忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 

 

  

 数学者アルフレト・タルスキの有名な真実定義から取ったタイトルに作者の教養の深さを感じずにはいられない。

 

日本人イラストレーター中村至宏が表紙デザインを担当した本書は外見の時点で他の中国ミステリと一線を画する、陸秋槎お得意の『少女ミステリ』である。前作『元年春之祭-巫女主義殺人事件』では、読者が殺人の罪を問うこともためらわれるほど一途な同性愛的憧憬を見せてくれたが、本作でもタイトルに『雪』と『白』という純潔さを象徴する漢字が使われているように、他人の干渉を全く受けたくない少女の身勝手な愛が描かれている。

 

 


生徒会長の馮露葵と友人の顧千千は5年前に校内で起きた女子高生死亡事件に興味を持つ。ルームメイトたちからイジメを受けていた唐梨という少女がある雪の降る日にイジメ加害者のナイフで自殺を図った、という事件だったがその状況に疑問を覚えた馮露葵は、事件当時在校生であり現在は同校で司書として働いているミステリ好きの姚漱寒の案内で当時の関係者たちに話を聞きに行く。しかし、事情聴取後に学校で5年前と同様の事件が発生する。被害者は校内の問題児であり、イジメの加害者として先日顧千千たちから退学を命じられた呉莞だった。犯人はなぜ5年前の事件を模倣したのか。馮露葵と姚漱寒は事件の解決に動く。


 

 

まず、キャラクター造型が面白い。前作『元年春之祭』では聡明且つ冷酷な少女と平凡で優しい少女が探偵・助手の役割を果たしていたが、今作では一般的な探偵・助手像から脱却し、関係の倒錯した両者が描かれている。主人公の馮露葵は典型的な生徒会長キャラで頭の良い文学少女であるがミステリ小説には暗い。一方、馮露葵の助手として活躍する姚漱寒は一見すると自分が働いている高校の学生よりも幼く見える外見であるが、大人として、そしてミステリ好きとして馮露葵を引っ張っていく。生徒と先生(司書)、クール系年下と明るい年上、大人びた少女と子供っぽい大人の関係が事情聴取の旅を続けるという少女ミステリ好きならたまらない内容だ。

 

 

5年前の唐梨の事件とそれを模倣した現在発生した呉莞の事件は全く同じ雪を利用した密室殺人であるが、そのどちらもトリックそのものに焦点が置かれていないように見える。5年前の事件を解決する手段として馮露葵らは当時のイジメの加害者らに聞き込みに行くが、このようにして話の大部分が「犯人は誰か?」に当てられる。そして模倣事件が起きると、密室や犯人の謎以前に「何故やったのか?」という疑問しか思い浮かばなくなる。

 

2つの事件の謎が動機のみに絞られていき、トリックの内容よりも衝撃を受ける犯罪の理由が犯人の口から語られた時、本作は『少女ミステリ』として完成する。

 

新本格が持っている、人を人とも思わず殺人計画の一部として利用する度の過ぎた残酷さを当然本書も持ってはいるのだが、一般的な殺人犯とは異なる凶器に駆られた本書の犯人には「馬鹿馬鹿しい」と一笑に付せない凄みと美しさがある。また幼い動機であるがゆえに、それは金銭目当てや怨恨など言うに及ばず他のどのような動機よりも純粋に思え、読者はきっと犯人に共感を示すだろう。だが犯人が特別であり、動機が特別だからこそ、それを肯定してはならない。全編に百合的な雰囲気が通じている本作が結局救われない結末で終わってしまうことは、中国における同性愛のタブー性を象徴しているようでもある。

 

是非とも大勢の人に読んでほしい新本格中国ミステリである。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆