忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      
 
 ここ最近の読書歴を振り返ると出来の悪い長編ばかり掴まされている気がする。駄作だとわかっている作品を一週間近くかけて読破するぐらいならば、様々な作家の作品が読める短篇集を読んだほうがダメージが少なくなくて済むし、得るものは多い。その中に傑作の一篇でもあれば言うことはないのだが、それは高望みというものだろう。

 2359650.jpg
 
 中国の有名なサスペンス作家やミステリ作家の作品で組まれたこの短篇集は全三部のシリーズで構成されており、時間的灰燼というタイトルからもわかるように各作品には『時間』という大きなテーマが扱われている。
 作家のラインナップは豪華なのだが、『時間』というテーマのスケールが強大かつ曖昧であるために、収録作品が互いに個性を消し合っている感が否めなかった。
 
 
 氷山之下 著:庄秦
 
 陳青雲という青年は自分の家族が経営する物流会社の倉庫を全焼させ、自社に莫大な被害を与えた。しかし彼には事件当時の記憶がなく、何故自分が放火したのかさえわかっていなかった。
 保険金目当ての犯行の線を捨てきれない保険会社に調査を依頼された民間調査員(オプみたいなものだろうか)の馮自強はまずは陳が現在入院している精神病院へと向かう。そこは偶然にも一年前に発生した連続猟奇殺人事件から生き残った彼の恋人も入院していた。
 陳の主治医から話を聞くにつれて馮自強は陳が多重人格者ではないかと疑いを強める。しかし調査で明らかになる数々の新事実は陳の犯罪を暴くものではなく、馮自強が過去に自分の恋人すら手にかけた連続猟奇殺人事件の真犯人であるという証拠だった。 
 果たして馮自強も多重人格者で事件の記憶を喪失しているだけなのだろうか。


 
 猴年馬月 著:一枚糖果
 
 中盤まではドロドロのオフィスラブから痴情のもつれによる殺人事件に発展しそうな流れなのに、その後は『鬼吹灯』『盗墓筆記』(どちらも中国では超有名な墓荒し小説)を参考しましたと作中でも明言しているように盗掘小説へと転身する。
 長い年月をかけて復讐計画を立てた男の目的を読者にすら悟らせないようにしたストーリーの運びは見事であり、非常に後味の悪い佳作へと仕上がっている。
 
 ちなみにタイトルの『猴年馬月』とは、いつになるかわからない時、実際には存在しない時を意味する慣用句である。
 
 
 将死 著:成剛
 
 早朝に警察の訪問で起こされた沙博は彼女の蘇暁敏が昨夜死んだことを告げられる。更に驚くべきことに沙博には11日夜から蘇暁敏が死んだ17日夜までの6日間の記憶が全くなかった。
 警察の事情聴取から解放された沙博は翌日、死んだはずの蘇暁敏が部屋にいるのを目にし、自身が13日の過去にタイムスリップしている事実を受け入れることになる。沙博は蘇暁敏殺しを未然に防ごうと犯人を探すが、昔のクラスメイトから蘇暁敏と瓜二つの欧暁蘭の写真を見せられて、彼の記憶はますます混濁していく。そして彼はこの見知らぬクラスメイトから自身が大学在学時の記憶すらなくしていると告げられる。

 過去を変えようとすると手痛いペナルティを食らうのがSF世界の常識だが、ここに人間の命まで関わるととてもじゃないが無事に済みそうにはない。過去に戻った沙博は記憶を戻していく中、自分がとうの昔に『将死』(チェックメイトの意味)していたことを知り、相手がきっと『待った』をしてくれないとわかっていても17日の夜を迎えなければいけないのだ。
 
 

 我在儞的時間里 著:七根胡
  
 怪しげな老婆から渡された貯金箱が実はタイムスリップのアイテムだったというまるで『週刊ストーリーランド』のような展開。しかし行く先々の過去で秦都が見せられる光景はどれもにわかには信じがたい現実離れしたものばかり。さっきまで生きていた彼女の晶晶が次の瞬間白骨死体になったり、数年間も棺桶の中に幽閉された友人の寧峰が口を聞いたり、寧峰に殺されたはずの張嵐が別の過去では自分を殺した寧峰を呪いにかけていたりと悪夢のような場面が続く。

 読者はタイムスリップの耐性を前出の作品でつけているので、こんなとんでもない展開でも受け入れてしまう心の余裕が生まれているのだが、全てが精神障害者の見た夢ともとれるオチが逆に納得できなくなってしまっている。
 
 
 
 童失 著:姻合
 
 少年時代の『私』には小峰という友人がいた。彼は河辺の船上で暮らす集団の子供で、その集団は町の人間から不気味がられていたが『私』たち子供は気にせず彼と遊んでいた。7歳のあるとき、『私』は小峰と一緒に一人の友達を池で溺死させその死体を埋めて隠した。
 子供の失踪に大人たちが騒ぎ出すと『私』たちはその死体の様子を見に行く。しかし大人たちが探している場所にも、『私』たちが死体を埋めたはずの場所にも子供の姿は見当たらなかった。彼の死体は一体どこに消えたのだろうか。
 
 犯罪行為を共有して結びつきが強まるかと薄氷のような友情関係に一変する少年たちの関係に乙一作品のような切なさを感じたかと思えば、2chの『意味がわかると怖いコピペ』のように切羽詰まった末で生まれる家族愛を感じずにはいられなかった。
 
 
 
 収録作品5作中『童失』以外の4作品が記憶喪失を扱っていて、シリーズ1作目にして早くもネタかぶりを見せている。『時間』というテーマは大きく自由に見えて実はかなり限られているようだ。
 ただし個性を相殺しあっているとは言えどの作品も流石プロというべき一定以上のレベルを保っている。既に購入済みの2冊目3冊目を読むのが楽しみである。
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆