忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 まあちゃん]
[08/19 阿井]
[08/19 阿井]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 

ギブアップ。

この本は以前にマイクロブログで知り合いに「読むだけ時間の無駄だ」と忠告されていたにも関わらず、冒頭部分が非常に引き込まれる話になっていたので期待して読み進めた結果、半分ぐらいのところでこれ以上読むのが辛くなり放棄しました。

 

この本をジャケ買いならぬタイトル買いした読者は少なくないでしょう。『単身太久会被殺掉的』、日本語に訳せば『独り身が長いと殺される』という目を引くタイトルだ。更に英語の副題がFind a Husband Before the Killer Finds Youとなっていて思わず苦笑いが漏れます。

ただし、とあるレビューでこのタイトルが『我的妹妹不可能那么可愛』(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)、『問題児童都来自異世界』(問題児たちが異世界から来るそうですよ?)といった日本のライトノベルみたいだという指摘にはあまりピンと来ません。

 『単身太久会被殺掉的』消費者のツッコミ

 

単に文字数の多さが似ているだけでインパクトでは全然劣ります。日本のライトノベルみたいなタイトルと言うのであれば『単身太久的我終於被殺掉了!(ずっと独身だった私がついに殺された!)ぐらいないと。(中国語の正確性は保証できません。)

 

 

本作のあらすじは以下です。ホント、始めの数十ページは面白かったんですけどね…

 


法律事務所に働く周遊は高学歴で高収入だがまだ独身という典型的な余女(行き遅れ)であり敗犬女(負け犬)(注:原文ママ)だった。その彼女が事務所の女ボスから自殺案件の調査を頼まれる。それは、大手の製薬会社からの依頼であり、新薬の抗鬱剤の治験をしていた女性が突如自殺し、女性の遺族が自殺の原因は新薬の副作用にあるとして製薬会社を訴えていることに対し、原因が薬とは無関係であることを示す証拠を探すという内容だった。

事件を担当している刑事の王小山の協力の下、自殺した女性がネット掲示板に投稿していることを掴み、そこから彼女が死ぬ前に失恋していたことが判明する。自殺は失恋によるショックと考え依頼の成功を確信する周遊であったが、死体の状況を思い返してそもそも他殺ではないのかと疑い始める。そして、日を置かずまたもや同じ抗鬱剤の治験をしていた女性の自殺が起こり、彼女は再び調査に乗り出す。立て続けに起こる自殺は抗鬱剤の副作用なのか、それとも連続殺人事件なのか。


 

 

裁判に勝つ証拠を探すために法律事務所の人間が探偵の真似事をするという切り口が面白かったのですが、それ以降はただただ読みづらく、展開の把握しにくい小説でした。

 

なんでこの本が私にとって読みづらかったのか、以下の3つの原因が挙げられると思います。

 



1.一人称の視点がわかりにくい

本書は主人公・周遊の一人称視点で物語が進み、地の文では『我』(私)の心情が吐露されます。その一方で被害者が掲示板へ投稿した文章も作品の肝になっており、周遊はその投稿から被害者の足跡を追うわけですが。本文にしょっちゅう挿入される投稿文の中にある『我』と主人公の『我』がごっちゃになるため、誰のことを言っているのかわからなくなります。

投稿文と地の文はフォントを変えて区別しているのですが、それでも投稿文と投稿文の間に主人公の感想?めいた文が挟み込まれるので、やはり混乱してしまいます。

 

2.時間や場面の描写が細かすぎる

改行のたびに201061010時半などと時間まで書いたり、特に本編と無意味なマンションの階数から部屋のナンバーまで書かれて非常にくどかったです。

例えば

96ページから

622日午前912分、何桜がオフィスに着くといきなり電話を取って、切った後無理やりいつもと変わらない表情をしてみせた

134ページから

622日午前912分、怒りが彼女の顔から心へと押さえつけられ、即座に巧妙な計画が生まれた。

 

1ページ毎に時間経過や場面移動の様子が事細かに伝えられるんですが、報告書じゃないんだからそこまで詳しくなくてもいいと思うんですよね。おそらくこれは事件の謎を解く鍵がネット掲示板への投稿文になっているため、その投稿時間に各人が何をやっていたのかを提示することで読者が犯人を導き出せるヒントとして書いているのかもしれませんが、推理小説でこんな工夫をされても感心こそすれ感動はしないと思うので努力の方向を間違えているような気がしてなりません。

もしかして作者なりの時刻表トリック的なことをやりたかったのかなと勝手に想像してしまいます。

3.使い古されたネタ

今どき、掲示板の投稿から警察でも把握していない被害者の動向が明らかになったり、現実世界との性格のギャップなんか書いたって「今更感」が強すぎて全然興味を惹かれないんですよね。

 

ただ、これは作者もあとがきで述べているように、この作品が雑誌に掲載された2012年(2010年?)当時と違ってMSNメッセンジャーは既になくなったし、グーグルは中国では閲覧できなくなったし、掲示板も規制されて過激な内容が減っていったし…と作品世界はたった5年前ですが、それでも各種事情が現代と乖離しすぎて全体的に時代遅れになってしまったわけですね。

 

匿名掲示板による被害者や加害者への人肉捜索(人物特定)なんかも2010年ならまだ通用したでしょうが(実際そういうタイトルの小説も2009年に出版されていますし)、現代なら手垢がつきすぎてB級ホラーのネタにもなりません。

  

以上3点が私に読むのを断念させた理由です。もちろん私自身の中国語能力の低さが誤読を生んでつまらない作品だと思い込んでしまっている可能性もありますが、誤解も何も読み進めることに疲れを覚えた作品なので問題点は話の内容よりもっと皮相にあります。

  

私は全く受け付けなかったものの、SNS豆瓣では非常に高い評価を得ているのでやはり単に私の読まず嫌いである可能性も否定できません。

しかし豆瓣では前回私が酷評した『九度空間』にも同じように高得点が付けられていますので、あまり單純に信じるのもどうかと思います。


 あと、豆瓣のとあるレビューで、推理小説として読むのは止めたほうがいいと書いてあるように、現代中国のアラサー女性を描いた大衆小説だという前提で読んでたら結構すんなり読めていたかもしれません。





PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆