忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 LorDoura]
[09/09 阿井]
[09/06 kaka]
[05/24 阿井]
[05/24 あだち]
プロフィール
HN:
栖鄭 椎(すてい しい)
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1983/06/25
職業:
契約社員
趣味:
ビルバク
自己紹介:
 24歳、独身。人形のルリと二人暮し。契約社員で素人作家。どうしてもっと人の心を動かすものを俺は書けないんだろう。いつも悩んでいる……ただの筋少ファン。



副管理人 阿井幸作(あい こうさく)

 28歳、独身。北京に在住している、怪談とラヴクラフトが好きな元留学生・現社会人。中国で面白い小説(特に推理と怪奇)がないかと探しているが難航中。

 Mail: yominuku★gmail.com
     ★を@に変えてください
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
このブログは、友達なんかは作らずに変な本ばかり読んでいた二人による文芸的なブログです。      

プレ七夕はとにかく暑い1日だったと記憶してます。

 

そんな日はみんな外を歩きたくないのか、地下鉄がたいへん混んでいました。いくら東京よりはマシとはいえ北京も首都。乗車率100%を超えているんじゃないかって言う密着ぶりです。

 

そんな地下鉄に欧米人の一団が入ってきました。ドイツ語っぽい言語を話す、おそらく観光客だろうと思われる一同。混雑する車内を見ても物怖じせずズカズカ入ってくる。そしてカメラを手に取り記念撮影よろしく群衆を背景に写真を撮りまくる。

 

いやっほー超混んでるぜー。みたいなことを言ってる様子を見て尚更疲れを増す自分。

 

アンタら元気やね(;´Д`)

 

そんでそろそろ目的駅が近くなり始めると、またザワザワし始めるご一行。

 

どうやら彼らもこの次で下りるご様子。地下鉄のスピードが緩やかに落ちてくると一行のリーダー格が突然大声を上げた。

 

行くぜー!!!

 5ー!!

えっ?(;´Д`)なに?なに??

 

 

 

 

 

イエ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

(゚∀゚)フーーーッッッ

 

イ・・・・・・イエー(;´Д`)

 

 

猛暑でもあんぐらいのテンションがあればしのげるんだなぁ。

 

そのあと中国人の友人と会って用事を済ませて、飯に誘われたので一緒にロバ肉を食べに行くことに。中国には『天上に龍の肉あり、地上にロバの肉あり』なんて言葉があるぐらいロバ肉は絶品と評されているので、よっぽど面白い味だろうと思ってたら、それほどでもなく、そしてゲテモノっぽくもない。なんだかちょっと硬いコリコリした歯応えの牛肉みたいで、味付けはちょっとしょっぱく暑い夏には合った。

 

煮込まれた肉はシシトウと一緒に包丁で叩き切られ、パリパリのパンにホットドッグのように挟む。ロバ肉の脂身は綺麗な黄緑色でちょっと躊躇うかもしれないが、これが龍の肉と比べられる所以なのかとも考えた。

 roba.jpg

これがボクの25歳のバースデーフード。

 


そして七夕当日。またしても地下鉄で、ボクの愛読書『推理歳月681c3400.jpeg今月号を読んでいると隣にいた男が声をかけてきた。

 

「それいつ買ったんだ?」

 

ボクは、ははぁコイツもミステリファンなのかなと勘繰り、ちょっと先輩風を吹かせてやろうと

 

「中国に来てからずっと買ってるぜ」と豪語。するとその男ニコリと笑って

 

「オレ、この『推理』の編集」

 

 

ん?

 

えええええええ(°Д°)

 

そうだ、アンタ見たことあるよ。島田荘司先生インタビューのとき写真に写ってたな!!

 

と、25歳になって地下鉄で大はしゃぎするボク。

 

いやぁ講談社に行ったときは疲れたよ。

島田先生に、中国にはまだ本格ミステリがないと言われて(島田先生インタビュー参照)ちょっとやる気になっちゃってよ、今月号の包公特集(包公とは北宋時代に実在した官僚。現代に至るまで名判官として様々な物語に描かれる中国の遠山の金さん的存在)なんか自分で現地まで行っちゃったよ。

 

 

推理編集者張さんの話に、おそらく講談社の編集者に会う以上に興奮する自分。まだ半信半疑ながら話の中に次々出て来る日本人作家の名前にいよいよ真実味を増し、周りの乗客の不審気な視線も顧みず談笑を続ける。

 

もっと話がしたかったですが、いかんせんここは喫茶店じゃなく地下鉄。もうすぐ駅に着いてしまいます。すると、名残惜しげにしているボクに張さんから今度出版社に遊びに来るよう誘われました。

 

興奮が冷めないまま帰宅しました。まさかこんな偶然があるなんて。

wasia.JPG推理はわしが見つけた

じゃないですけど、中国でようやく見つけたまともな推理雑誌には日本の雑誌以上に思い入れがあります。この雑誌を買ってる日本人は北京で自分一人だけなんじゃないかって自負と孤独もありますし、編集部にファンレターなんかも送ったりしました。掲載作品を自分で勝手に翻訳したこともあります。

 

いつかなんらかの形で中国ミステリ業界に参加してみたかったと思っていましたが、しかしこのような形できっかけが生まれるなんて。

 

後日、いつもファンレターの返信をしてくださる別の推理編集者からメールが来まして、これをご縁に本誌に小説を投稿してみませんかというありがたいお誘いを頂きました。

 

いやしかし、今は日本語の小説も満足に書けていない状況なので、それは丁重にお断りいたします。

 

うーむ、嬉しいことにも責務がつきまとうんだなぁ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
しゃおりん URL
あ!お誕生日だったんですね!プレ七夕が!?

それに、『推理』編集者・張さんとの出会い。
うわっまさにこの世はミステリアス~~~!!!

阿井さん益々のご活躍に期待していますよぉ~~!!!
^^)/
イランカラプテ
「天上にオジロワシの肉あり、海上にトドの肉あり、そして、地上にヒグマの肉あり」バースディフードにどうぞ。

北海道オホーツク海エリアの美幌町はストーブを焚いています。ミステリーではなく現実です。

しゃおりんブログから寄り道しました。
健康留意、がんばれ。
masaokato.jp
無題
阿井 URL
しゃおりんさん

この世は不思議に溢れていますよ。いつか中国の雑誌でデビューしたいですね。
re:イランカラプテ
阿井 URL
美幌音楽人さん、こんにちは。

美幌はもう寒いんですか。釧路は涼しいと言ったところでしょうかね。北京の暑さには参りますけど、いま北海道に帰ったらきっと気候に慣れないんでしょうね。

ご声援ありがとうございます、頑張りますよ。

Copyright: 栖鄭 椎(すてい しい)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆