忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

 


 


横溝正史的世界観を中国に移植した中国ミステリで、数学者兼名探偵・陳爝と小説家兼助手の韓晋のシリーズ4作目にあたる。


 





傀儡制作を生業としていた数百人の村人が一夜にして消失し、呪われた村と噂される「傀儡村」にオカルト雑誌編集者の沈琴と一緒に行くことになった韓晋は、現地で大雨に見舞われ、同じく村に来ていた廃墟マニアの連中や大学教授らとともに村に泊まることに。だが村には不吉な詩が書かれた石碑や怪しい雰囲気のお堂があり、いかにも何かが起こりそう。大雨が止まないまま迎えた朝、一行の一人の首無し死体が見つかる。死体周辺のぬかるんだ地面には誰の足跡もなく、死体はまるで空から落ちてきたようだった。そして次は、十メートル以上の高い木のてっぺんに吊られた死体が見つかる。死体はどれも石碑に書かれた詩の内容を模倣しており、大掛かりな仕掛けが施された形跡はない。犯人が見立て殺人をする目的は?犯人の死体処理方法は?名探偵陳爝不在の中、韓晋は事件を解決できるのか。





 


民俗学まで使用して呪われた廃村を舞台にした、日本ミステリの影響の濃さを感じさせる一作。村全体を使ったトリックの発想力には実現可能かどうかなどもう気にならない。もしかしたらバカミスに分類されるかもしれないが、豪腕でねじ伏せるようなトリックは嫌いではない。


本作は200ページ余りだったが、この内容ならもう少しボリュームを増やして、民俗学ネタにもっとページを割いた方がバランスが取れたんじゃないだろうか。それだと価格の問題が発生するのかもしれないが、リアリティは二の次のトリックや村の歴史がメインとなっている本書で、後者のウェイトが少ないとトリックの穴ばかりが目立つので、もっと呪われた村のことを書けば、穴は目立つけどより面白い作品となったのではないだろうか。


 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆