

杜撰吗?我觉得杜撰是在推理杂志上不可缺少的作家。他写的小说有逻辑,而且不难懂。小说的故事都是亲近的,连没发生杀人的事件也有一定的水准。不过不能成为杂志的主人公。。。。。

喜欢的作品?说不定,但是我记得看他的作品
的时候我没感到不满。
無題
笨小孩
国庆也没怎么过,就只是看看一些电视节目罢了

我这里又有《推理》买了,你有没有看过水天一色的作品啊?

你也应该放假了吧?
無題
阿井 URL
我也在国庆节看网站的搞笑节目。

水色一天吗?我看过一些作品。不过没有什么印象
無題
笨小孩
最近我们学校里的书店终于有得买《推理》了,可惜学业紧张,没有太多时间看
时间有限
阿井 URL
你好苯小孩
我也最近工作太紧张,不管推理还是小说,什么都不能看。
無題
ctt
你好,我是通过熊猫的贴吧看到你的blog,我刚刚喜欢上推理,觉得熊猫写的气势宏大,不知道为什么给你留言,只是最近日本地震牵扯着每一个人的心,不管你看不看得到,在这里真心的祝福每一个日本人民,同样祝福你,希望你的国家能够尽快从灾难中恢复过来!加油!
無題
阿井 URL
ctt先生

您好。欢迎来到我博客,谢谢。
我博客只写日文,您或许看不懂我写什么,但是您一定感到我对中国推理小说的热情。
虽然日本还没普及中国的推理小说,但是有一些人在支持它。

感谢您们中国人的诚心诚意的协助。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆